FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年04月13日(日) 記事No.134
夕食の後は、部屋でしばらくまったりしてから、
館内の散歩にでかけました。
この宿は、家紋入りの灯りが至るところにあるので
夜の散歩が楽しいです。
修善寺の「菊屋」を思い出してしまいました。

家紋1

家紋2

これもそれぞれ廊下のあかり
家紋3

家紋5

消火器か何かが入っているのかな?
家紋6

家紋7

家紋8

ここの廊下・・・素敵です。
廊下5


夜は土間で餅つきがありました。(餅つきはない時期もあるそうです)
旅館で餅つきというのは初体験なものの、正直興味ない・・・
という感じで参加しましたが、これが意外に面白かったです。

大きな和太鼓が用意されていたので何に使うのかな?と思っていたところ、
太鼓のドン、ドン、という音にあわせてお餅をついていました。
家紋4

家紋を背負ったおじ様方がこなれた感じで用意をはじめます。
餅つき1

最初は宿の方がついてくださるのですが、途中からゲストも参加し始めます。
餅つき2


ついたお餅はきなこorだいこんおろしで配ってくださいます。
お餅

このお餅をいただきながら、宿の方が、旅館の一族の昔話、
ロビーにある古道具の解説などをしてくださいました。
とてもお上手で、不思議な雰囲気。
初訪問の方なら楽しく聞けるのではないかと思います。
ロビー


お餅を食べた後は、バー「味噌蔵」へ行きました。
ここは本物の味噌蔵を改造して作ったのだそう。
なまこ壁のバーなんて初めてです。
カウンターが8席くらい?に、椅子席もあります。
味噌蔵1

2階席もありましたが、はしごをのぼるのは大変そう。
(スミマセン、大分ぶれて気持ちが悪い写真に・・・)
味噌蔵2


バーというよりも昔懐かしい喫茶店のような雰囲気でした。
手回しの蓄音機があり、マスターがレコードで
音楽を聞かせてくださいます。
蓄音機

沢山の自家製果実酒がありました。うう、全制覇したい。
今回は飲めない友人もおり長居するわけにはいかなかったので
次回のお楽しみですね。
果実酒

これはざくろ酒だったかな。
果実酒


お酒の種類はあまり豊富ではなかったので、本当にバーとして
使うには不満は残りますが、あの不思議な雰囲気でお酒を飲むのに
主眼をおけば、楽しいひとときではないかと思います。

ただ、うーん・・・と思ったのは、果実酒は、単独で注文できないこと。
1杯目は「乾きものと果実酒のセット」(1500円だったかな)で
注文しなければならず、飲み物だけでは注文できない、という
システムになっているのです。
(2杯目からはお酒だけでいいそうです)

正直、夕食+お餅を食べた後で乾きものとを食べろと
言われても・・・困る。

システム上どうしてもダメということなのでセットで注文しましたが、
案の定、のしイカとかサラミとかキューブのチョコとか、
普段食べないような乾き物がかなりな量で提供されてしまいました・・・
もちろん残しましたとも。

利益率を上げるためなのかもしれないけど、
もうちょっとやり方を考えてほしいですね。
旅館のバーで乾き物をがっつり食べたがる人っていないと思う。
それよりも、食事処か部屋であの果実酒を飲めるようにしてくれたら
わんこで注文したのになあ。
その方向で営業努力してほしいものです。

バーで飲んだ後は部屋に帰り、友人達と深夜まで話をしました。
独身の友人の恋模様の話を聞くのがとても楽しい。
好きな人の言葉で一喜一憂したり、なんだか懐かしい・・・
(等と思うのは、枯れた意見なのだろうか?)

翌朝、朝食前に館内を散歩していたところ、卓球場を発見。
しかし「ピンポン球はフロントでお買い求め下さい」とあるので
貸してはもらえないらしい・・・
卓球場


旅館全体を上から見るとこんな感じです。
風景


タイムスリップしたような感覚になります。
非日常っていうと、ラグジュアリーという意味を含ませて使うことが
多いような気もしますが、この雰囲気もひとつの非日常ですよね。
廊下3

廊下4

おみやげものコーナー。和食器が色々ありました。
立ち寄りそびれたので詳しく見れていません
おみやげ


朝のロビー(玄関の土間の隣)。昨晩はここでお餅を食べました。
ロビー


食事処の横のお庭に面して設けられたテラス。
車の音もせず静かな場所なので、ぼーっと座っていたら
気持ちがいいでしょうね。
テラス


食事どころ横にあるお庭。朝食前にゆったり散歩しました。
庭3

みかん発見!
みかん

庭2

ちょうどあやめが咲いていました。
あやめ
スポンサーサイト
大沢温泉ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年04月14日(月)
しまさん、こんばんは。
久しぶりの更新オツカレー(_´Д`)ノ~~でございます。

アテクシが存じ上げない餅つきや味噌蔵'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
そうか、こういう感じだったんだ…。
でも、ご飯食べた後に餅→乾き物ってマジキツイですねw
チャージ代わりに乾き物とはじめの一杯なんだろうけど、ちょっと不便ですね。
ほんと部屋で飲ませてよって感じですね。
(部屋で飲めないなんて逆に珍しいかもw)
すべては時が止まった宿ですから仕方ないのかもw

庭は結構歩き甲斐があったのを覚えています。
花も多くてなかなかまったり散歩出来たかな。

これだけの建物、維持していくのが難しいと思うけれど大切にして欲しいですね。
ちゃろちゃん |   | コメントを編集 | 
2008年04月17日(木)
ちゃろさんも翠松園のレポ乙でしたわ~
今晩遊びにいかせていただきますわ!

うん、チャージ代わりなのでしょうねー乾き物。
でもマジできついですわ。
お部屋で飲めないって本当もったいないと思いますよ。
昔ながらのサービスってことで落ち着いてしまってる
やり方なのかもしれないですが、
餅の労力を、少々そっちの方面にwwwとか思ってしまいました。

ちゃろさんが行ったときはお庭にお花があったんですね、
いいなあ。でも確かにお花が多そうですね。

私が行ったのは冬でしたが、春~秋はますますお庭を楽しめそう。
ああいう建物&お庭は維持にお金がかかるでしょうね。
しかし年月を経ても雰囲気がでてますます素敵でしょうから、
是非がんばっていただきたいです。
花柄のカーペットとか敷いてる旅館に比べて、
極めてすがすがしい雰囲気ですよね。
しま |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。