FC2ブログ

  • 2011年06月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年06月22日(水) 記事No.385
お食事はお部屋で。こちらがメニューです。
メニュー

前八寸を見た瞬間、小さく衝撃が走る。
「三色団子」が出る旅館の料理に大分嫌な思い出のある私。
もしかしてここの旅館、お料理良くないんじゃ・・・

旦那も何か思い出したようで、
「この旅館は、料理は美味しいって言われてるんだっけ?」
とか聞いてくる。
やばい。旦那が開けてはいけない記憶の扉を開こうとしている。
本当は「三色団子危険信号www」とか言いたかったところをこらえ、
「あまりネットで評判見れなくてさ」とか
モゴモゴごまかしつつ、ハラハラしていたんですが・・・

食べてみたらとりあえず普通。良かった~~。
料理1

この後、旦那にはお刺身。
旦那は一口食べて(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー連発。
とても美味しかったそうで、
旦那は「ここのお料理、良いんじゃない?」
と喜んでいました。
料理2

私にはお刺身ではなく、蟹。
(この時期、私は生ものを避けていたので、
 お刺身はやめてほしいとお願いしたところ、
 カニにかえて下さいました)
これも(゚д゚)ウマー(゚д゚)ウマー
美味しかったです♪お皿も素敵な色だし。
料理3

鯛しんじょ 人参素麺。おだしが美味しかったです~
料理4

筍射込み(鮭児、牛肉、海老)、蕎麦掻田楽
鮭も牛肉も、筍もやわらかくて美味しい~~!
蕎麦掻田楽の甘さもいいです。
料理5

新筍と飛竜頭。やさしい味で美味しかったです。
料理6

蟹爪の湯葉巻揚げ、海老ずんだ揚げ、たらの芽
これも文句無く美味しい♪
料理7

伊勢えびサラダ
料理8

よもぎ蕎麦。ご飯+お椀も選べますが、
私達はおそばにしました。
ご飯かそれ以外かを選択できるのはうれしいですね。
白米におつけものにお椀、っていうのに
最近飽きてしまっている気がして・・・
料理9
シャーベットとデザート。
桃のシャーベットだったかな。美味でした
料理10

お料理は満足です!最初から最後までしっかり
楽しめました♪
こちらの宿は、事前にそれほど沢山のクチコミを
集めることができなくて、実際のところ、
どんな感じの料理なんだろうなあ・・・と、
少々不安に思っていた部分もあったんですけど、
旦那と二人で、「どれも美味しいね!」と言いながら
夕食を終えました。

夕食後お布団をしいてもらい、夜食をいただきました。
美味しいおにぎりでした♪小さめで良かったです。
小食気味な旦那は「そんなに食えるか!」とか言って
食べてなかったですけど~
夜食

翌朝の朝食は、和食・洋食から選択でき、
さらにごはんの種類や卵料理、ドレッシングを
選べるようになっていました。
私達は2人とも和食をチョイス。
朝食メニュー

朝食もお部屋でいただきます。
朝食1
朝食2
朝食3
朝食4
朝食5

だしまき卵はあつあつのほわほわ。
美味しかったです。
朝食6
焼き魚も美味♪干物もいいけど、やっぱり
こういうのが一番かなあ。
朝食7
朝食8
大変美味しい朝食でした。

以上、1人32000円くらいだったかな。

良かったこと
・とにかく桜がすばらしかった~~
 桜の鑑賞には最適な宿!!
 露天に入浴しながら、頭上の満開の桜の枝が揺れるのを
 眺める時間、まさに至福でした。
 例年ならばもうとっくに桜は散っている時期だそうで、
 2010年の桜の開花が遅かったおかげなんですが、
 ラッキーな旅行になりました。

・お食事はとても美味しかった!
 お刺身のかわりに出してくれた蟹もとてもいいものでした。

・朝食のお料理で、種類を選択できるものが多かったのは
 いいですね。

・部屋が離れになっているので他の客室の物音が全く聞こえず、
 静かにすごせました。
 逆に、赤ちゃん連れとかでも気にせずすごせそう。
(私の写真にはありませんが)廊下の一角にキッズコーナーの
 ようなものもあり、しっとりとした大人向けの宿に見えたけど
 子連れを歓迎しているのかな、と思いました。

・タオルは全てのお風呂に置いてあるので、手ぶらで入浴に
 いけてらくちん。

・お部屋の露天風呂は広々していました。
 使いやすそうな形だし、のんびり入れそう。

・くつろぎサロン(石橋アイ記念文庫)にはわりと色んな本が
 あるので、時間が余ったとき読書するのに良かったです。

残念だったこと
・客室の露天風呂は、虫が沢山浮かんでいたせいで、
 私は残念なことに入る勇気が出なかった・・・
 宿泊時期と排水溝の場所の問題なのかなあ?
 お湯は流しっぱなしで、とうとうとお風呂に流れ込んで
 いるのですが。ううー残念 OTL
 夫は「虫上等!」とか言いつつ気にせず入浴していましたけどね。
 
・桜の見える露天風呂は、予想より浴槽が小さかったかな。
 グループのお客様と一緒になったら、遠慮して出てしまう
 だろうな~という感じ。 

実際に訪問する前は、離れの宿とうたい、茶室があるのに、
カラオケスナックが存在する。というのに少々違和感を感じ、
うーん、ちょっとどういう感じの宿なのかな・・・と
躊躇していた部分があったんです。
しかし訪問してみると、館内は静か、スタッフの方も
おしつけがましくなく丁寧で、食事は美味しいし・・・
良い意味で裏切られました。

桜の咲く時期に訪れたら、素晴らしい思い出がひとつ
増えること間違いなし、な宿でした。

2010年、GW宿泊。
スポンサーサイト
離れの宿よもぎ埜 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2011年06月15日(水) 記事No.382
2010年GWに、福島の磐梯熱海温泉で「離れの宿よもぎ埜」と
「熱海荘」に泊まってきました。

妊娠が分かって以来旅行を控えていたんですが、
二日酔いのようなつわりがようやく落ち着いてきたので、
GWでも比較的空いている(のでは?と思われる)
常磐道で温泉でも・・・と思って行った旅行です。

1泊は、料理がとても美味しく、旦那が大好きな熱海荘さん
再訪にしよう、ということで、すぐに決定。
(階段が少々多いため、抱っこ必須の乳児・幼児がいたら
しばらく宿泊できなさそうだし・・・)

しかし、もう1泊がなかなか決まらない。
お宿の条件は、
・朝夕、部屋食
・大規模旅館はパス。静かにゆったりすごせそうな宿
・部屋付露天あり(熱海荘は景色重視で露天のない部屋に
 決めたので)
・高速インターから近い(あまり長いドライブはしたくない)
という感じ。

那須で探しましたがちょうどよい空室がみあたらず、
熱海荘から近すぎるかな~と思いつつも、
同じ磐梯熱海温泉の「離れの宿よもぎ埜」さんに決めました。

GW旅行1泊目は、このよもぎ埜さんへGO。

宿の駐車場に到着してすぐ、大喜び~~
全く予想していなかったのですが、
桜が見事に満開なんです!!
駐車場

この茶色の建物がお宿です。ここにも立派な樹がたくさん~~。
2010年春は、つわりで家にとじこもってばかりで
桜の鑑賞が出来ていなかったので、本っ当にうれしい!!!
桜2

それではお世話になります。
玄関


到着後ロビーでゆず茶をいただき、
お部屋へ通されました。

お部屋は「花ごろも」。
10畳と8畳の和室で、露天つきのお部屋です。
離れのお部屋といっても、普通に廊下でつながっている
つくりなので、天気や暑さ寒さに関係なく過ごせます。

こちらの宿はそれぞれのお部屋の仕様がかなり違うので、
お部屋選びが重要ですね~
お宿のサイトで、各部屋の間取りが詳しく見ることが
できたので、PCの前でじっくり考えて選べるのが
地味にうれしいところです。
面白いところでは、ジャグジー付き専用露天風呂+
パターゴルフガーデンがついた部屋がありますね・・・
そこには泊まらなかったけどw

こちらは、10畳の和室。
部屋食なので、ここで食事をとりました。
室内1

もうひとつの8畳の和室は、こたつがある部屋でした。
しかし、ついてすぐ旦那がくつろぎはじめてしまい・・・
「撮影するからどいてくれ」とは言えず、写真がありません
OTL

おつきのお菓子は板長さんが作られた羊羹。
こたつでいただきました。
和菓子があまり好きではない旦那も「美味しい!」
と言っていました。
お茶
仲居さんと桜について話したところ、こんなに桜の
開花が遅いのは珍しいのだそう。今年は4月になっても
雪が降っていたくらいだから・・・とおっしゃっていま
した。

室内の冷蔵庫
1
冷蔵庫

洗面所
室内
洗面所の奥にある内風呂です。
私は使用しませんでしたが、ここも窓があって明るく、
気持ち良さそうなお風呂ですね。
内風呂

こちらが和室横のお庭にある客室付露天風呂。
温泉がずっと流れ込んでいます。
予想より大きくて、2人でものびのび入れる広さ。
そして、真ん中の橋の部分に物を置けるので、
ここにお酒を飲みつつ、本を置いて読書、とか
そういうこともできちゃう。
客室露天
旦那は早速瓶ビールとコップを取りに行き、
橋に置いてビールを飲みながらお風呂でまったり。
「こういう露天風呂の形、酒が飲めていいねー♪」と
ニコニコしていました。

ただですね、お風呂の構造のせいなのか時期のせいか、
湯船に羽虫のような虫が浮かんでいて・・・
全部とるのはなかなか難しそうだったため、
虫嫌いな私は、一度も入浴しませんでした。
うぐぐ、大ショック。OTL

旦那には「何のために露天付の部屋に泊まってるんだ!
虫を気にせずっつーか忘れて入ってみろ」と言われましたが、
コンタクトをはずせば見えないかな?等と考えてみても
いやいや虫と入浴、無理だし。という結論になり・・・。
いっそ部屋付露天の存在自体を忘れたことにするしか
ないわ。

とりあえず桜が綺麗に見える、という露天風呂へ行くことに
しましたが、その露天には洗い場がないそうなので、
まずは内風呂へGO!

露天風呂こそないものの、大きな窓があり、開放感があって
明るいお風呂です。
窓から満開の桜が見えるのが超幸せ~!!
内風呂1
内風呂2
脱衣所の身支度スペースにしっかりした椅子が
あるのは◎ですね
脱衣所
脱衣所にマッサージチェアがありました
脱衣所

もうひとつの内湯(入れ替えで女性用になります)は
こんな感じ。
少しだけ窓が小さいかな~
内湯


その後、桜がよく見えるという露天風呂へ。
こじんまりした脱衣所ですね。
でもタオルはあるので、部屋から持参する
必要はありません。らくちん~
脱衣所

わ~~いすばらしい!!
露天1
お湯につかりながら見上げる桜の美しいこと。
露天2

露天の奥から、脱衣所方向を見たところ。
露天3
お風呂の大きさはそれほどではありませんから
他のお客さんが沢山来られたら遠慮して出ねば、
という感じですが、それほど他のお客さまと
かぶったりはしませんでした。

桜が見える露天は壁をはさんで隣にもうひとつ
あります(後で入れ替え)。このお風呂ですが
左右対称でほとんど同じ感じですね。
露天2
桜の花びらの舞う露天風呂サイコー!!と
声に出したくなるくらいでした。

お風呂に入った後は、くつろぎサロンに行って本を借り、
お部屋でまったり。DVDも少しありました。
パブリック
このサロンにはコーヒーメーカーがあり
好きなときにコーヒーが飲めます。
妊娠中は禁カフェインをしていたので、
私は見るだけでしたが・・・
パブリック2

ロビー横にお土産やさんもありました。
お土産

パブリック

パブリック

少し時間があったので近所をお散歩。
散歩1

磐梯熱海温泉は、お店めぐりができるような温泉街
ではないので(正直、旅館以外にほとんど何も無い
というか・・・)お土産を見るとかお茶するとか、
そういうことができるわけではないんですけど、
桜を探しながらの散歩はなかなか良いですね。
散歩2

道沿い、山の向こう、いろいろなところに満開の
桜があり、春を満喫できました。
離れの宿よもぎ埜 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2011年06月14日(火) 記事No.380
夕食は和食かフレンチで選べたので、フレンチに
しました。

レストランの雰囲気はこんな感じ。
朝撮影したもので、夕食のときはかなり薄暗く
落ち着いた雰囲気でした。
レストラン

19時頃、予約時間になったのでレストランにいったところ、
続々と(かつ、なんだか急いで?)席を立つ他の皆様。
二部制というわけでもないのに、なぜこんなに一斉に
席を立つのかな~と思ったら、この日は野尻湖の花火の日で、
打上予定時刻が19:30からだったんですよね。
ホテルから花火が見える場所まではバスが出ていたとか。
そういう楽しみもいいですね~
(ちなみに、花火が見えるお部屋もあるそうですが、
 露天のないタイプのお部屋だそうでした)
 
夕食にいただいたのはこちらのコース。
よく見たら9000円って書いてありますね。
メニュー

アミューズ。トマトのジュレとホタテだったかな?
料理1

アボカドとマグロ
料理2

ヴィシソワーズ
料理3

子牛のカツレツ
美味しいんだけど、かなり塩気が薄かった記憶が。
料理4

料理5

夏みかんのパイ
さっぱりしていて美味しかった~
しかし、アイスとか添えてあったらなお良かった
かもしれない。
料理6

なんというか、昔ながらのフランス料理やさんに
来たような印象のお料理、とでも言うのかな~
給仕が年配の男性だったというのも、そんな
雰囲気をかもしだしていたのかも。

きちんと作られているし、美味しいと思います。
が、食事目当てで訪問することはないかな、と。
9000円と単独の値段で考えると、少し高いなあ。とも思うw

また、私と友人は、「塩気をもう少しプラスした方が
美味しいのではないか」と感じました。
朝食の卵料理もかなりお塩控えめに感じましたので、
そういうお料理なんでしょうけどね。

給仕は、少しゆっくりめだったかな。

ワインリストにハーフが多かったのは好印象です。
1本飲みきるのはすこし無理かも、というときに
気兼ねなくワインをあけられのは良いですよね。
(禁酒中の私はノンアルコールビールでしたが)

昼間感動した素敵なテラスの奥にはバーがあるそうですが、
この日は禁酒中だったのもあり、お部屋に帰って
部屋付露天に入り、そのまま就寝しました。

翌朝の朝食。同じレストランでとりました。

ヘルシーブレックファストか、アメリカンブレックファスト
で選べます。私はアメリカンを選択。
メニュー

パンは給仕の方が持ってきてくださるバスケットから
好きなものを選べます。勿論おかわりも。
料理1

オムレツとベーコン。
ベーコンで隠れていますが、オムレツは大きく、
ふわふわで美味でした。
料理2

料理3

オレンジジュースとコーヒーもいただきました。

以上、1名40000円ちょい(土曜宿泊)。

良かった事は
・客室の設備は文句なく良し。クラランスの化粧品も気が利いているし、
 ソファのすわり心地、ベッドの寝心地も良かったです。
・客室露天のかけ流しの温泉、素晴らしい♪
 湯の花が舞う客室露天ってけっこう珍しいのでは。
・客室で受けるタイマッサージ、最高に上手でした。都内にあれば
 通うのに、心底惜しい、と思います。
・真夏でも風が涼しく、避暑気分を味わえました。
・駅からの往復送迎バスが便利。

残念だった事は
・お料理は美食めあてにいくとがっかりするかも・・・?
 美味しくないわけじゃないのですが。
・館内は浴衣で歩くのは禁止で、浴衣の上に簡易式の着物を
 着れば大丈夫、ということなのですが、
 この上下が分かれた簡易式着物、夏はちょっとめんどくさいかも。
 (いや、私が元々面倒くさがりなんですけどね)

湯浴みを楽しみつつゆったりくつろげた良い旅行で、
絶対にまたいつか来たい、と思えるホテルでした。
冬に訪れたら、全く見える景色が違うはずなので、
次回はできたら冬に来たいかなあ。秋でもいいかな。

今まで旅館ばかり気にしていて、ホテルはノーマーク?
なのですが、こういうホテルが実は色々あるなら、
もっと探してみなければ!と思いました。笑

いずれにせよ、次回はお酒が飲めるときに宿泊して、
素敵な景色をながめつつシャンパンを楽しんだりなど
したいものです。

2010.7月宿泊。
 


赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年06月09日(木) 記事No.379
日に日に暑くなってきましたね~
このブログを見てくださる皆さんもお元気でしょうか。

私はというと、わが子がどんどん重くなり、かつ色々悪さを
出来るようになってきてしまったので、
どう彼女の機嫌を損ねずにいたずらをブロックするか?
検討する毎日です。

もうすぐ(私の苦手な)夏になってしまう~!と思うと、若干
憂鬱さがぬぐいきれないのではありますが、
今年の夏は、成長する赤子と付き合う、という初体験の仕事が
あると思えば、これまでになく楽しそうでもある・・・
と思えるようになりました。

さて、赤倉観光ホテルの感想の続きで、パブリックです。

新館「SPA&SUITE」のテラスです。
ゆったりしたソファは、外を向いて置かれているのですが
テラス1

そちらの方向は、非常に大きな水盤になっています。
このテラスは完全オープンエアで、晴れていれば
素晴らしい絶景が水盤の向こうに見ることができるはず。
テラス2
とはいえ、私が宿泊したときは曇っていたので、
こんな風に水盤の向こうは灰色の世界。
残念でした・・・

しかしそれでも、このテラスは素晴らしい空間でした。
このホテルに宿泊したことは本当にいい思い出ですが、
最も鮮明に覚えているのは、このテラスのソファで
風を感じながら、ぼーっと過ごした時間ですから。
テラス3

広い水盤ごしに見える景色が、吹いてくる風のさわやかさが、
もう、「とにかく素敵!!!」の一言でした。
俗な言い方しか出来ませんが、海外のリゾートに
来ているような気分。
テラス4

それぞれのソファがとてもゆったり配置されていて、
騒々しい感じがしないのもいいですね。
あ~、ここでシャンパンを飲めたらもっと感動が
深まるんだけどな~。
(この時は妊婦だったので無理)

ホテルのHPを見るに、もしかして雲海が見えるときも
あるのかな~?

大浴場もちょこっと。
内風呂には窓ガラスに目隠しがあり、
内風呂からは外の景色は見えませんでした。
内風呂

大浴場の露天風呂。
露天1
脱衣所のテラスから
露天1
大浴場のテラス

脱衣所は広々していたし、洗い場もスペースが仕切って
あり、使い勝手が良かったです。
脱衣所

露天から見る景色も◎ですし、お湯が良いので
入浴後お肌がつるつる!
また入りに行きたいお風呂ですね。

カフェ
こちらはcafe(開店前)。
今回は時間の都合上お茶できませんでしたが、
晴れた日にここでお茶したら楽しいだろうな~

ホテル内にはホテルメイドのパンやケーキ類を売っている
売店もあり、とても美味しそうでした。
赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。