FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年08月26日(火) 記事No.147
食事が終わった頃に河口湖の花火が始まりました。
これ目当てで来たのでとってもウレシイ!
他の部屋の方もみなさん窓をあけて花火をみていました。
た~まや~とか聞こえてきましたね。
花火1
花火2
右側の木がジャマなんですよね~~~
花火3
この後はお部屋でマッサージを受けてから就寝。
お上手な方でした。

翌日起きたら、突然の大雪で驚きました。
部屋の外も雪で真っ白。
窓

露天風呂「富士の湯」です。
湖の見える露天と男女入れ替え制。
富士山が見えるのがウリですが、私が入った日は大雪でしたので
雪見風呂を楽しみました。
先客が4人入っていたらもう入りにくいなあ、という大きさですね。
露天1
客室数10部屋の宿とかならアリな大きさだけど、
この旅館の規模でこの大きさだと厳しいのでは・・・
何回か様子を伺いに行ったのですがなかなか入浴できず
後ですいているときに入浴しました。

入浴目線だとこんな感じ。
両サイドに囲いがあるのがなんとも・・・うーん。
露天2
こちらが脱衣所。バスタオルが沢山置いてあります。
脱衣所

大浴場「豪壮アルプスの湯」。
大きな岩(本物かなあ?)を沢山配置してあります。
個人的にはこういう作り物系のお風呂はそんなに・・・
内湯2
洗い場のスペースは、一人一人区切られています。
若干狭いけど、こういう客室数の多い宿では仕切りがあった方が
いいなあと思いますね。
洗い場
うーん・・・岩のモニュメントが・・・モニョ
内湯1
脱衣所のアメニティ。
石鹸が泡で出るタイプのものなのは好みです。
脱衣所
ヘアブラシとシャワーキャップがありました。
アメニティ
もうひとつ大浴場がありますが、お客さまが沢山いらしたので
撮影はできませんでした。
どちらの大浴場も窓の外の景色がないので、
体を洗いにいくだけって感じかな。

朝食は個室の食事場所でいただきました。
掘りごたつになっていて、座りやすくて&あたたかくて
よかったです。
ここで夕食を食べる人もいるのかな?

最初の朝食セット。
朝食1
魚の煮付け。朝から豪快ですね。
結構しょうゆがきつかったと思いますが、土地柄?
朝食2
ふぐの干物。美味しかったです。
朝食3
サラダ
紙鍋湯葉。
朝食4
鶏肉を煮たものやたらこ等。
朝食5
温泉卵。
朝食6
ご飯は普通の白米と山菜ごはんを選べました。
こちらは山菜ごはん。美味しかったです。
ゴハン
最後にヨーグルト。
ヨーグルト
朝食は夕食と違って普通。
旦那は「こっちを夕食にした方が印象いいんじゃないか」
等と言っていました。
(またヘンだったらどうしよう・・・等とびくびくして
 食事場所に行ったのですが、ああ良かった。)
しかし、量がものすごく多いのは夕・朝食共通なんですね。
もっと減らしてもいいと思うけどなあ・・・

ちなみに食後のコーヒーはありません。
あったらいいのにな。

野の花亭の宿泊者にはサロンでのコーヒーチケットが
もらえたのですが、「サロン」といっても、
ビール・チューハイのポスターが貼ってあって
居酒屋のような雰囲気なのです。
ここでコーヒーを飲んでもな・・・ということで結局使わず。
____________

以上、一人38000円でした。

良かったことをあげるなら、
・花火が綺麗に見えた。
・河口湖の見える「湖の湯」は、湖からの風が気持ちよかった。
・展望台も、富士山が綺麗に見える日ならなかなか良いかも。
・タオルはお風呂においてあるので部屋から持っていかずに
 すんだ(質はそれほどよくないけど、やっぱりラク)

残念なことをあげるなら、
・夕食があまりにも・・・。
 一泊3マン超の宿で、ゆでた後時間をおいて固まったそばを
 提供されるとは思いませんでした。
 思い出すと辛いので、もういっそのこと忘れたい! OTL

・部屋の露天風呂・・・ダメすぎwww
 あの道路から丸見えの狭いベランダ風呂に入りたい人は
 そんなに多くないと思んですが。
 露天ありの部屋に泊まって、部屋露天に入らなかったのは
 ここが初めてです。
 おしりにアトがつくお風呂とかに文句をたれてきましたが、
 それでも入ろうという気分になるお風呂だったんだから、
 あんなのまだ可愛いよなあ・・・と。

・お部屋の構造も居住性が微妙。
 ものすごい狭いコタツスペースはむしろ不要では?
 部屋のTVも、小さいのを2個ではなくって、
 普通の大きさのを1つの方がよいのでは。
 
旅行はたいがい良い思い出ですが、この旅行は
私達にとって痛い思い出になってしまいました。

やっぱりピンク系・花柄の絨毯には気をつけないと
いかん。

スポンサーサイト
若草の宿丸栄 |  トラックバック(0) |  コメント(7) |  記事を編集 | 

2008年08月27日(水) 富士山に花火に雪景色☆
しまさーん、ひさしぶりです♪

「た~まや~」がアップされてる!!わ~綺麗だね☆
なかなかこの三点セットは見れないからよしと思っちゃう?(笑)
花火シーズンだから、忙しくて夕食の手を抜いたということではないの?
(普通は反対なんだけどね)
それにしても「メニュー下の観光情報」にはさすがの私も吹きました≧(´▽`)≦アハハ
よ~く考えれば、「食事しながら翌日の観光を考えてください」とか?
(苦しいかな?)
ところでチョイスメニューはビーフシチューの他、なにがあったの?
(もう忘れちゃった?)

おっーバスタオルが置いてある!!
これはポイント高いんではない?!(よいところも見つけないと(・・;))

ところで「熱海荘」近々アップなの?
私の雪見風呂の原点のお宿なの。ご主人がよい人だったわ~。
お風呂交代制になったかな?とか気になることばかり・・・
楽しみに待ってるねー♪♪

追伸!!
>やっぱりピンク系・花柄の絨毯には気をつけないといかん。
「福泉」はどうなるのだー?(笑)
来冬は「都わすれ」に雪時期を合わせたから、再来年に行く予定だよ。
みく |   | コメントを編集 | 
2008年08月27日(水)
朝食は豪華ですね。よかったですね。ただ宿泊値段が高いですよね。我が家ではいつも普通のお部屋しか無理でして。旅行大好きです。ですのでまた参考にさせてくださいね。
たかちゃん |   | コメントを編集 | 
2008年08月27日(水) こっちもピンクの花柄絨毯 !!
しまさん、こんばんは!

>やっぱりピンク系・花柄の絨毯には気をつけないと
>いかん。

湖○もまさにピンクの花柄ww
富士五湖の訪問記の写真、大きくして富士山の素晴らしさを満喫できるように改修しました。
もちろん、ピンクの花柄絨毯も写っていますよw

お暇な時に、眺めに来て下さい。
あびちゃろ |   | コメントを編集 | 
2008年08月28日(木) こんばんは~ヾ(´∀`*)ノ
>みくさん

こんばんは!今日は大雨みたいですね~

雪&花火が見れるってなかなかないので、そういう意味では
レアでいい・・・な~んて前向きに考えらればいいけどwww
忙しくって食事の手を抜いた、なんてことあるかな?
そんなに満員でもなかったぽいのですよ・・・。

チョイスメニューは、何かお野菜系だったんだけど
すっかり忘れてしまったの。OTL
これだから時間がたつとダメですね。

「熱海荘」はとってもよかったので、他の宿より先に紹介しようかと。
こちらがみくさんの雪見風呂の原点だとは知りませんでした!
(聞いたことあったかな?忘れちゃってたらゴメンナサイ)
雪が降ったらとても綺麗でしょうね~
でもね、お風呂は交代制じゃなかったんです!
交代制にしてくれたらいいのにってすごく思いましたよ。

「福泉」は再来年なんですか?雪見風呂を狙っているんですね。
今年ももう雪見を考える季節なのね~~私もどこで見るか
考えなきゃ!
やっぱ湖山荘かしら!?なんて同じところばっかり考えて
しまうけど、栃木とかもいいですね。
「山喜」あたり行ってみたいんです。
新しいからとても綺麗だと思うし。
しま |   | コメントを編集 | 
2008年08月28日(木) こんばんは(^^)
>たかちゃんさん

こんばんは~。
こちらの宿は、朝食は豪華でしたね。
朝から沢山食べてしまいました。
我が家は温泉旅行以外にまともな趣味がない夫婦なので、
暇をみつけては旅行サイトを見たり、旅行に行ったり
・・・
といった感じですごしています。

ネットは口コミ情報を探すのに本当に便利ですよね。
旅行好き同士として、これからも情報交換させていただけると
とても嬉しいです!
しま |   | コメントを編集 | 
2008年08月28日(木) 花柄注意!!
>あびさん

こんばんは~サイト拝見しました!
確かに、もうばっちりピンクの花柄www
大規模旅館って大体こういう感じだったのでしょうね。

でも、窓から見える壮大な富士山の景色がスゴイです。
「しかし夕焼け後の富士山のシルエット、それはそれは素晴らしいものでした。」
の記事の、藍色と紫色のグラデーションのかかった
富士山と湖の色がものすごく綺麗!
流石としか言いようがないお写真ですね。
こういう景色が見たかったなあ~
(晴れた日に日帰りドライブで見に行こうかしら?)

ではでは、あびさんのサイト(の掲示板)に遊びに行きますね~。
たてしな藍のレポを拝見して、俄然行きたくなってきました。
しま |   | コメントを編集 | 
2008年09月01日(月) 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。