FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年06月14日(火) 記事No.380
夕食は和食かフレンチで選べたので、フレンチに
しました。

レストランの雰囲気はこんな感じ。
朝撮影したもので、夕食のときはかなり薄暗く
落ち着いた雰囲気でした。
レストラン

19時頃、予約時間になったのでレストランにいったところ、
続々と(かつ、なんだか急いで?)席を立つ他の皆様。
二部制というわけでもないのに、なぜこんなに一斉に
席を立つのかな~と思ったら、この日は野尻湖の花火の日で、
打上予定時刻が19:30からだったんですよね。
ホテルから花火が見える場所まではバスが出ていたとか。
そういう楽しみもいいですね~
(ちなみに、花火が見えるお部屋もあるそうですが、
 露天のないタイプのお部屋だそうでした)
 
夕食にいただいたのはこちらのコース。
よく見たら9000円って書いてありますね。
メニュー

アミューズ。トマトのジュレとホタテだったかな?
料理1

アボカドとマグロ
料理2

ヴィシソワーズ
料理3

子牛のカツレツ
美味しいんだけど、かなり塩気が薄かった記憶が。
料理4

料理5

夏みかんのパイ
さっぱりしていて美味しかった~
しかし、アイスとか添えてあったらなお良かった
かもしれない。
料理6

なんというか、昔ながらのフランス料理やさんに
来たような印象のお料理、とでも言うのかな~
給仕が年配の男性だったというのも、そんな
雰囲気をかもしだしていたのかも。

きちんと作られているし、美味しいと思います。
が、食事目当てで訪問することはないかな、と。
9000円と単独の値段で考えると、少し高いなあ。とも思うw

また、私と友人は、「塩気をもう少しプラスした方が
美味しいのではないか」と感じました。
朝食の卵料理もかなりお塩控えめに感じましたので、
そういうお料理なんでしょうけどね。

給仕は、少しゆっくりめだったかな。

ワインリストにハーフが多かったのは好印象です。
1本飲みきるのはすこし無理かも、というときに
気兼ねなくワインをあけられのは良いですよね。
(禁酒中の私はノンアルコールビールでしたが)

昼間感動した素敵なテラスの奥にはバーがあるそうですが、
この日は禁酒中だったのもあり、お部屋に帰って
部屋付露天に入り、そのまま就寝しました。

翌朝の朝食。同じレストランでとりました。

ヘルシーブレックファストか、アメリカンブレックファスト
で選べます。私はアメリカンを選択。
メニュー

パンは給仕の方が持ってきてくださるバスケットから
好きなものを選べます。勿論おかわりも。
料理1

オムレツとベーコン。
ベーコンで隠れていますが、オムレツは大きく、
ふわふわで美味でした。
料理2

料理3

オレンジジュースとコーヒーもいただきました。

以上、1名40000円ちょい(土曜宿泊)。

良かった事は
・客室の設備は文句なく良し。クラランスの化粧品も気が利いているし、
 ソファのすわり心地、ベッドの寝心地も良かったです。
・客室露天のかけ流しの温泉、素晴らしい♪
 湯の花が舞う客室露天ってけっこう珍しいのでは。
・客室で受けるタイマッサージ、最高に上手でした。都内にあれば
 通うのに、心底惜しい、と思います。
・真夏でも風が涼しく、避暑気分を味わえました。
・駅からの往復送迎バスが便利。

残念だった事は
・お料理は美食めあてにいくとがっかりするかも・・・?
 美味しくないわけじゃないのですが。
・館内は浴衣で歩くのは禁止で、浴衣の上に簡易式の着物を
 着れば大丈夫、ということなのですが、
 この上下が分かれた簡易式着物、夏はちょっとめんどくさいかも。
 (いや、私が元々面倒くさがりなんですけどね)

湯浴みを楽しみつつゆったりくつろげた良い旅行で、
絶対にまたいつか来たい、と思えるホテルでした。
冬に訪れたら、全く見える景色が違うはずなので、
次回はできたら冬に来たいかなあ。秋でもいいかな。

今まで旅館ばかり気にしていて、ホテルはノーマーク?
なのですが、こういうホテルが実は色々あるなら、
もっと探してみなければ!と思いました。笑

いずれにせよ、次回はお酒が飲めるときに宿泊して、
素敵な景色をながめつつシャンパンを楽しんだりなど
したいものです。

2010.7月宿泊。
 


スポンサーサイト
赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。