FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年12月25日(火) 記事No.124
パブリックの紹介をします。

ヴィッラCのパブリック「天正」は、オープンカフェ、食事処、
バー&ライブラリー&レセプションコーナー。

五足のくつでは、ヴィッラA・B用の居室・パブリックと、
ヴィッラC用の居室・パブリックのとが完全に独立しており、
それぞれの立地が大分離れています。
HPで「Villa A/BとVilla Cという、2つの旅館があるようなもの」と
書かれていますが、確かに、泊まっていないヴィッラとは接点が
全くありませんから、本当に2つ旅館があるようなイメージでした。
通路


私は宿泊したヴィッラCのパブリックしか足を踏み入れてませんが、
是非次回A.Bの方も見てみたいな~と思います。
次行けるのは一体いつになるやら、て感じですけど。天草・・・遠い。

こちらは食事処の個室のある廊下。教会のような印象。
突き当りがオープンテラスです。
廊下の天井もとても高いのですが、トイレの扉の高さには驚きました。
食事処

廊下2


レセプションコーナー、ライブラリ、バーは1つの室内になります。
ここはレセプションコーナー
黒いスーツ姿のかっこいい女性スタッフさんが座っていらして、
ゲストの対応をしておられます。
きびきびしていて、ホテルのような接客がとても好印象でした。
左側にある白いPCはゲスト用らしいですが、使っている人は
今回いなかったような。
帰りのお会計はこちらでしました。
レセプション


バーカウンターです。
いい感じなのですが、後ろがレセプションコーナーだというのもあって、
ここで飲むよりは、ルームサービスかテラスの方がくつろげるかも。
バーテンダーさんも落ち着いていて素敵でした。
美味しいカクテルありがとうございました!
バー

ライブラリコーナー。バーカウンターの隣にあります。
CD、DVD、本があります。海外リゾートの写真集等があって
とても良かったです。
(部屋でお酒をいただきつつめくるのが楽しい。)
ライブラリ

廊下にあった亀の置物。可愛い・・・
亀


ヴィッラCは「キリスト教が伝来した中世の天草」がテーマだそうで、
いたるところに宗教画等がありました。
旅館のバーの隣にキリストの絵があったのですが、不思議な印象
でしたね。(旅館だと思うと)
「沈黙」(遠藤周作)の舞台は天草ではないですが、雰囲気に合うので
持ってきたらよかったな~と思いました。

さて、宿泊当日はパブリックと居室の往復で就寝してしまったの
ですが、翌朝突然6時過ぎに目が覚めたので、散歩をしてみました。
(テラスに行こうとしたけど、「天正」は鍵がかかっていて
あいていなかった・・・アタリマエか。)

急な坂をてくてく下って歩いていきます。
坂

月が綺麗~!
空は、淡いパープルとでもいうのかな?モーブがかっていて幻想的!
空

綺麗な空と海を見ることができ、朝から幸せな気持ちで一杯でした。
空
スポンサーサイト
五足のくつ(天草) |  トラックバック(1) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

2008年04月18日(金) 石山離宮・五足のくつ
熊本県・天草諸島の下島にある温泉地で、天然記念物「妙見浦」をはじめ、絶景と呼ぶにふさわしい景色が広がっています。下津深江川沿いの温泉街には十数件の旅館が建ち並び、裏通りには特産物である「石畳」が敷かれています。源泉かけ流しの温泉と、趣向を凝らした海鮮料...
温泉生活check  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。