FC2ブログ

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年11月17日(土) 記事No.117
なんだか最近バタバタしていて、ネットから遠ざかっておりました。
コメントも遅れていて大変恐縮です(><)
ゆっくり目ですが更新していきますので、よろしくお願いします。

さて、11月頭に群馬の「水上山荘」に行ってきましたので、感想等。
入口

ここは、
・群馬県内
・新幹線からの訪問がラク
・源泉100%、
・景色のいい露天風呂
・夕食が美味しいというウワサ
というあたりに重点を置いて選んだ宿です。
露天風呂付の部屋を2部屋とりたかったのですが、
3ヶ月前の予約の時点で、露天風呂付の部屋の空室は1部屋のみ。

しかも「露天付の部屋は、階段が部屋の前にあるので、
足腰の弱い方は無理かもしれません」・・・とのこと。
どういう構造なんだだろう(エレベーターがあるのに・・・?)
と不思議に思いつつ色々聞いたのですが、イマイチ具体的にイメージできない。
とりあえず、その露天付の「萩」の部屋を予約して、
もう一部屋は広めの和洋室だという「きらぼし」にしました。

到着後は、すぐにお部屋に案内されました。

「萩」の部屋は、予約時に「足腰が弱い方には向きません」と言われた後、
人数変更や予約確認の際にも必ずこの点を念押しして確認されたので、
「そこまで言うとは、一体どんな階段?」と思っていたのですが・・・
↓この急な階段を降りたところに、「萩」の部屋がありました。
うう、確かにきつい。
階段

かなり急な階段ですし、ここを毎回上がって大浴場に行くのは私でも面倒です。
事前に念押しする理由がわかりました。

お茶菓子はこんな感じです。(手をつけていないので味は不明)
お茶菓子

「萩」の室内。入って手前が和室で、その奥が絨毯敷きで掘りごたつがあります。
山の景色はあまりないものの、窓が大きく、庭の紅葉がきれいでした。
hagi

萩2

和室2

写真にありませんが、萩の部屋のTVは薄型でした。(きらぼしの部屋はブラウン管)
広さだけでいえば「きらぼし」の方が部屋は広いですが、
やっぱりこちらの部屋の方がいいお部屋ですね。
萩3

こちらは洗面所です。バスローブがありました。
洗面所

アメニティは普通・・・コットン、麺棒、ヘアブラシなど。
個人用の化粧水や乳液類はありません。
アメニティ

浴衣は男女色違いで、1枚でした。
少々寒かったので、たびソックスがあったのがうれしかったです。

部屋付露天はこんな感じです。
露天

お庭に面している大きな窓があり、開けて入ると想像より気持ちがいい。
ただ、駐車場が近いのか?朝は車の音が聞こえました。

浴槽の中には、石の背もたれのある椅子が二つ造ってあります。
この椅子部分に腰掛けると、お湯の水位は腰くらいまで。
入る前は「半身浴ができる!」と思ったのですが、
半身浴するにはお湯の温度が低すぎ!!
あまりに寒かくガタガタしてしまったので、椅子には座らずに
首までお湯に浸かっていました。
露天2

洗い場です。
洗い場


こちらは4階の「きらぼし」の部屋の入口。
きらぼし入口

バス無しの和洋室のお部屋で、トイレはシャワートイレでした。
和室9畳(だったかな?)+洋室10畳くらい。
和室

洋室には掘りごたつではない普通のタイプのコタツと、
ソファ(夜はベッドになります)が2つ。
ロッジ風のお部屋で、予想より広々していました。
天井には天窓があるため、室内はかなり明るいです。
リビング

きらぼしリビング


暖炉、カウンターがあります。(カウンターの下には冷蔵庫があります)
冷蔵庫はいわゆる差込型のものですが、下の方に少しスペースがあり、
少々なら持ち込んだ飲み物が入ります。
暖炉

窓のとなりにある化粧台には、洗面がついていました。
化粧台

4階ですから、景色はなかなか綺麗なはず・・・なのですが、
残念なことに、窓ガラスは金属線が入ったもの。
さらに窓全体に独立した網戸がついており(↓の写真は網戸を開けて撮影)、
それらが邪魔で、すっきりと景色が見えません。
窓

(窓を全部開けてしまえば金網も網戸も関係なく外が綺麗に見えるかな~
と思いきや、あまり開きませんでした)
こちらは窓ガラスの隙間から撮影。曇っていて残念です。
晴れていれば、谷川岳が綺麗に見えるなのですが。
山


今回、2部屋とっての感想・・・「館内がかなり入り組んでいる!」という感じ。
EVを降りてからぐるぐる廊下を歩きますし、遠かった。笑
非常に間の抜けた私は「2部屋が近いかどうか」聞かなかったのですが、
部屋の位置によってはかなり歩くので、気を付けたほうがいいかも・・・
(って、こんなの当たり前ですね)
スポンサーサイト
水上山荘(水上温泉) |  トラックバック(1) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年11月27日(火) すごい階段^^;
かなり急な階段ですね~
ちょっと面白い造り?な建物なんですね。
宿内探検してたら迷ってしまいそう^^;

和洋室のお部屋はソファが2つあるのがいいですね!
それに暖炉も素敵☆

きらぼしの方の露天(?)は結構広いのですか?
やはり景色を堪能するには上層階のお部屋の方がいいのかしら・・・
お料理も楽しみにしていますね^^
モア |   | コメントを編集 | 
2007年11月28日(水) こんばんは(^^)
モアさん今晩は~♪

すみません、私の書き方が分かりにくいのですけど
「きらぼし」は、お風呂がない部屋なんですよ~。
(露天付のお部屋は「萩」しか空いてなかったのです)

本当は「桂」の部屋の露天からの景色がすばらしいと
聞いたので、そこにしたかったんですが、
人気部屋なので、とれませんでした。(あーん惜しい~)

和洋室は、思ったより広くてよかったです♪
これでお風呂があればねえ、って思いました。

やはり山の景色を見るなら上層の部屋がよさそうですね。
館内は入り組んでいるし、部屋によって大分景観が違うので、
部屋指定マストです!
しま |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

2008年05月28日(水) 水上山荘
水上温泉から谷川をさかのぼった谷川岳南麓に沸く温泉地です。賑やかな温泉街がある雰囲気とは異なり、山あいに温泉宿が点在しています。周囲は深い緑に囲まれており、かつては谷川岳への登山基地としての利用が多い土地でしたが、最近ではその静寂な環境に魅了され訪れる...
温泉生活check  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。