FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年10月22日(木) 記事No.355
チェックインが13時なので、お部屋で
うだうだお茶を飲んで、雑談してもまだ14時前。

今の時間だと日帰りのお客さんが多いので、
夕方お風呂に行かれたほうがいいかも、と
スタッフさんに言われたのですが、
部屋のお風呂のお湯が思ったよりなかなか
たまらないので、とりあえずお風呂に行きました。

まず、滝を見ながら入浴できる露天風呂「滝見の湯」へ!
景色と水の音がとーっても気持ちよかったです。
露天1
内湯の温泉は源泉だそうなのですが、
このお風呂の温泉は循環。薄く茶色いお湯です。
塩素臭が気になる・・・というのは否定できない印象な
お湯なのが残念ではありますが、
ザアザアと力強い川の音は耳に心地よく、
ゆったり湯浴みできました。

この川は釣りのポイントだそうで、釣り人がいたら
窓ガラスを閉めてください、と書いてありましたね。
この日は釣り人には出会いませんでしたが。
露天2

このお風呂の問題は、夏(特に夜)かな・・・。

なんといっても、10月前半で
「モスラのお子様ですね?」としか思えないような
大きさのガが数匹!!!
これで真夏だったら、夜だったら、と思うと
想像したくない感じじゃのう・・・と思いながら
お湯につかりました。

そして予想通りというか、夕食後、ライトアップされた
滝を見ながらお風呂に入ろう!と行ってみると、
風呂に行く手前の下駄箱では、
モスラのお子様の集会が開催中!!!
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)ギョオエエエエーー

入浴はあきらめ、ダッシュで内湯に行きました。笑
(参考までに、私、両生類・爬虫類はダメですが、
 ガは全然平気です。ので、まー深刻ではないですが)

こちらは独立した建物にある内湯、「郷の湯」。
建物入口にセキュリティがあり、宿泊者は
暗証番号で入るようになっています。
こちらは温泉ではなく、薬湯。
郷の湯1
洗い場はこんな感じ。
結構湯気がもくもくとしたお風呂でした。
空気が冷たい浴室が好きなため、
入浴はせずに写真をとったのみです。
郷の湯2

さてさて追加でまた内湯へ!
こちらは温泉のある内湯「薬師の湯」。
向かって一番奥の湯船が温泉(源泉)で、
ひとつ手前がゲルマニウム風呂です。
内湯1
窓の外には、綺麗な川が見えます。
露天はないものの、浴室の天井が高くて
気持ちがよいので、一番気に入りました。
内湯3

こちらは3つ目の浴槽。寝湯でした。
内湯2
洗い場はこんな感じ。
内湯4
立ってシャワーできる場所もありました。
立ってシャワー派なので嬉しいです。
内湯5

この宿ではバスタオルは大浴場にはないので
持参する必要があります。
薬師の湯では小さいタオルが置いてあるので、
うっかり忘れてもまあなんとかなるかも・・・ですが。
シャンプー類は写真を忘れましたが、
業務用のものだったと思います。

お風呂を出たところに冷やしたジュースがあります。
ちなみに残念ながら有料。
(最近、風呂場のそばにサービスの飲み物を置く
宿が多いから、期待しちゃうwww)
お水もありました。
お茶

泉質を求める人には少々不向きかもしれません。
しかし、お風呂のタイプが色々あるので、
温泉に限らず色々な湯船につかりたい、という人には
いいですね。
どこも広々したお風呂でカランも十分なので、
大人数で行っても、心配せずわいわい入れます。
ただ、露天は「滝見の湯」だけなので、露天派よりは
内湯派の方にむいているかな。

有料の貸切風呂も3種類あるようですが、
私たちは入りませんでした~
スポンサーサイト
旅籠(薬師温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。