FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2016年07月31日(日) 記事No.425
ただいま、2年ぶりに、北海道旅行を計画中です。4泊か5泊くらいで。

実は、上の子(しま子)が、前回の北海道旅行中に、初めて
食べた食物へのアレルギーでアナフィラキシーショックを起こし、
大騒ぎしたことがありました。
(過去のブログで書いている洞爺湖での宿泊の後、函館に移動した際の、
 函館の旅館での食事でした・・・
 函館の感想はそんな経緯があったのでブログに書いていません)

ものすごく幸いなことに、旅館から車で五分の距離に小児科のアレルギー
専門医がいる病院があり、平日だったので既に診療時間でした。
(本当にこれがめちゃくちゃ幸運!)
ダッシュで連れて行って直ちに点滴を受けたことで命に影響はなかったの
ですが、これが「最寄りの病院まで〇十分ね」っていうホテルだったとしたら、
または、「土日なので病院があいてない」という日だったとしたら、
命があぶなかったかもしれない?というくらい、ひどい症状でした。

その食物を食べる直前まで、おしゃべりで騒がしかったしま子が、
食べて数分で、突然、みるみるうちに顔から手までぶくぶくに
はれ上がって別人の外見になり、嘔吐を繰り返し、
一切言葉をしゃべらなくなるあの状態・・・
悪夢以外のなにものでもなく、自分の手が冷たくなってこわばり、
自分の周りの雑音がサっーっと消えたように感じたのを覚えています。

その後、看護師に点滴をするために押さえつけら、点滴の太い針を
刺されているのに、ぐったりしたまま「いたい」とすら言わないしま子を
見た時のショック。

この事件が私にとっては大きな出来事で、それ以来なんとなく
北海道に足が向かず。
(ちなみに、夫にとっては「うーん大変だった。でも結果はオッケーだったし」
 とかそういう感想らしい。
 ポジティブであることはいいことですが温度差が・・・)

正確には、二人目の子(しま太郎?)妊娠中にトマムに行こうとしたの
ですが、ぎりぎりになって、「あの時のように、何の問題もないと思っていても、
何かの理由の体調の変化で1分を争う、という事態になったときに、
病院まで〇十分って立地でどう対処できるか・・・」っていう不安が
払しょくできず、行かずじまいでした。

しかし、しま子ももう来年は小学校なので、平日に長い旅行に行くことは
今後できなくなるし・・・ということで、今回久しぶりに北海道に行こうと
思っているところです。
アレルギーは治っていませんが、きっちり食べものを管理して、
楽しい思い出で上書きしたいと思います!





スポンサーサイト
温泉旅行計画 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2017年04月02日(日) 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。