FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年04月17日(木) 記事No.135
さて朝食です。昨晩と同じ食事処で。
時間は覚えていないのですが、2~3パターンから選択できたような?

朝食は初めからセットされていました。
お味噌汁とご飯は後から持ってきてくださいます。
朝食はかなりオーソドックスな内容だったと思います。
朝食1

朝食4

こちらは豆乳鍋。固形燃料で温めていただきます。
朝食2


こちらは練り物。美味しかった♪
朝食3


朝食後はコーヒーのサービスがあります。
本来は「味噌蔵」でコーヒーをいただけるということだった
と思いますが、私達がちょっと散歩でも、ということで、
ロビー(土間)で炭火にあたっていたところ、
スタッフの方が「もしよければここでコーヒーをお出しします」とのこと。
わざわざ土間まで持ってきて下さいました。
土間

こういう臨機応変さはうれしいですね。

チェックアウトは10時30分。
土間にあるフロントでお会計をして、蓮台寺駅まで
宿のバスで送っていただきました。(10時15分に宿を出ます)

カメラが壊れていて駅までの写真が無いのが残念ですが、
蓮台寺までの車中からは、とても綺麗な紅葉の風景が
楽しめました!

以上で、一人24000円 (ただし5名泊、2名の場合35000円)。

「長者の間」で240000円というのは人数が多かったからですが、
同じく江戸時代の部屋、とされる他の「橘の間」「天保の間」は
2名で宿泊しても26000~28000円ですし、納得のいく値段だな~
と感じます。
「竹取の間」あたりのベッドのある和風モダンの部屋では
もっとリーズナブルですね。

サイトに掲載された宿の写真はとても綺麗なのですが、
実際訪問するまでは、本当にあんなに昔ながらの情緒が
そのまま保存されたような空間だとは思っていませんでした。
スタッフの方は男女問わず皆さん年配で(若い仲居さんとか皆無)
またこれが館内の空気に合ってます。笑

食事も、サイトの写真を見る限りどうだろう?と思ったけど
奇をてらわない料理で、おいしかったです。
金目の燻製は特におかわりしたかった~。

お風呂については、露天「満天の湯」は、とにかく景色抜群。
特に、瞬く星空を眺めての入浴は、なかなか忘れられません。
(男女交代制で常に入れないことだけが残念です。)

男女別の大浴場もそれぞれ天井が高く造られており、
とても気持ちのいいお風呂でした。
また、香りはありませんが、「化粧の湯」といわれる柔らかい
お湯も肌に心地良かったです。

残念だった点としては、
・送迎の時間が、もう少し余裕をもって滞在できるように設定
 されているといいなあ、と思います。
 (電車で行く場合には、最寄駅から結構遠いので
 バスor宿の送迎になると思いますが、往路が16時に駅発
 というのは、あまりに遅いような。)

・バーのお酒は、是非お部屋や食事処でも飲めるようにして
 いただきたい。

・部屋の鍵は2つ、タオルは1人2枚あってほしい。
 やはり鍵が1つしかないのは少々不便です。

・アメニティは・・・もう少しだけがんばれないでしょうか?
 化粧水とかはありえなさそうな雰囲気なものの、
 せめてヘアブラシ位は・・・。
 (「じゃ○ん」ではヘアブラシがあるように書いてありますが
 私達のときはなかった・・・はて?)

コンクリートと機械音に囲まれた生活を忘れて、昔への
タイムスリップを体験させてくれる宿、とでもいうのでしょうか。
楽しい1泊2日でした。

次回もまた、あの雰囲気と露天風呂を楽しみに訪問したいです。
その頃には、お部屋で果実酒が飲めるようになっているといいな、
と願いつつ。

2007.12月泊。
スポンサーサイト
大沢温泉ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。