FC2ブログ

  • 2015年05月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2015年05月26日(火) 記事No.422
またもや長い間放置ブログになっていましたが、
最近の我が家の育児&宿事情について書いてみます。
(宿と直接関係ないので、興味ない方は写真のあたりまで
 飛ばして下さい)

私がしばしば娘について「落ち着きがない」だの「うるさい」だのと
書いていると思いますが、しま子は、冗談ではなく本気でうるさいです。
しかし、逃げるときは無言です。

私が最近思うに、この世には二種類の子供がいる・・・
親が横にいるときに「逃げる子供」と、「逃げない子供」です。

我が家の娘は「めちゃくちゃ逃げる子供」で、しかも、追わずに
放っておくと、どこまでも後ろを振り返らずに走り去っていくような
子供でした。

新幹線でちょいと旅行に行けば、小田原駅新幹線ホームで
突如私の手をむりやり振り払って疾走してみたり
(今でも思い出す、「ああ、もう終わった」と思った瞬間)

ショッピングセンターでのお会計で財布を出すために一瞬
手を放したすきに疾走してみたり
(お会計カウンタは危険地帯。
 最近は会計中、しま子を目で殺しちゃうくらいの勢いで凝視してます。
 会計してる店員の方とか見てたらダメ、絶対!
 しま子が逃げる危険>>>>カードをスキミングなどされる危険)

遠足の際、広い公園で「どこまで走るのか・・・」と思いながら見ていたら
豆粒くらいの小ささになるまで遠くに走って行きました。
(周りのママ友が「すごい遠くまで行くね・・・」と引いているのを
 若干感じました)

四歳になったある日、ショッピングセンターにて、私がトイレに行く間
私の母(アラ還)に「絶対手を離さないでね!!」としつこくお願いして
しま子を預けて戻ったところ、トイレから出てきた私が見たのは、
凄いこわばった顔でしま子を探して走る母の姿・・・
(しま子=手を振り払って逃げて軽く行方不明)

こんな子供に対する対策として、
「やってはいけないことについて子供と事前に約束するのが重要」と
聞いたので、あらためて「ちゃんとお店ではママのそばにいてね?」
とか約束したうえで本棚買いに家具屋にいったら、棚の幅を図ろうと
手を放したほんの一瞬のスキに消えました。

も~~どうしたらいいのよ、と思いながら、私のきょうだいに
「そちらの子どもについてはどう対策してるう~?」とか聞いてみたら、
「手をつながなくても、黙ってついてくるけど・・・。」
なんだとおおおお!!呪われろ!!

とりあえず、「首に鈴をつけるといい」との提案が出たけど(by実母)、
ドラえもーん・・・

マジで病気なんじゃないのとか思って保育園の先生に園でもこんなもんか
聞いてみたら
「逃げません」
「言うこときいてます」
「手も振り払いません」
「本当にしま子ちゃんの話ですか?他のお子さんの話聞いてるみたいです」
えっやだなにそれこわい。

まあ、こんな子供なので、海外に行くとか絶対ありえないわけです。
周りのママ友ファミリーはたいがいとっくに海外デビューしていて、
「しまさんちは海外は?」って聞かれることもしばしばなのですが、
海外なんかに行った日には、しま子がガチに永久リリースになる
可能性が頭をちらついて、想像するだけで・・・
おおおおおおおおおおおおおお恐ろしい。

モルディブとまでは言わないが、台湾とかハワイとか行きたいけど・・・
クルーズとかも興味あるけど・・・
いつの日か、しま子が「逃げない子供」に仕様変更される日まで、
我が家は国内旅行専門で行くしかない。と思う日々です。

さてそんなしま子ですが、旅行に行った先が普通の旅館だと
「つまらない」みたいなことをちょいちょい言うようになりました。
そうかいじゃあしま子をもっと喜ばせる旅行にしよう、ということで、
千葉の「南房総富浦ロイヤルホテル」に2回泊まっています。

以前は旅館中心で、ホテルってほとんど利用しなかったですが
(客室数抑えめで広い大浴場あり、みたいな旅館のほうが好きだし・・・)
あえてこのホテルに行く理由というかお目当ては、
ハローキティで埋め尽くされた「ハローキティルーム」なのです。
全国のダイワロイヤルホテルズではハローキティルームを備えた
ホテルがいくつかあるそうですが、関東ではここだけとのこと。

ハローキティルームはこんな感じ。
床はコルクですから、素足で歩けるのがうれしい。
客室1
ベッドがくっついてるので助かります。
客室2

客室3

何より、この大きなキティ!!!予想以上に大きく、そして重い。
ベッドに寝かすと、もはや誰もそのベッドには寝れません。
客室4
子供サイズの椅子・テーブルがあるのも子供にとっては
嬉しいようです。

しま子「ベッドで一緒に寝たい!」
夫「こんな大きなぬいぐるみと寝れるわけないでしょww」
しま子「ぷぎゃー(泣)」
みたいな一幕も。

しま子、キティと軽くプロレスごっこ。
客室6

「鼻が気になるわ!もいだらどうなるの?」
客室7
こうやって遊んでくれているとかなり助かります。

海側の客室からはこんな景色が見えます。
客室

子供用アメニティもキティです。
アメニティ

湯沸かしポットもキティ・・・
客室5

室内にはユニットバスがあります。
最新ってかんじではなく古さを感じますが、でもまあどうせ
お風呂は大浴場ですし、許容範囲の古さ。

夕食は中国料理レストランを予約。
海がきれいに見える席とまったく見えない席があるので、
景色にこだわるなら事前にお願いしておくといいですね。
1回目はこんな素敵な席に案内されました~
席
は~~気持ちいい・・・
席2

これまで2回とも中国料理にしていますが、
かなりあっさりした優しい味付けで、美味しいと思います。
私にしては珍しく、料理長のお名前を覚えました(仲間料理長とのこと)

ただし、混んでいると、「いくらなんでもここまで待たすか!?」ってくらい
料理の間隔があいてしまうこともあり・・・
うちの夫は、目的が何であっても待つのが大嫌いな人なのですが、
ここの味がとても好きだそうで、また行くとしたら待ってもいいので中華にしたい!
と言っていました。珍しい。
食事1
食事2
食事3
食事4

ふかひれとあおさの入ったスープが茶わん蒸しにかかったもの。
生まれて初めて食べた味ですが、美味しい。
食事5

牛ひれ肉のあぶり焼き 花巻添え
食事6
エビチリもありましたが写真を忘れました~

野菜入り鶏飯。スープをかけていただきます。
しっかりしたしいたけのおだしで、中華っていうか日本料理ですが、
すごく美味しかったです。
食事7
食事8

デザートは、まあ普通。
食事9

大浴場はわりと常に混んでいるので写真なしです。
大浴場は低い位置にあるため、海が見えないというか景色がほぼ
ゼロなのが残念かな。

キティ好きのお子さんがおられる家族にはおすすめできると思います。

定期的に、娘が思い出したように「キティちゃんのお部屋に行きたい!」
と言い出します。
せっかく旅行に行くならもっと違う宿に行ってみたいし・・・ということで
「まあまた今度ね~」とごまかしているのですが、
大人向けの静かな旅館に行ってしま子の相手をずっとするよりも、
キティと格闘してくれてるのを眺める方が私がラクかもしれないし
また行ってもいいかなあ。

この後、キティルームに喜んだ娘に、さらなる喜びを与えよう!!と
私が予約した某ホテルの某企画部屋で、大変痛い目にあいます。
その話はまた今度。
スポンサーサイト
南房総富浦ロイヤルホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。