FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年10月08日(木) 記事No.350
旅館で何より楽しいお風呂の時間~。
貸切風呂には体を洗う場所はないそうなので、
まずは大浴場へ。

こちらの宿の大浴場は、夕食前後くらいで男女の
入れ替えがありますが、1つは内風呂だけで、
露天風呂がありません。
先に大浴場へ行った旦那が「露天があったよ~」と
言っていたので、今日は女性は内風呂だけか、
でも夕食から翌日チェックアウトまでの方が長いから
丁度いいのかも?等と考えつつ・・・

大浴場「森と風の湯」の脱衣所です。
脱衣所1
洗面台はひとつしかないので、ここでゆっくり
身づくろいするって感じじゃないですね。
ビオレのメイク落としと業務用の化粧水がありました。
やはりあんまりアメニティには興味ないみたい?
脱衣所2
浴室

洗い場の背中側が浴槽なのですが、
壁を作ってシャワーの水が入らないようにして
ありました。ナイス配慮!
シャワーの背中側にお風呂があると、
絶対って言っていいくらい、シャンプーを流してる方の
シャワーの水が、背中を超えて、後ろにある浴槽に
入り込んじゃってて、オエエエっ~~てなるんですよね・・・
(気をつければそうはならないように角度を工夫
出来るはずだけど、意外と気づかないのかな)
ここは(基本的には)それがないので安心です。
浴室2

温泉は無色透明無臭でした。
窓の外は囲いがあったりして、あんまり魅力的な
雰囲気でもありません。
浴室3
やっぱ、このお風呂には露天がないのでつまらない~
2回はいりたいって感じにはならないですね。

体を流した後は、貸切風呂へ!
2つの貸切風呂へ続く通路です。
通路
ドアに「空いています」「使用中」の両面の札があり、
空いていたらいつでも入浴可。あー気楽。
丁度空いていました。
通路2

お風呂はこんな感じ~
狭そうに見えますが、2人で入って丁度いいくらいです。
丁度虫が多い時期だったのか、たびたび虫がまとわりついて
ちょっと邪魔でしたが、目の前の林(山かな?)を眺めつつ
気持ちよく入れました。
しかし、両側が壁なのでいわゆる露天て雰囲気ではないかな~
窓の大きい内風呂or半露天というか・・・
貸切風呂
一応お風呂の隣にはシャワーあり。
(ただし石鹸シャンプー類はここでは使えません)
洗い場

貸切風呂の脱衣所はこんな感じ。
2人1組の利用だと分かりきっているからこそ
このスペースにできるのね。という感じで、
3人立つのは無理かなって狭さ。
脱衣所

こちらのお風呂は・・・うん、左右対称なだけあって
もうひとつの方と印象は変わりませんね。
(お風呂のフチが石か木かという差はあるものの・・・)
貸切風呂2
外の景色はこんな感じ。
景色

貸切風呂は予約不要で空いていればいつでも
使えるのが気楽でいいですね。
私たちが宿泊したとき、客室は満室だったのですが
なぜかいつも貸切風呂が空いていました・・・
タイミングが良かったんでしょうね~~。

昔はとにかく広々した景観の良い大露天が
大好きだったのに、最近、1人で貸し切れる
小さめのお風呂も好きになってきました。

ちなみに、貸切風呂同士は完全に隣り合わせなので、
隣で入浴中の方の話し声は、かなりはっきり聞こえます。
湯回廊菊屋も似たような感じで隣の貸切風呂の
声が聞こえましたが、隣で大きな声で
話している方がおられると、ゆったり湯浴みって
雰囲気ではなくなっちゃうのが残念・・・

さて夕食後大浴場の男女入れ替えがあり、
こちら「時と光の湯」が女性用になりました。
こちらは翌朝の写真です。
うん、こっちの方が断然明るくて良いお風呂だ~!!
ガラスで仕切られた向こう側が露天です。
大浴場2

露天はこんな感じ。
ここの露天も壁があって開放感あふれる露天って
感じではないですが、構造上仕方がないのかな~
露天
洗い場

大浴場も貸しきり風呂も、タオルはお部屋から
持っていかないといけないのが少々面倒でした。
エコの観点とかあるかもしれませんが
タオルがあったら散歩帰りとかにさくっと行けて
便利なのにな~って。
こういうの、小規模宿だからこそ望んでしまうのかな?

正直、お風呂だけでいうならば、綺麗にしているけど
眺望も雰囲気もいまひとつ・・・かなあ。
コンクリートな感じの雰囲気で、
「このお風呂にぜひまた入りに行きたい!」って
印象ではないです。

が、ここの売りはなんといっても食事。
美味しいお肉料理を食べに行って、
ついでに温泉も入れると思えば、十分なお風呂だと
思います。
スポンサーサイト
時の宿 すみれ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。