FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年02月15日(金) 記事No.131
2007年12月、伊豆の「大沢温泉ホテル」に行って来ました。

この旅行は、友人達で温泉に行こう、という企画。
条件は
・電車やバスでアクセスが簡単
・伊豆・箱根あたり
・露天の景色がいい
・8人まで一部屋で宿泊できる
というもの。

よさげな旅館をリストアップして同行者に送ろうとしたのですが、
行きたい旅館はあれども、「8人1部屋で泊まれる」という
条件を満たす行きたい旅館がなかなかない!!
下田の「清流荘」は特別室なら可能、と言ってくれたけど
1人4マン・・・8人でその値段は微妙だな~という理由で却下。
その他はたいてい「4人で2部屋ならとれる」という返事。
うーむ。

そんな調査をしていたときに気がついたのが大沢温泉ホテル。
(リンクさせていただいている「ちゃろちゃんねる」で発見)
武田勝頼の重臣だった依田家一族が伊豆にのこの大沢温泉に
落ち延びてきて、豪商として代を重ねて住んだ建物を改修して
旅館にしているのだそう。

大沢温泉ホテルのサイトを見てみたところ、
・下田駅からバスで行ける(40分位かかるけど)
・離れの間「長者の間」というお部屋なら8人収容可能、
・しかもお部屋が文化財に指定されている(気になる~)
・展望露天があって開放感抜群!
・昔の庄屋の屋敷を旅館にしていて、建築が楽しめそう
友人達も興味を持ってくれたので、ここに決めることにしました。

電車で大沢温泉ホテルへいく場合、
蓮台寺駅からの送迎(1日1便、16時のみ)か、
下田駅からバスに乗って行くことになります。
チェックインは14時なのに送迎の時間は遅すぎるかな、
と思ったので私達はバスで向かうことにしました。

当日は早めに駅について、「寝姿山ロープウエイ」に乗りました。
下田駅からすぐなのでとてもラクです。
ロープウエイ1


晴れていて気分爽快~。
ロープウエイの上の公園は予想外に広くて楽しいのですが、
まさかここで超Big熊蜂に追いかけられるとは!
子供の頃、黄色い服を着たら中にひそんでいた蜂に
突然刺された記憶がよみがえったよ、トラウマだよ・・・。
ロープウエイ2


黒船来航の港。
本っ当に綺麗に見渡せて感動!天気がいいって素晴らしい。
旅行前に、伊豆の歴史をもっと勉強したらよかったな、と。
ロープウエイ3


その後バスで大沢温泉ホテルへ。40分くらい・・・眠くなる!
↓かなりのんびりしたところへ着きます。
バス停

バスを降りたはいいけど、ホテルへの標識等はなく・・・
全く道がわからない。笑
すぐホテルへ電話したところ、スタッフの方が
迎えにきてくださいました。

旅館の入口付近です。本当に古い民家のような感じ。
外観1


障子の引き戸の入口を入ると、いきなり土間で驚きました。
奥の大きな依田家の橘の家紋があります。
ああ・・・このタイムスリップしたような雰囲気、
たまらなくイイ!!゚・*:.。..。.:*・゜(´∀`)。. .。.:*・゜゚・*
ここは当たりの予感。
土間


館内に入ってすぐ、お庭を囲んで廊下があります。
真ん中が池になっていて、あやめが咲いていました。
気持ちがいいです。
廊下


「長者の間」入口。
本当に旅館のお部屋というよりも民家のような造りで面白い。
依田家の主が、手狭になった母屋から移り住むために
造られたのがこの長者の間だそうです。
離れということで場所はどうかな、と思っていたのですが
内風呂に一番近い位置にあり、非常に便利でした。
入口


室内は和室2間(10畳+8畳)。
写真では見えませんが左に縁側があるので明るいです。
和紙(だったと思う)の照明も明るすぎなくていい。
室内1


お付のお菓子はまゆ最中。ウマー。
注文すると翌朝買って帰れるそうです。
お菓子


TV古っ!さらにその台が木の切り株なのに目が点!!!
TV


離れなのでお庭を眺めることができます。なかなか良い感じ。
庭


室内2


浴衣は1人1枚だったかな。タオルも大小各1枚。
浴衣


洗面所はシンプル。特筆することなし。
素敵なアメニティとか期待しちゃいけないですねここは。
洗面所


檜の浴室は、かけ流しの温泉です。
頭の部分に枕があってなかなか良いお風呂だと思いますが、
酔って寝てしまったので入りませんでした。
翌朝友人は足湯をして楽しんでいました。
浴室


冷蔵庫は差込型でした。
自分のものを入れる場所はほとんど無いタイプ。

夕食のときに飲むものを聞かれたので
部屋の案内書のお酒メニューを眺めたところ、
自家製果実酒の種類が充実している!カクテルもある♪

ビール・日本酒を飲まないので、古い旅館にくると
お酒で困ることが多いのです。
しかしここでは飲めるものが沢山あるわー、
と喜んでいたのも束の間、仲居さんいわく
「カクテルや果実酒等はバー「味噌蔵」のメニューです。
 食事場所やお部屋では飲めません」

がっくり。
部屋や食事処で飲めるお酒はビール、ワイン(地元のもの)、
日本酒等なのだそう。
チューハイとかそういうなまやさしいものはありません、
ということで、ワインを注文しておくことに。
ああ、果実酒を食事中に飲ませてくれるとうれしいのにな~。
スポンサーサイト
大沢温泉ホテル |  トラックバック(1) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2008年02月19日(火) なつかすぃ( ;∀;)イイハナシダナー
しまさん、こんばんは。
徘徊強化月間も終わってしまって、ナッカリしているアテクシが来ました。
しまさんはお仕事まだまだお忙しいのでしょうか?
お体おいとい遊ばしませよ?('A`)

大沢温泉ホテル、なつかすぃわ。
ここは最初、「天保の間」に泊まろうと思っていたのだけど、狭いからということで「長者の間」を勧められた記憶が。
その頃はまさか自分がブログなんかやろうなんて思ってもみなかったし、デジカメなんてとんでもなかったので、碌な写真が残ってなくて残念。
チャンスがあればもう一度行ってみたいなと思ってます。
で、部屋…水周りとか改装してますね。
それに部屋の入り口…。
たしか、障子だけで、ドアとか鍵なんてとんでもないって感じでしたw
でも、本当に風情があって面白い宿だなと思いました。
庭も大きくて手入れされてて…。
維持するのが大変だと思うけど残して欲しい建物ですよね。
バー「味噌蔵」(;´Д`)
アテクシどもが訪れた時はお休みだったので、ものすごく興味津々w
しまさんの記事に出てくるのかすら?
ワクテカしながら記事の更新期待してます。
ちゃろちゃん |   | コメントを編集 | 
2008年02月27日(水) ありがとうございますー
こんばんはーコメントありがとうございます。
最近寝てもさめても仕事のことばっかり考えてますわwww
いかんでつわ。
河津桜のことでも考えないといけないのにこの体たらくときたら!

「天保の間」も興味ありますね、あと最近できた棟も
みてみたいなあ。
大沢温泉ホテル、私ももう一回行ってみたいですよ!
あの雰囲気はかなりツボ。気に入りました。
建物全体と周りの山の雰囲気とが一体になって、
なかなか真似できない感情を呼び起こしてくれますよね。
おっしゃるとおり、お庭も綺麗に手入れされてましたねー。
大変でしょうねえ。

あと、展望露天からの夜空が「ものすごい綺麗」だったのが印象的です!
今回は紅葉の時期に行ったので、今度は桜の見える季節にでもいきたいですね。
(あー、来年か・・・もう)

部屋の前が障子だけって!!!すごいですね。(防犯的に)
あの玄関はあとから付けたんですねえ。

味噌蔵、もちろん参りましたわ!
同行者達が飲まない面子だったのですぐ帰りましたが、
これまたレトロかつ独特の雰囲気でした。
あとでUPしますのでよろしくお願いしまーす。
ああ、それにしてもこのペースでいくと全然終わらない(汗
しま |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

2008年02月20日(水) 大沢温泉ホテル・依田之庄
西伊豆の那賀川沿いに位置し、松崎温泉郷の一つに数えられる温泉地です。緑深い森と清流に囲まれた静かな環境で、ゆっくりと温泉で身体を癒すことが出来ます。また食材の宝庫としても知られる地域であり、海・山・川の幸を満喫できる点も魅力です。
温泉生活check  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。