FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年12月13日(日) 記事No.370
2009年7月、真夏の台北に再訪してきました。

台北に遊びに行くのはこれが4回目。
なので、台南あたりにしてもよかったのですが、
台北にいる友人に会いたいし・・・というのもあって、
再度台北に3泊4日旅行に出ることにしました。

ちなみに同行者は姉。
夫は「成田行きたくない」と言うのでしょうがないですね~。
ま、夫は街歩きもマッサージも嫌いなので、台北に
一緒に行くのには向かないから、正直丁度いいw

予約したホテルは中山地区にある「台北晶華酒店」。
ここはとにかく立地が良いのと、お部屋が広めで綺麗、
地下にDFがあるので便利、というような理由で決めました。

ANAで行ったので、エコノミーでもスパークリング
ワインが飲めてよかったです。
しょうもないけど結構重要な要素ですね。
台北の空港からホテルまでは、事前に友人が予約して
置いてくれたタクシーですんなり行けました♪

30分くらいで、台北晶華酒店に到着~
ホテル外観

シックで素敵なロビーでした。
ドアマンの型が白人のもっっのすごい美形だったのに
驚き、凝視してしまいましたが・・・
もうね、ドラマ「プリズンブレイク」の主人公そっくり!!
スゴイ!!って感じでした。
ちなみにこのプリズンブレイクの彼がいないときは
また別の白人男性(やっぱり美形)がドアマン。
いや~どうやって採用してるんだろうねえ。と、
姉としばし話し合ってしまいました。
ロビー

ツインのお部屋です。階数は忘れてしまいました・・
ビジネス街にあるので、景色はあまり良くないです。
室内1
室内2

デスクでは勿論LANが使えます(有料だったけど)。
横には一段低い台があって、大きなスーツケースを2個
並べて置いておけて便利でした。
室内3

洗面所とトイレ。ダブルシンクではありませんが
広々としていて使いやすかったです。
ただ、トイレに独立したドアがないのは個人的には
ちょっとどうかな~?と。
洗面所

シャワーブースは独立タイプ。横にバスローブもありました。
シャワーブース

湯船はこんなかんじ。毎日バスソルトが補充されています。
浴槽
このお風呂がですね・・・入ってみると、ものすご~く快適で、
いつまでも入っていたいと思うような湯船なんです!
なんでだろう~。深さと、形がちょうど体にフィットする
ように作られているのと、浴室内に空気がこもらなくって
心地良いからかな?
が、毎日夜中まで遊んでいたので、お風呂につかる時間は
せいぜい20分とかでしたが・・・
浴槽2
アメニティは、櫛やヘアゴム等普通な感じ。
アメニティ
冷蔵庫。ペリエがあるのがナイス。
冷蔵庫
マグカップが台湾らしいですね。
お茶

室内はとても過ごしやすかったです。
特に湯船が快適で、大満足でした。
次もここに泊まろう!と思えるホテルでしたね。

最終日だけ、1階のレストランでビュッフェ式の朝食を
いただきました。
朝食1

朝食2

朝食3
うーん、朝から重いww
朝食4

フルーツが予想外にしょぼくて、
マンゴーが無かったのがすごく残念~~
マンゴーの時期だから行ったのにな。
朝食5

朝食6
和・洋・中華混在な感じ。
他にもパンやら中華麺やらたくさんの料理がありました。
朝食7

卵はシェフが好きなスタイルで作ってくれるので
オムレツを頼んだのですが・・・
バターじゃなくって、なんか油で作ってるのを見た瞬間
一抹の不安を感じてしまいました。
うむ、案の定、味がなくってまずかったOTL
朝食8

コーヒーは一杯落としのタイプで美味しかったです。

ただ、料理は・・・全体に微妙なものが多かったかなあ、と。
見た目綺麗なんだけど・・・みたいな。
オムレツが完食できないくらいまずかったのも
結構大きいですね。

不思議だったのは、例のプリズンブレイクのドアマンが
誰かのために料理をとっていたことww
(明らかに自分のためではなく、顧客のためにサービス
していました)
VIP客向けのサービスなのかな?
スポンサーサイト
台北晶華酒店(台湾) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。