FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年11月21日(月) 記事No.391
2011年4月に宿泊しました。

夫側両親との旅行で、都内からさくっといける千葉で
1泊しましょうか、ということで探した宿です。
うちのしま子にとってはこれが温泉旅行デビューですね。

希望するお宿の条件は
・千葉県内
・高級めの旅館。
・離れ形式、または隣との音を気にしないですむ部屋
 (赤ちゃん連れなので夜泣きとかうるさいだろうし)
・ワンルームタイプではなく、2部屋以上に分かれている
 (しま子が寝室で寝た後、TVを見たりできるように)
・客室に露天+シャワー設備がある
 (これも赤ちゃん連れなので。しま子が大浴場に行かずにすむように
  ただし、完全露天だと寒いかもなので、半露天がベスト)
・ツインベッドの場合、ベッドを2つくっつけることができる
 (この時はまだしま子は寝返りしない月齢だったのでベッドOK。
  今はもう落ちるのでベッドは無理だ・・・)
・室内にソファ、または椅子がある
 (しま子を抱っこや授乳するときにソファだと楽なので)
・食事は部屋食、または個室食事会場(で、座敷席)
 
普段なら、是非一度行ってみたい宿が色々あり、
どこにしようかな~?と悩むのが楽しいくらいなんですが
(とはいえ、赤ちゃん連れだといけない宿も多いけど)
行き先が千葉となると、もう、自分の中に情報が無いんですよね。

千葉で両親を招待したいような高級旅館高級旅館って
いったいどこだ~!と、旅館探しはかなり難航しました。

この旅館探しをしている時は、しま子の出産直後(実家里帰り中)
だったので、自宅においてある温泉情報本もなく、
情報収集はひたすらネットでした。

夜中の2時間おきの授乳で寝不足の中、生まれたてホヤホヤの
しま子を抱きながら、深夜に暗い室内でせっせとパソコンをいじり、
「候補がないよ~」と、ため息をついていた記憶があります。
※しま子が、抱っこされてれば寝るのにベッドに置くと泣くので、
 夜中に寝たしま子を抱きながらネットしてた・・・ 
 懐かしいっす。

特に、「ソファか椅子がある」っていう条件が結構難しいよな~
という感じでしたねえ。
最近ソファがある宿も増えていますが、昔ながらの旅館では
室内にソファはあんまり見ないですよね。

まあ、そんな精神的にぎりぎりな状況で宿探しをしていたんで、
この頃の夫からの
「家にいてヒマなんでしょ~?まだ決まらないの?」だの
「俺は毎日暇だから10時に寝てる☆起床は8時だから僕チン
 すごい健康になっちゃうミャハ☆」だの
「仕事中も暇だから某掲示板三昧なんだよミャハハハ☆」だのという
能天気?アホ?なメールを思い出すと、

旅館探しなんてそもそもこやつにやらせたら良かったんだ
あああ次回はそうしようそうしようっていうかそれより
いますぐ新幹線乗って東京にぶち切れにいきたいけど
今のしま子を抱っこして新幹線乗るの結構大変だし無理だな
つーか生霊だけ東京に飛ばして殴れないかな?!
成功したら目に物見せてくれるわコノヤローー!!


・・・等と夫に静かに切れていたことを思い出してしまい、
少なくとも5分程度は思い出し怒りに精を出さねばならないので
大変なのです。

とはいえ、私がそういう風に切れていたことを夫には何ら
言っていないので、怒っていたという事実を知らないようですし、
私が生霊を飛ばす練習をしていたことについても全く気付いて
いないようなんですがね。

さて、そんなこんなで探し出したのが、緑水亭さん。

HPを見たら・・・ほうほう、本館はなんか普通の旅館?ぽいけど、
「別邸つきの里」は6棟全部が離れ、どの部屋も60平米はあって
広々空間、ソファや椅子があるのでしま子を抱っこするにもラク!

食事は食事会場と決まっていてお部屋食にはできないけど、
「赤ちゃん連れなら座敷の席にしてくれる」というネット情報もあるし、
これなら大丈夫そうだわ~~!!と空き状況を問い合わせたところ
「全室空いているので、どのお部屋でも大丈夫です」とのこと。

ン~・・・全室空いてるって言うのも結構微妙?というか妙に
不安になるものですが、なかなか条件を満たすとこもないので
もーいいか!と決定。
お部屋は、それぞれメゾネットだったり平屋だったりと
間取りが違うので、結構悩みながら2部屋予約しました。

その後は「どんな宿かな~?」と素直に楽しみだったのですが、
しばらくして2011年3月11日の地震が発生。
余震も怖いし、そして何より育児や食事についてとにかく
考えること(というか悩むこと、というか)も多く・・・
も~~~毎日毎日頭の中はぐるぐるでした。

正直なところ、「もー4月は旅行どころじゃないよ!!」という
気持ちでいたんですが、やはり夫側両親との旅行だし、
楽しみにしてくれているのに明確な理由も無くして
キャンセルはできない、と思い、エイヤッと行った、という感じ。
夫婦だけの旅行なら、確実にキャンセルしてただろうなあ。

到着してすぐは、中庭の池がよく見える休憩どころに通されました。
ここでは、生ビールとソフトドリンク(2~3種程度)が
飲み放題だそうで(確か、夕食まで、だったかな?)
ビールが好きな方には太っ腹で嬉しいサービスでしょうね~~。
私はビールが元々苦手&授乳で禁酒中なので、恩恵にあずかれず残念。
休憩所
休憩所2

その後、お部屋へ。
私たちが泊まったのは「笹の音」という部屋。
70平米で1階のみのお部屋です。

入ってすぐは水屋です。
ミニキッチンくらいに広くて使いやすかったです。
水屋1
ミネラルウオーター1.5リットルがサービスでした。
放射能問題で水に敏感な時期ですし、地味に嬉しかった。
そして美顔器があってびっくり~
水屋2

リビングです。
窓の景色は「ほぼ壁」、て感じなのですが、
ゆったりソファに座ってくつろげて良かったです。
左側はマッサージ機。
リビング

リビングの横にある和室(6畳)。
しま子のために到着したときには既に赤ちゃん用のお布団を
セットして下さっていて、嬉しかったです。
和室
しま子が寝返りする前だったので夜はベッドで一緒に寝ましたが、
今だったらこの和室に布団で寝るだろうな~。

ベッドルームです。
ベッドルーム
ベッドは軽々動かせるので、二つくっつけてしまい、
しま子をはさみ川の字で寝ました。

このベッドルームは少し難ありかな・・・。
いざ寝ようとしてみたら、寝るときにつけるような
ちょうど良い暗めのライトが無かったのです。
就寝時用だな、と思われるライトはありますが、実際つけてみたら
「いや、これは明るすぎでしょ?」という明るさ。
困ったな~~、と、夫と一緒に室内のどこかに就寝時のライトがないか
探したけど、結局なし。

庭に外灯があるので、窓のカーテンを少しあけておくと
庭から光が入るんですけど、私は怖がりなので外が見えるのは
なんかイヤだし。
かといって、電気を全部消すと一緒に寝ているしま子の様子が
わからないので困るし・・・
寝るような時間にスタッフさんをこんな質問で呼ぶのは気がひけるし。

明るさを手動で絞れるようなライトを寝室に設置してあるところも
多いというのに、こんな新しいお部屋で、この寝づらい仕様は
ありえないわ~~。という感じでした。

結局この日は、ベッドルームの電気はすべて消し、
リビングの電気をつけっぱなしにして、リビング側のドアを
ほんの少~しだけ開けて就寝しました。

お部屋のお風呂の洗い場。
洗い場が狭いながらも独立していて、寒さをさほど気にしないで
すむので良かったです。
シャワー

部屋つき露天風呂。
露天1
露天2
しま子にとっては初の温泉です。
温泉の香りがほんのりするかな?というお湯でしたが、
温泉分析書では「無色透明無味無臭」とありました。
まあお湯目当てで来るところじゃないかな・・・

景色は全く無く、しっかり屋根も壁もあるお風呂なので、
露天に入りにきた~!っていうお風呂ではありません。
(というか、これは、半露天って表現した方がいいような?)

今回は乳児連れなので、湯船でゆっくり飲酒(出産前の私の趣味)
できるわけでもなし、何回も入浴できるわけでもなしという状況
なので、十分だったな、という感じ。
(行く前にHPで写真を見ていたので、開放感は全く
 期待していなかったというのもあります)

洗面所。
洗面所1
アメニティは色々用意されていました。
『■すべてのアメニティーが揃っておりますので、何も持たずに
お越しいただけます』とまでHPに書かれているだけあって、
種類は豊富。
洗面所2
バスタオルは2枚でした。
大浴場には使い放題で置いてあるので、そちらにしま子の分を
もらいにいったような。

室内は真新しいし、ひろびろと使いやすかったです。
ベッドルームに就寝時適切なライトが無い、という点以外は満足でした。

低月齢の子連れなこともあり、食事以外はずっと室内で過ごしたので、
こういう広めのお部屋にしたのは正解だったな~、と思います。
お風呂に1回だけ行き、その後はしま子とずっと室内にいたんですよね。
館内散策とか全くしておらず、写真が無いのが残念です。

実は、このころは両手がひどい腱鞘炎でして・・・
少し重いものを持ったり、物を押すような動作をすると、
手がめちゃくちゃズキズキ痛かったんです。
しま子を抱っこするのがきつくて痛くて、抱っこで館内散歩、
どころじゃなかったんですよね・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

コンタクトレンズの保存液を出すためにボトルを
「チュッ」と押す動作ですら「ぎゃー!」って声がでるくらい
めちゃくちゃ痛くって、旅館でうっかりボトルを押しちゃって
悶絶しましたww

今では完治したので良い思い出(?)ですが、この旅館のことを
思い出すたび、コンタクトの保存液の痛みwwと、
上でつらつら書いた暇な夫への怒りがよみがえります。
スポンサーサイト
緑水亭別邸つきの里(南房総・鴨川) |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2011年11月23日(水) おもしろすぎですって!
しまさん、こちらでは久しぶりにこんにちは~

つーか宿の紹介より、旦那さまのハナシにオオウケなんだけど(爆)
>私が生霊を飛ばす練習をしていたことについても・・・
ここ、ここ!
私は一番笑えたのはここだけど、他の人はどうだろうか(笑)

しかしよくここまでの条件を満たす宿があったものだ、と感心しています。
千葉にこんな素敵な宿があるなんて、
最近の宿情報にめっきり疎くなった私はまったく知らなかったですよ。

しま子ちゃんは温泉に入ってどうだった?
今月は誕生月だからもう1歳になったわよね、おめでとう♡♡♡

続きも楽しみにしていますね~!
できたら旦那さまを登場させてくださいな!!(写真じゃなくてコメントね)

ps.わ~ん、ポルポさんみたいに絵文字を入れたくて編集しようとしたら、
  できないんだ。。。仕方なく♡にしました♪
みく |   | コメントを編集 | 
2011年11月23日(水) ホント面白すぎです!!
しまさんこんばんは~、ご無沙汰しておりました。
ここ半年程ネット生活を放置していたのですが、図々しくも最近また復帰することにしました^^
そんなことはさておき、最近千葉方面に行くことが多いので、千葉の温泉宿の情報を集めているのですが…千葉って意外と情報少ないですよね。なので、しまさんの千葉の宿情報は嬉しいです♪

…って思いながら拝見したのですが、みくさん同様だんな様のお話の部分に大笑い(^艸^)
(みくさん、私も生霊を飛ばす練習のトコでオオウケです!)
しまさんの表現って本当に面白いですよね~、文才があるとはこういう方の事だなぁと思います^^
そうそう、先日みくさん達とお会いしたときも、しまさんの記事がとっても楽しいってお話をさせていただきました^^(柔道着ネタで盛り上がりました^^)
普通宿のダメな部分の記事って、なんとなーくグチみたいでマイナスなイメージになっちゃいますが、しまさんの場合笑いを織り交ぜながら書かれるから全く不快に感じないんですよね~、逆に大笑いしちゃったり。
と、記事と話題が大きく逸れてしまってスミマセン。

追い討ちをかけて記事と関係ない話ですが(笑)、私の持ってるデジイチ、SONYのNEXってやつなんですけど、普通のデジイチに比べてコンパクトで軽いんですよ~、でもコンデジと比べるととっても綺麗に撮れるし、しま子ちゃん撮るにもオススメです^^最近はこのタイプのカメラ、SONY以外でも出してるので、選択肢も色々ありますヨ♪

あ、しま子ちゃん今月お誕生日なのですね♪おめでとうございますv-274

と、完全に話題がブレブレですが、またお邪魔させていただきますね^^
ポルポ |   | コメントを編集 | 
2011年11月26日(土) きゅう
しまさん お久しぶりです。

体育館のマット・・・柔道着・・・ときて、生霊飛ばし・・・(笑)
ブログをされている方々の文章力は本当に素晴らしいと思いますが、その中でもしまさんの文章は素直に笑わせてもらえて読んでいてものすごく楽しいです。

もう2か月前の話になりますが、「晴海」に行ってきました。
タイルでしたね~。
新しく出来た1階のバーで、「なぜタイルなのか?」の答えを聞くことが出来たんですが、答えは「オーナーさんがリゾート感を出したかった為」との事でした。
ほかにも、バーのマスターさんやその他のスタッフさんに色々お話を聞いたのですが、どんどん飲んでいるうちにどんどんあやふやになり、忘れてしまいました・・・

お部屋の露天風呂は思っていたより広さを感じることが出来なかったり、「えいたろう」では配膳している女性スタッフさんの「このアルコールはもう伝票につけた!?」とかの話し声が聞こえてきたり、子供が「お刺身の醤油が甘い」って言うけど食べれないことはないからそのまま食べさせて、食べ終えた後にお品書きに「かつお醤油も用意できます」の小さい文字を見つけたり・・・(よく見なかった私たちも悪いけど、最初に言ってくれるか、2種類用意してくれればいいのに・・・)
っていう些細な残念がありましたが、またこの旅館に来たいと思うんです。
なぜかというと、チェックアウトの時にお世話してくださった男性スタッフさんの対応が良かったからです。(お名前忘れてしまいました)
前回の宿泊時も最後に部屋風呂の感想を聞かれ、少しお話して見送っていただいたんですが、3年たっても覚えている位好印象でした。
あとバーのスタッフさんも好きです。
私は、自分が構われ好きなのをこの宿で再確認してしまいました^^;

しま子ちゃん 1歳!!
これから言葉もわかってきて、ますますかわいく楽しくなりますね~(*^_^*)

また楽しいレポート待ってま~す



さすがです |   | コメントを編集 | 
2011年11月30日(水) こんにちは~
みくさんコメントありがとうございます!

確かに、この宿にはいじるべき害はなかったかな・・・笑

生霊飛ばしにチャレンジの話、笑っていただけたようで何よりです。
今でもしばしば「しま子が夫を攻撃してくれたら(足にかぶりつくとか)
スッキリするのにな~」などと思いながら
「しま子~お父さんと遊んでおいでね~」と娘を夫のところに送り出す、
意地悪妻です。(これは時々成功します)

千葉のお宿は探しにくいんですよね~
ほんと、めちゃくちゃ難しかったです。
室内に2部屋ないといけない、という条件も、なかなか
これがまた無いんで苦しみました~
10畳一部屋に広縁、みたいなお部屋も多いですもんね。
最終的にいくつか候補はあったので、また近場で・・・っていうときに
行ってみようかと思います。

千葉なら真冬でも山を避ければ普通タイヤで行けそうだし。


>しま子ちゃんは温泉に入ってどうだった?
>今月は誕生月だからもう1歳になったわよね、おめでとう♡♡♡

ありがとうございます!!
ちょうど一歳で知恵も自我もつき、悪いことしまくりな毎日です。
しま子は、知らないお風呂は好きじゃないみたいで、
お風呂に行った瞬間は泣いてたんですが、温泉につかったときは
喜んでたのでほっとしました♪

旦那は、この後も愚痴エピソードで登場するかも(笑)
しま |   | コメントを編集 | 
2011年11月30日(水) デジイチほしい~
ポルポさんこんにちは!
ご無沙汰してます~

私もネットを放置することしばしばで後から反省・・・
なんですが、ポルポさんには時々放置してでもいいので
HPとブログは続けていただけると1読者としてすごくうれしいです!!
綺麗な写真もほのぼの楽しい文章もいつも楽しんでますよ~

千葉方面によく行かれるなら、これからポルポさんの旅行記のおっかけも
できちゃいますね!
千葉は不思議とあんまり情報無いのですよね。ぜひUPしてください!

柔道着ネタ・・・ww
みなさんに喜んでいただけたなら、封印せずUPして良かったです。
ほんと、あれは我が家の黒い記憶なので(笑)

ポルポさんのデジイチはNEXですか。
やはりデジイチ綺麗ですよね・・・
いや、ポルポさんの撮り方も上手なのが大きいんでしょうけど。
やっぱりこの冬デジイチデビューしちゃおうかな!?
クリスマス商戦に乗っかる感じで見に行こうかしら。

>あ、しま子ちゃん今月お誕生日なのですね♪おめでとうございます
ありがとうございます~~!!
しま子がいると行けない旅館も多くてため息つく場面もありますが
子連れで行ける素敵な宿探しがんばりまーす!
しま |   | コメントを編集 | 
2011年11月30日(水) ありがとうございますw
きゅうさん、お久しぶりです!
良い旅行だったようで何よりです~
バーで楽しんだだなんて、うらやましい!!
私もバーのある旅館に泊まって、しま子が寝たあと(夫にしま子の
見張り・・・もといしま子を見守る係をしてもらって)
カクテルを飲んだりなどしたいものです。
こんなつたないブログですが、楽しいと言っていただけると
すごくはげみになります!ありがとうございます~

晴海はやはりタイルですか~
リゾート感かあ・・・うーんなんとなく分かるかな・・・
まあ確かに外国のリゾートだと床が石だったりしますもんね。

お部屋の露天風呂は確かに狭いですよね~。
「えっこんだけ?」って感じですよね。笑
部屋が超ゆったりしてるので余計にそう思うんですよね。

配膳スタッフさんの件は残念でしたね・・・
大規模旅館だと教育をいきとどかせるのが難しいのかな。

そういえば、私も晴海でチェックアウトの際に写真を撮ってくれた
若い男性スタッフの方をよく覚えてます。
ニコニコした笑顔も良かったんですが、初めてのカメラなのに
設定を華麗に操ってそれはもう素晴らしく綺麗な写真を撮って
くれたんですよね・・・写真を見るとしみじみ
「あの人すごかったな~~」って思いだします。

今後もスローペースではありますが旅行に行って感想など
UPしますので、また遊びに来てくださると嬉しいです。
しま |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。