FC2ブログ

  • 2011年08月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年08月31日(水) 記事No.387
2010年3月に、箱根芦ノ湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店に
泊まってきました。
宿泊後感想を下書きした後、写真を取り込むのが面倒で
放置していたのですが、今更ながら写真を入れてUPします。

ここは、「源泉かけ流しの、温泉らしい温泉にちゃぽっと
つかりたい」と思って選んだ宿です。
本当は1月や2月の寒い時期に宿泊したかったんですが、
雪道に不慣れなので箱根ドライブは危ないよな・・・と、
3月に宿泊することになったもの。

今回宿泊したのは「芦笛」というお部屋。
露天風呂つきの、フラットタイプのお部屋です。

宿泊前、夫が「部屋に露天ついてなくてもいいじゃん」等と
言っていましたが、
「この宿の大浴場は内湯だけだから、お部屋に露天がないと、
露天風呂には入れないんだよ?」と言ったところ、
「おお、それは部屋に露天必要だな!!」と。

チェックインの際、フロント横のソファスペースで
お茶をいただきます。
パブリック
外観はいわゆる昔ながらの旅館的な雰囲気ですが
このスペースがかなりモダンなので、夫はギャップに少し
驚いたみたいでした。

お庭が見えて落ち着きますね。
光のボールが気になるけど・・・
パブリック1

その後お部屋へ。
お部屋へ移動するには、このような階段を下がって上がって、
というのを避けられず。
レトロな雰囲気で素敵なんですが、足腰が弱いと辛そうです。
(スタッフさん達はここを毎日何度行き来するのかな。
 足が鍛えられそうだな)
階段

和室8畳。
室内1
TVが床の間にそのままおいてあるのに少々びっくり。
まーこのTVの置き方はいただけないですね。
美しいかどうかとか以前に、とにかくTVが見辛かった。

広縁。手前奥には水屋があります。
ガラス窓の向こうのすだれは、部屋付き露天の目隠し。
室内2
こういう座布団、座り心地が良くないので私は苦手です。
いつもなら「明るい広縁で本でも読もう」って感じなんですけど、
実際この座布団に座ってみたら、硬いわ寒いわで、
ここにいたいとは思えないスペースでした・・・

素敵空間を目指すのは良い事だと思いますが、
デザイン性>>居心地、なのは勘弁してほしい。
ちゃんとくつろげる座布団や座椅子を置いてほしいなあ、
と感じました。

和室の奥はベッドルーム。
フローリング+お布団、ていうタイプ。
室内3
ベッド


部屋付露天風呂は源泉かけ流し。
奥にタオルを置けるスペース(本来は湯冷まし時の椅子にでも
使うのかな?)があって良かったです。
露天1
浴槽は2人でもゆったり入れるくらいの大きさ。
目隠しのすだれがあるので景色は全くありませんが、
静かだし、とっても気持ちよかったです。
温度が少し高いので、事前にお水を出してから入りました。
露天2
露天3
このお風呂は、予想したよりずっと良かった♪
お湯は硫黄のい~い香りだし、湯の花が舞っていて、
入った後は肌がつるつる♪
お湯の色も、時間によって変わっているみたい。
薄い緑色がかった色だったり、少し白くなったり・・・
箱根にはこんなに良いお湯につかれる宿があったのか!
全然知らなかったなあ、と嬉しくなりました。

普段は「温泉の泉質なんかマジどうでもいいよ。水道水で
何がいけないの?塩素臭?んなもんお前の気のせいだ」
と言って憚らないわが夫ですら、
「こういう温泉らしい温泉って、いいもんだね~!」
と、何やら嬉しい様子でした。

惜しいのは、浴槽の中に段差が全くないことですね。
湯船に入るときやあがるとき、少し力を入れて動作しないと
いけないんです。
この時妊娠中で、「お腹が大きい時期になってからだとしたら
あがるのが結構きつかっただろうな~・・・」と感じました。
段差が1つだけでもあれば、もっと入りやすいお風呂に
なるんだけどなあ。
段差があれば半身浴も出来るし。

シャワーブース。
シャワーブース

洗面所も結構狭いです。
洗面所
バスローブがあるのは◎でしたが、バスタオルが1枚だけなのは
大分がっかりでした。浴衣も1枚。
この値段帯で露天付でも1枚なのか・・ううむ、と。

そういえば、「お風呂用の籠バッグが脱衣所に用意されていて、
大浴場に行くのに良かった」という感想を他の方のブログで
読んでいたんですが、今回は籠バッグはありませんでしたね。
なぜだろう・・・?

さてお部屋についての感想。
写真で見る限りは良さそうなお部屋なんですけど、
問題だったのは、やはり上のお部屋の物音ですね。

旅行前、「音が気になるなら下の階の部屋はやめた方がいい」
といううわさは聞いていたんですけど、
私も夫も音には結構鈍感な方だし、平気じゃないかな??
なんて、軽く考えてしまっておりました。

が、現実的には全然平気じゃありませんでした。
とにかくですね、上階の足音が響く響く響く!!
特にベッドの直上あたりから音がするんです。
お風呂に入った後、お昼寝でもしようと思ってベッドに
ゴロンと横になったのに、「バタバタバタバタ・・・ゴトンガタタ」
等という足音がかなり大きく響いてくるので、
もう、全っ然眠るどころじゃない。

お子さんだったのか、それとも普通の大人の足音だったのか
分かりませんが、結構な値段を払ってるのに、温泉に入った後に
お昼寝も出来ない部屋なんてありえない!!!
あーー失敗したうわーん!!等と騒いでました。

普段物音に鈍感な旦那ですら
「これさあ、夜もこのままならまともに眠れない位じゃない?
あちらが早く寝てくれればいいけどなあ。
そうじゃなかったらキツイな・・・」と。

「ゴメンね、音が気になるというのはネットで調べて知って
たんだけどさー」、と夫に謝りながら、
この宿に再訪するならば、確実に物音が聞こえにくい部屋を
指定しなきゃダメだな、と心底思いました。
スポンサーサイト
鶴鳴館 松坂屋本店(箱根芦ノ湯温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年08月28日(日) 記事No.389
私達夫婦&私両親の旅行をどこにするか、目下検討中です。
探している条件は
1.源泉かけ流し
2.白濁湯
3.部屋付き露天あり
4.東京から200キロ以内で、かつ新潟からも同程度のアクセス 
 (ちなみに私の希望候補地は、長野 > 栃木・群馬あたり)
5.部屋食

これもできれば、という条件は
6.高級宿
7.那須はパス(前に行ったので)
かな。

うーん。私の知識が足らないのか、なかなか条件を満たす宿が
みつからないです。
両親は長野県の白骨温泉や山田温泉ラブ!な人達なので、
そのあたりの白濁湯の温泉旅館にしたら喜んでくれるんだろうけど、
いざ東京からの距離を調べると、どうしても片道250kmやら
270kmやら・・・
あー遠すぎる~OTL
赤子連れなので長距離ドライブは良くないだろう、というのと、
元々あまり遠出しない夫にとって、250kmの運転はきついと
思われ。
小布施に行ってスイーツ三昧をしてみたいけど、思ったより
遠いことが分かりました。

宿探しが難しいのは、1(源泉)+2(白濁湯)があるから
というのが大きいんですよね。たぶん。
これが無ければ、結構あるような気がする。

夫に相談したら「条件をサクっと無視して、食事が超旨い宿に
するのが俺は良いと思うなあ!!(ニッコリ)」
とか言うんですけど。これはナイな・・・
あと前も似たようなこと言ってたな、この人。


ゆ宿「美や川」(奥日光湯元温泉)の温泉内湯付特別室は
源泉かけ流しの白濁湯だし、いいんじゃないかな~と
思ってHPを見たら、就学前の子どもは宿泊できませんでした。
我が家は当分無理だわ。はー残念。OTL

「悠湯里庵」(群馬の川場温泉)は、
白いお湯じゃないけど源泉かけ流しだし、
お部屋はとーっても広いし、露天付客室きだし、
何より両親があまり自分で選ばないタイプの旅館。
こういうのもアリかな?と思ったけど、ものすごい満室に
次ぐ満室で、土曜日宿泊なんて無理。
はーまたもや残念 OTL

「小瀬温泉ホテル」(軽井沢)も、白いお湯じゃないけど
源泉かけ流しだし、お風呂が良いと評判のようだし、
いいんじゃない?と思ったけど、距離が少しだけ問題かなあ。
我が家からより、両親の家からの道中が100キロほど長い。
そしてお部屋に露天風呂はナイので決定力に欠ける。
うーむ。

こうやってPCに向かってうだうだと悩んでいるうちに、
予約競争に乗り遅れて、予約ができなくなりそうで怖いですね。

とりあえず今のところの候補は、「ゆの森」(奥日光湯元温泉)さん。
各部屋に白濁湯の源泉露天風呂付きのお宿です。
室内が基本的に1ルーム仕様なのと、部屋食ではないのが
ネックですけどね・・・
(2部屋ないと、赤子が寝た後はTVすら見れなくなる(汗))

「ぶっちゃけ湖山荘に行っちゃいたい!!」というのが
血反吐吐きそうな私の本音なんですけどね。
なんですけど、全員から反対されるだろーし、この距離で
車移動は現実的に無理だしーー。
ホント願望で終わっちゃうな。誰にも言えないわ。ふいー。


温泉旅行計画 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2011年08月26日(金) 記事No.386
7月に九州旅行に行った後、娘も私も体調を崩してしまい、
すっかりブログ更新もさぼっておりましたが、
最近ようやく回復しました。
またぽつぽつ更新していこうかと思います。

ちなみに、九州旅行で宿泊したのは次の旅館です。

・湯布院温泉 山のホテル 夢想園

この宿に決めた理由は、「とにかく大きな部屋付露天に
入りたかった!」から。

温泉情報誌で、この宿の「摘草の間」には、家族で入っても
まだ余るようなものすごく広い露天がある、と掲載されていたのを
記憶しており、いつか湯布院に行くなら、その部屋に泊まりたい!!
と思っていたんです。

が、しかし、事前にお宿のHPの写真を見ても、イマイチ湯船の広さが
把握できないし、特に広いお風呂だともアピールされていないし・・・
しかも、お部屋の和室の写真も、なんか特別良い雰囲気ってわけ
じゃなさそうに見えるし・・うーん。

この部屋のためにお宿を決めたのに、実際行ってみたら
たいしたことなかった、なんてことになったらイヤだな~、
なんて不安も感じつつ行ったのですが、宿泊してびっくり。
予想以上に湯船が広~~い!!
室内も良い雰囲気だし、すごしやすい♪
結果的には、大満足な旅行になりました。

・別府 上人ケ浜温泉|潮騒の宿 晴海

この宿に決めた理由は、「海をばーんと見渡せる部屋付
露天に入りたかった」から。

期待していた部屋付露天は思ったよりも狭くて、少し残念。
まあしかし、お部屋のテラスからは海が綺麗に見えるし、
テラスの椅子に座り、目の前に広がる海を無心に眺めて
波の音にひたるにはとてもいい宿だと思いました。

ただ、せっかくの旅行だったのに、ここに宿泊した日から
体調を崩してしまっており・・・
宿の自慢の、海一望の大浴場の露天にも満足につかれず、
旅館を満喫することができませんでした。
は~~残念・・・OTL


さて、今回の旅行で良い発見もありました。

旅行に行く前は、私はあまり大浴場には行けないだろうな、
と思っていたんですよね。

というのも、娘・しま子が、ついこの間まで俗に言う場所見知り?を
していて、外出先に限っては、夫がどれほどしま子をあやしても
私がいないことにはギャーギャー泣いて泣いてどうしようもない、
という状態になることがあり・・・。
私がいない間に旅館の部屋でそんな風になったら
夫はかわいそうだし、声が漏れれば周りにも迷惑だし、
しま子が運よく寝てくれないと、大浴場はいけないかな、と。
(なので、「私が大浴場に行けなくてもへこまないですむくらい、
 部屋に良いお風呂があるところ!」という宿選びをしました)

が、実際に旅行に行ってびっくり。
私が部屋にいなくても、夫がかまってあげていれば
しま子はずっとニコニコしているではないですか!

え~っついこないだまで凄い泣いてたのに・・・と驚きましたが、
そうか、こんな風にどんどん成長していくんだなあ、
いつまでも同じじゃないんだ、と気づきました。
嬉しいような、少し寂しいような。

とはいえ、夫に安心してしま子を見てもらえることがわかった今、
再び旅行欲がむくむくわいてきたように思います。
また宿泊したい温泉旅館探しでもしようかな~。
湯布院・別府旅行2011 |  トラックバック(0) |  コメント(8) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。