FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年04月18日(金) 記事No.137
2007年12月、新潟の岩室温泉「著莪の里 ゆめや」に
行ってきました。

ゆめやは、いつか行きたいな~とチェックしていた宿であり、
同時に「あんなに周りに何も無いような場所にあって、
どうして雑誌に出るほど人気が高いのか?」と、
常々不思議に感じていた宿・・・でもあります。

ゆめやが雑誌に掲載されるときは、たいていは
「露天風呂付離れ」のお部屋が載っています。
私も是非その部屋に泊まりたい、と思ったものの、
宿泊予約をしたのが遅すぎ・・・。
念願の離れも、その次の希望の「特別室」も予約済でした。

通常客室で予約して、もしキャンセルが出れば希望の部屋に
移動しますね、と宿の方におっしゃっていただいていましたが、
残念ながらキャンセルは出なかったようです。

しかし、この予約時のお電話の対応がとてもすっきりしたもので、
行く前から好感が持てるな、と思っていたのを覚えています。

東京から上越新幹線で向かいます。窓の外はもう雪景色でした。
新幹線


最寄の「燕三条」駅で下車。駅には、こんな展示が!
ipodの裏側を磨く技術を生かした車ですね。
燕三条

そして、駅からはタクシーでゆめやへ。
大体5000円~6000円位だったかな?
弥彦線という電車に乗り継ぎ、「弥彦駅」まで行けば
宿の送迎(※事前予約要)があるのですが、
寒かったのでタクシーで行くことにしました。

こちらが旅館の門です。
車はここで止め、旅館の建物へ続くお庭を歩いて行きます。
門

途中小さな川があったりして結構な距離なのですが、この門には
カメラが設置してあるようで、車を止めてすぐにスタッフの方が
駆け寄ってきてくださいました。

チェックインはラウンジで行います。
到着時のドリンクを3種類(赤ワイン黒酢割り、しょうが紅茶、
煎茶)から選べました。
赤ワイン黒酢割りが気になったものの、しょうが紅茶をチョイス。
はちみつがついてきて、寒い中ほっとしました。

お菓子は、干し柿にクルミが入ったもの。
これがとっても美味しかったです。
(普段はお付のお菓子を完全無視する旦那も、
「これは美味しい!」、と喜んでいました。)
お菓子


私達のお部屋は、2階の「蛍」という部屋でした。

こちらが部屋の入口を入ってすぐのところです。
衝立が置いてあり、ドアを開けても室内は見えないように
してありました。
部屋の入り口が広々しているのはよかったです。
入口


室内は、和室10畳+広縁+着替え場所1帖という造り。
室内1


和室を窓側から見たところ。
和室3


奥の広縁のコーナー。3畳くらいかな?
広縁というと、すわり心地の悪い椅子が2つ向かい合わせにあり、
小さい丸or四角のテーブルが間にある、という感じの旅館が
多いのではないか?と思いますが、この広縁はすっぽり座れ、
テーブルに本を広げたりできるので居心地が良かったと思います。
窓


和室の奥の着替え場所。
着替え場所


浴衣は最初から各種の大きさが準備してあります。
写真にはありませんが、丹前が非常に可愛い和柄でした。
浴衣


ヘアゴム、ネイルセットや化粧水は希望で貸出があるそうです。
勿論めんどくさいので借りていません。
が、一方で最初から胃薬があるというのは驚き。
着替え場所2


水屋と洗面所方向を見たところ。
洗面所


電気ポットではなく、ティファールの湯沸かし器です。
緑茶が数種類用意されていましたが、残念ながらコーヒー類はありません。
(コーヒーはルームサービスで注文できるそうです)
水屋


冷蔵庫。差し込み式ではありません。
ビール、シャンパン、ソーダ、ポカリ等。
うーん、お茶や冷たい水なんかがほとんどないのが残念・・・
もう少し充実させてくれても。(館内に自販機がないので購入できないし)
冷蔵庫


トイレにはヒーターがあり、常に暖かかったので快適でした。
トイレ


洗面所です。
洗面所

アメニティは麺棒、コットン程度。
コットンは天然100%のものだというメモがついていました。
女将のこだわりなのかな。
洗面所2

洗面所の清掃は完璧でした。
タオルの補充についてウエルカムと積極的に明示する宿は
珍しいように思います。
ゆめやのタオルはかなり上質なものが用意されていました。
質といい補充といい意識が高いなあ、というのが強く印象に残っています。
洗面所3

ただし化粧水類は潔いまでに一切ナシ。(唯一あるのはひげそりローション・・・)
基礎化粧品類に凝るという考えは全く無いようです。

浴槽は檜風呂。温泉ではないのが残念。
浴室


旅館のサイトではあまり室内の写真が掲載されていないため、
「10畳のお部屋・・・ちょっと狭そうで残念かな」と思っていました。
しかし実際に泊まってみたところ、着替えや荷物を置く場所が
独立していて、通路やトイレ、洗面所等にそれぞれ広い
スペースが確保されているので、とても快適な空間でした。
全体の占有面積はかなり広いんじゃないかな。
旦那は、広縁のテーブルでまったり本を読めるのが良かったようです。

なお、館内は基本的にスリッパ無しで歩くようになっていますが、
お願いすればスリッパもくださるようです。
(真冬は足元が冷えるので必要かもしれません)

お部屋の鍵は1個だけでした。これは残念だな~
スポンサーサイト
著莪の里 ゆめや(岩室温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 

2008年04月19日(土) ヽ(´ー`)ノ来ましたね
しまさん、こんばんは。
立て続けの更新、乙でございます。
ま、ご自分のペースで無理なさらないように更新なすってくださいね。

「ゆめや」…ナゼーカ新潟の宿とは縁が薄くてw
これから先のんびりと新潟から日本海方面を北上しようかななんて考えています。
…交通手段がすべて車ってとこがいろんな場所から遠くさせてる要因なんですけどねw

部屋はやはり2方向にガラスが入っていると空間の広がりも感じられて広く思えますね。
こういうゆったりした造りなら10畳でもいいですね。

貸し出しの化粧水があるとはいえ(ネイルも貸し出しだよね。)…今わりあい巷ではアメニティに力を入れてる宿が多いだけに残念かな。
やっぱお楽しみだもの。
そうなるともっと女性に優しい宿になるだろうに。

ああ、料理が楽しみでならない'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
気長に次の記事をお待ちしてますので、ドゾよろしくw
ちゃろちゃん |   | コメントを編集 | 
2008年04月19日(土) ( ・∀・)ノィョ-ゥ
こんにちはちゃろさん、ようやく時間があいてきましたわ♪
もう4月も半ばという時期なので驚きです。

ちゃろさんは確かに新潟方面には行かれないですね。
新幹線だと2時間でついちゃうけど、車では5時間位かな?
(とばせば4時間代なのだろうか)
ちょっと微妙な距離ですね。

でも冬の新潟、オススメですよ。ぶりがΣd(゚∀゚d)イカス!て感じで。

すお、ゆめやは「女性向けの宿だ」って聞いてたので、
あまりに化粧品関係があっけなくって意外でしたわ。

貸し出しはねえ・・・うーん、ですね。
楽々荘でも貸し出しがあったけど、電話するのが面倒で結局使わないですね。
一旦持ってきてくれていらなきゃその場で返すっていう
形式にしてくれれば、また別かもしれないですけどね。

そして、化粧水は借りれるからいいにしても
洗顔用石鹸は全くケアされてないのも残念でした。
宮城の「だいこん」位きちんとしてると嬉しいのに。

そうそうここの料理、まじでハアハア(*´Д`*)でしたよ!
佐渡ぶり&洋ナシが最高でした♪
しま |   | コメントを編集 | 
2008年04月20日(日) 「ゆめや」さん、 いい旅館でした。
しまさん、こんばんは。
お久しぶりです。

上越新幹線からの雪景色、ウェルカムのお菓子、なつかしく拝見しています。

ここはホスピタリティの素晴らしいお宿でした。
太刀掛姿の娘さんたちのきびきびとした応対も、とても気持ち良いものでした。

料理もとても美味しかったのですが、料理の鉄人に出場した料理長が辞められたというような噂も聞いていますがどうなんでしょう?
料理編が楽しみです。
あびちゃろ |   | コメントを編集 | 
2008年04月21日(月) (_´Д`)ノ~~おひさしぶりです~
>あびちゃろさん

こんばんは!
あびさんの沖縄レポ、ハアハアしながら拝見いたしましたよ!
オリエンタルヒルズうらやましい~~。
スーパーラグジュアリーな沖縄旅ですね。

>ここはホスピタリティの素晴らしいお宿でした。
>太刀掛姿の娘さんたちのきびきびとした応対も、とても気持ち良いものでした。

そうですね、対応がすごく気持ちいい宿ですね!
接客の若い方もそうですし、お布団敷きの方が
とにかくきちんとしていたのにも驚きました。
教育が行き届いているなあって感じました。

私のときも、お料理はとても美味しかったですよ~
でもあびさんのときとは料理長は変わってしまったのかな?
惜しいっ。これは確認すればよかった・・・
(メニュー表にもお名前が書いていないのです)

特に、ぶりのお刺身では余りの美味しさに大喜びしてしまい、
旦那に「普段そんなにうまいもん食わして無いっけ・・・?」と
苦笑させたほどです。笑
しま |   | コメントを編集 | 
2008年05月14日(水) 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。