--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年11月15日(日) 記事No.358
新潟県の鷹ノ巣温泉「喜久屋」さんに行って来ました。

新潟といえば、緑色のお湯の月岡温泉もいいなあと
迷ったのですが、今回の旅行は、小規模旅館で
静かに過ごしたい気分。

しかし月岡温泉には私達が希望しているような
こじんまりした規模の旅館はないようだったので、
落ち着いた全室離れの作りの宿だという、
鷹ノ巣温泉「喜久屋」さんに決めました。
部屋は「和楽荘」といって、お風呂が三つあるお部屋が
空いていたので、そこにすることに。

新潟駅から喜久屋さんまでは、車で丁度1時間でした。
宿のHPでは新潟駅から車で90分、とあるのですが
大分早く着きました。
ゆっくり目にドライブしたのですが・・・

このつり橋をわたると、鷹ノ巣温泉です。
紅葉には少しだけ早かったですね~残念!!
つり橋
つり橋からの風景も素敵です。
川

つり橋を降りてすぐ「鷹の巣館」さんという旅館があり、
その横を奥にてくてく歩いていくと、喜久屋さんがあります。
この「鷹の巣館」さんではお茶とデザートもいただけるようで
寄ってみればよかったかな~。
道路
「鷹の巣館」さんには、川沿いにあるオープンエアの
デッキにソファを置いているお部屋があり、
こんな部屋に泊まって浴衣でソファに座って川を眺めたら、
優雅な時間がすごせそうだなーと思いました。
いつか行ってみたいな。

チェックイン時間(14時)より大分早めに着きましたが、
お部屋はまだ用意が出来ていないので
しばらく時間をつぶしてきてほしいとのこと。
(ロビーの椅子にかけて待っていてもよかったのですが、
どこかに行って欲しそうな雰囲気でした。
フロントの奥から「えーまだ用意出来てないよお」
みたいな声がもれ聞こえてきたのもご愛嬌ww
家族経営なのかなあ)

とはいえ、チェックインまではほんの40分程度。
車に戻ってどこかに行くにも少々面倒だったので、
歩いてすぐのキャンプ場に散歩してみました。
どんぐりが沢山で、秋を感じました。
空気が良いっていいですね~

そうしているうちに、14時になったのでチェックイン。

こちらが私達が泊まった「和楽荘」入口。
入口

玄関。
広々一軒屋タイプです。
玄関
トイレは玄関横。もちろんウオッシュレット。
広めで使いやすかったです。
トイレ

玄関を入ってすぐは、食事用のテーブルのある和室。
HPではダイニングと紹介されています。
和室5

和室1

ここにお茶セットもあります。
和室2
ドリップのコーヒーや、紅茶、ハーブティーがあり、
ホットの飲み物には困りませんでした。
急須とお茶器のセットが3つもあり、便利♪
ほうじ茶と緑茶両方あるのもいいですね。
あと細かいけど、ポットのお湯を使ってしまった後の
追加分のお水も置いてあるのもいい。
(夕食後は、別途氷水が魔法瓶でいただけます)
和室3
灰皿がすごく沢山あるのは謎でしたけどね・・・
ヘビースモーカーだとしてもこんなには要らないw
ってくらいありました。

夕食用テーブルはとても大きく、隣に薄型TVも
あるので、便利でした~
座布団ではなく、ちょっと椅子に座りたいときが
あったりするので、やっぱり椅子のスペースが
あるといいですね。
和室4

次は主室、和室10畳。
夜はこちらにおふとんを敷いて就寝です。
和室6
こちらにもTVがあります。
和室7

和室の奥には、こんなアジアンチックなスペースが。
ううむ、どっかで見たようなこのチェアが・・・
そうだ。新潟の「福泉」であったんだ。
(箱根吟遊にもあったようにも思うけど)
なんか、このスペースはやたらと松●氏仕立てな
雰囲気なような・・・
リビング
リビング2
リビング3

鏡台

窓の外はこんな感じ。
目の前には川と木々が広がり、気持ちが良い空間です。
川の向こう側に道路が見えるので、完全に世界と
隔離されているわけではありませんが、
やっぱり水面が見えるお部屋っていいですね。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
テラス

露天風呂はこんな感じ。源泉です。
(温度が熱めなときは水をたします)
無色無臭って聞いていましたので、あんまり
温泉らしさは求めちゃいけないかな?って
思っていたのですが、良い意味で裏切られました。
柔らかい硫黄の香りがする、お肌がすべすべになる
素敵なお湯でした!!
温泉目隠しにすだれがかかっています。
露天1
2名でゆったり入れる大きさです。
露天2
左手もすだれ。風が通り気持ちいい露天です。
露天3
川に向かって露天風呂があるのですが、
向い側が道路になっていて、一応車が通って
行くのが見えるので、すだれがいるんでしょうね~
(急なカーブになっているので運転主さんがこっちを
凝視することは出来ないと思いますが)

ちなみに、ここには濡れても良い畳で出来た
お座布団が2つ置いてあり、座布団に座って
露天に足をつけ、露天を足湯としても利用できるように
なっていました。
うん、綺麗な水面と木々を見ながらの足湯は
開放感があってよかったです♪
ただ、真夏はこの露天は虫が多いかもしれませんね~~
夜になると、虫が集まってきていたので・・・

この露天風呂用の脱衣所。
タオルかけと洗面台があるので使い勝手が良かったです。
脱衣所

松●氏の手がけるお風呂といえば、例の
「オシリにアトがつく石造り」になると思うのですが、
ここでは、川沿いの露天も、他のお風呂も、この
石造りのお風呂ではありませんでした。なぜだろう?
宿側が拒否ったのかな?
ま、あの石造りのお風呂、利用者の居心地無視な
構造だと思っていますので、丁度良かったです。

さて・・・この「和楽荘」のすごいところは、
部屋に3つもお風呂があること。
つまり、この部屋にはさらに内湯1つと露天1つが
あります♪いや~贅沢~~。
もちろん、残り2つのお風呂も源泉です!

こちらが洗面所(兼・脱衣所)。広々。
洗面所
バスローブも置いてあります。バスローブがあると快適♪
(それにしてもピンク色って珍しいけど・・・)
脱衣籠も2つあり、タオルかけもあって使いやすかったです。
タオルは1人2枚。
洗面所2

こちらが源泉100%の内湯。
もったいないくらいずっと温泉が出続けているのですが、
このお湯が熱い!
水でうすめることはできるのですが、水を少量出して
おくのを忘れて、この内湯にウッカリ足をつけよう
ものなら、「うぎゃ!」て声が出る位 OTL
内風呂1

ここには洗い場があります。
ただ、湯船に背中を向ける感じになってしまい、しかも
あまりスペースがないので、気をつけないと、シャワー
の水が体にはねかえって、湯船に入ってしまう構造。
注意が必要です。
内湯2

そしてこの内風呂のサッシの外は、露天風呂!
内湯
露天

周りを壁と塀に囲まれているので景色は
植木と空だけですが、源泉の柔らかい硫黄の香り、
丁度良い温度・・・十分癒されました。
(この露天の温度が一番良かったんですよね。)

大きな露天風呂もいいのですが、他の方がいると
どうしてもそれなりに気をつかってしまうし、
出来ないこともあるんですよね。
(お水を持って入るとか、本を持って入るとかww)

誰にも気を使わず、お水を飲んだりしながら
ボーっと露天に入るというのはやめられませんね。

室内で驚いたのはアメニティです。
アメニティ
基礎化粧は普通でしたが(業務用の大瓶が
あるだけ)、それ以外の充実振りが意外!
和柄の可愛い飾りのついたヘアゴム、
お風呂用っていうにはかわいすぎる~
(よくアメニティに入っている、蛍光色のお風呂用の
太目のゴムじゃないのです。)
アメニティ
うーん、この立地の宿でこのそろえ方・・・予想外。
やるなあwwwって感じ。

浴衣。確か1人2枚ありました。
浴衣

室内・・・大満足です!

源泉のお風呂が3つというのはいいですねー
飽きたら違うのに入って・・・を繰り返しできるし、
友人同士の旅行でも気兼ねなく入浴できますし。

特にバーやパブリックはなく、完全に離れのお部屋だけの
滞在になるため、お酒は室内で楽しむことになります。
日本酒は、なかなか種類があったと思います。
ワインと焼酎もありましたね。
ワインにはそれ程強い興味がないようで、
こだわってセレクトしたっていうよりは、近所の
酒屋さんでリーズナブルに購入できるワインで
色んな味の傾向のものを置いている、ってイメージ。
(まー飲めないような立派な値段のワインだけを
そろえられるよりいいですww私のような庶民には。)

白or赤だけだったのが残念。
風呂あがりに辛口の泡があるといいんだけどな~。

ちなみに、歩いていける範囲にはコンビニとかはないので、
途中で買いものに行くことはできません。
好みのお菓子や飲み物等あれば買ってきた方がよいですね。
(つり橋のところに自販機はあるけど、浴衣でいけるような
場所でもないと思いますので)

その分静かで、落ち着いてすごせる環境でした。
スポンサーサイト
喜久屋(鷹の巣温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2009年11月16日(月) 癒しのレポになりそうね♪
こんばんはしまさん!

早くも喜久屋レポがはじまったのね♪
紅葉、早かったと言ってたけど、つり橋のところとっても綺麗だよ~。
紅葉は遅いよりちょっと早い方が好きだな。

「鷹の巣館」は知ってるけど「喜久屋」ってぜんぜん知らないわ・・・
と思っていたら、HPの案内図を見て思い出した!
一番景色のいい部屋はどこかな、と見た覚えが!!
ところでここって松●氏の設計なの?
広縁の竹敷き、どこかで見たなぁと思ったら「坐漁荘」の離れと一緒なの。
2月だったから足が冷たくて(やっぱりデザイナーズチャアがある)
なんだかなぁと思ったんだけど・・・。
(露天風呂はやっぱりイボイボ湯船だったよ)

それにしても部屋に露天風呂が二箇所あるってすごいね!
源泉だし木の湯船だし、それに景色って絶対必要よね(笑)
同じ新潟だけど、どんなお料理が出るのかな~と楽しみにしてますね♪
みく |   | コメントを編集 | 
2009年11月17日(火) 仕事が早いですねw
しまさん、こんばんは。
お互い泣き笑いなレポも終えて┐(´д`)┌ヤレヤレですね。
「喜久屋」レポ早いな~。
ほんとお風呂が意外だったわ~。
あの洗い出しじゃないんだね。
にっくきケツプリントw
でもTVで前にどこかの旅館をリフォームしてたとき、檜のお風呂にしてたから「松葉、やれば出来るじゃんw」みたいなw
リフォームの予算の関係とかもあるんだろうね。
インテリアは奥さんがオーナーの別会社から納入させてトータルでコーディネイトだそうだけど、なかなかですね~wwwww

アメニティとか頑張ってるからビックリ(゚д゚)!
これに比べたら「風●」なんかプププですわ。
今でもトラウマですわ、ったく。

しまさん同様に酒飲みとしては酒の種類が多いと嬉しいね、やっぱ。
それもワインはね。
安いのでいいから何種類か置いて欲しいですね、やっぱり。

次の記事も楽しみにしてます!
ちゃろちゃん |   | コメントを編集 | 
2009年11月20日(金) こんばんは!
みくさんこんばんは。
紅葉は沢山見ていますか?笑
私、今週末慶雲館に行く予定だったのだけど(紅葉の時期だと思うんだけど)
旦那に「高速降りてからが遠すぎる。イヤだ」って断固拒否されてしまい、
泣く泣くキャンセルしました・・・
悲しいわ。来週は伊豆にいくけど~伊豆の紅葉ってまだでしょうかねえ。

>と思っていたら、HPの案内図を見て思い出した!
>一番景色のいい部屋はどこかな、と見た覚えが!!
おお、さすがみくさん!
私、ここは知らなかったんですよ。
友達にお勧めされて「へー」って感じだったの。

ここは松●氏の設計だそうです。
>広縁の竹敷き、どこかで見たなぁと思ったら「坐漁荘」の離れと一緒なの。
>2月だったから足が冷たくて(やっぱりデザイナーズチャアがある)
>なんだかなぁと思ったんだけど・・・。

あー、あの竹の床って別に心地よくないですよねえ。
夏はいいのかもだけど、冬は寒いの!
新潟は冬が厳しいのに、こういうデザインちょっとどうかなーって思いましたよ。

>(露天風呂はやっぱりイボイボ湯船だったよ)
あははwwwwwあのお風呂。
腰掛けるところがないというのが一番だめですよね。
いぼいぼのとこに座ると痛いし。

料理楽しみにしててください~
(でもこの日かなりお酒飲んでて、記憶があいまいなのです!)
しま |   | コメントを編集 | 
2009年11月20日(金) 終わりました~~
ちゃろさん、こんばんは。
進行中の天翠の花火のレポ、本当にうっとりしてみてます。花火すごく綺麗にとれてますね!!!
スタッフさんたちとの親密さも素敵です。

花火を目当てにして河口湖に行って失望して以来(いや、花火が悪かったんじゃ全っ然ないんだけどwww)
なんか花火&旅行に旦那を誘いにくくなってしまっていたんですが、
こういう宿ならいいよね!!!て思いました。

>あの洗い出しじゃないんだね。
>にっくきケツプリントw
ベストネーミングですわ奥様!痛いからやめてほしいんですけどねえ。
何でお金払って痛い目にあいにいかないといけないの?
って。

>檜のお風呂にしてたから「松葉、やれば出来るじゃんw」みたいなw
>リフォームの予算の関係とかもあるんだろうね。
あーできるんでしょうね。本当は。
でも浴槽から何から全部(新しく奥さんの会社にするインテリアの分も)
面倒を見たほうが利益がいいから、オーナーが投資する限りは
あのケツプリント風呂に統一してるのかな?なーんて。
でもほんと、普通のお風呂でよかったですよ~。
足湯できるって、松●氏の提案なのかなあ?

>アメニティとか頑張ってるからビックリ(゚д゚)!
>これに比べたら「風●」なんかプププですわ。
そうですよね?私も驚きました。そういう感性なんだ、って。
よかったですよ~なんか、心に余裕が出来て。

>それもワインはね。
>安いのでいいから何種類か置いて欲しいですね、やっぱり。
ちゃろさんのような立派な趣味の方にそう言っていただけると
嬉しく、心強いですwww
でもほんとそう思うんですよ、高いの「だけ」3種類とかよりは、種類多めでおいてほしいです。
そして、是非この世の宿の全てにスパークリング(辛口)を!
しま |   | コメントを編集 | 
2009年11月21日(土) リコーの、あれ!
しまさん、こちらでこんばんは!

あれ、買ったですか。
私はとても気に入っています。
さっと取り出して、さっと写せる。シャッター押す感じがなんともいえない。
露出補正もワンタッチです。

今回の「あさば」のサロンからの夜景。
石垣島のホテルのベランダからの写真や、ホテルの庭、島の風景写真はあれで撮ったものです。
石垣島シリーズは画像設定をビビッドにしていたので少しコントラストが強いかもしれません。

写真、楽しみにしていますね。
あびちゃろ |   | コメントを編集 | 
2009年11月22日(日) こんばんは!!
あびさん、こんばんは~ (・∀・)

あびさんのオススメをいただいてから電気店に行って
G-11とGRD3の撮影を比較してみたのですが、
青と紫の色の違いがGRD3の方が目に見えてクリアだったり、
あびさんのご指摘のとおり「電源を入れてシャッターをきるまで」がすごく早い!ことなどが気に入り、
GRD3に決めて購入しまいました。
(G-7は、シャッターを切るのに時間がかかるので、
「とりたい」瞬間を少し逃すんですよね。これが
リコーではないなあ、と思って)

とはいえG-7も修理が終わったので、今後は、旅行には2台持っていこうかと。
(突然旅先で壊れるのを2度経験したので・・・)

>石垣島シリーズは画像設定をビビッドにしていたので少しコントラストが強いかもしれません。
バルコニーからの海と空、空の色の水色~青色のグラデーションが
すごくくっきりしていて綺麗ですよね。
これがビビットにした効果なのかな!?
あさばの能舞台の夜景や、日暮れ時の写真もくっきりして綺麗ですよね~。

写真・・・まだカメラの操作を覚えてないのですが
次の伊豆旅行(花吹雪さん)から持っていってみます!
しま |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。