FC2ブログ

  • 2008年06月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年06月27日(金) 記事No.141
大分時間があきましたが、最後の「ゆめや」のレポです。

朝は、お風呂に行く途中にある廊下にドリンクが
用意されていました。
冷たい飲物はトマトジュース、グレープフルーツジュースに牛乳。
お茶の葉も数種類あり自由にいれることができます。
ドリンク

昨日は雪がなかったのに、朝はもう庭が真っ白でした。
寒くて外をお散歩は無理ですね。
庭


朝食場所については、炭焼きの見えるカウンターか個室の
好きな方を選択できる、後は宴会場になると言われていました。
いつもなら個室にするのですが、炭焼きが気になったので
今回はカウンターでお願いしていました。
(この個室とカウンターは早い者順だそうで、埋まると自動的に
宴会場で朝食になります。)

そして「カウンターは少々遠いので、予約いただいた8時半に
お部屋に迎えにあがりますから」とのこと、方向音痴には助かる♪
と朝食を楽しみにしていたのですが...
翌朝、8時半を過ぎてもいっこうにお迎えがこない?
朝は忙しいし遅れてるのかなあ、とそのまま待っていたところ、
8時45分頃、お迎えがきました。

が!連れて行かれたのはここ・・・
(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?  カウンターじゃないよ?宴会場だよ?
朝食場所

間違いではないか、と思いきや、テーブルの上の紙には
私達の名前が書いてある・・・うそーん。
クレームしようか迷いましたが、旦那が「もういいじゃん、座ろうよ」
と言うので、ここで朝食をいただきました。

この宴会場はオープンキッチンで少々変わったお部屋です。
キッチン


こちらが最初にセットされていた朝食。
朝食一式


ゆめやでは、卵料理を6種類から選べました。
こちらは私が注文していたオムレツ。・・・冷めてる゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
多分、8時30分にあわせて席に置いたと思われます。
中がとろとろでいい半熟具合だったので、
温かかったら美味しいだろうと思うんです、惜しい!
オムレツ

卵料理を選べるっていうのは良いサービスだと思って
楽しみにしてたんですけどね。

ごはんもおひつに入って用意されていますが、
おかゆもいただけました。
おかゆ

こちらは煮菜。冬の新潟の郷土料理です。
(個人的にそれほど好きではないので評価不可能)
煮菜

お豆腐。美味しい♪
豆腐

この他に、ハタハタの干物を焼きたてで持ってきて下さいました。
旦那に撮影を止められたので写真がありませんが、美味しかったです。

また旅館のサイトではお味噌汁を選べると書いてあるのですが、
特に何も聞かれること無くお味噌汁が提供されました。
選択式はやめたのかな?

最後にはコーヒーとデザートがいただけます。
やっぱり朝はコーヒーが飲みたいので嬉しい。
コーヒー


宴会場では隣との仕切りは特にありません。
しかしそれほど沢山テーブルがあるわけでもなく、
席間隔も広めなので、騒々しいという感じではありませんでした。
(でもやっぱり雰囲気でいえば個室かカウンターがいいなあ。と・・・)

この後お部屋に戻り、新聞でも読もうか、と新聞の入った布の袋を
手に取ったところ、何かメモがついています。何だろうと思ったら
『朝食は宴会場で8時半にお待ちしています』というメモでした。
(もともと文字が印刷されているもので、ゲストにルーチンで
 入れていると思われるメモ)

見た瞬間、宿側の対応は以下どっちだったのだろう?と
微妙な気持ちに・・・
1.朝食会場を私達に伝えた後、宿側で事後的に場所を変えた。
  かつ、メモで済ませばいいや、と思っていた。
2.理由はわからないが、最初から宴会場で朝食ということに
  なってしまっている。(スタッフさんの連携ミス?)

旦那いわく、「この旅館で1はまずないだろう、後から変更したと
思っているなら丁寧に謝罪するはず」と。
接客態度が非常に良い宿だったので、私もそうだろうと思います。
食事が冷めてしまったので、結構残念なミスではありましたけどね。

チェックアウトは11時です。
10時半頃スタッフさんが見えて、えんむすびのお土産に・・・と
お握りを持たせて下さいました。美味しいおにぎりでした。
おむすび


以上で、1人37000円でした。

残念だったこととしては、
・部屋の鍵がひとつしかないこと
・夜中(12時~6時)はお風呂が閉まってしまうこと
・大浴場の内湯や、部屋のお風呂は温泉ではないこと
 (露天風呂だけが温泉です。このあたりの湯量が
 少ないので仕方がないのでしょうかね)
・お風呂の景色は特別よくはないこと
 (景観重視な旅行者にはあんまり向かないかも)
・アメニティはかなりイマイチなこと
 (同じ値段帯の「だいこんの花」等と比べてしまうと・・・
 化粧水と顔用ソープくらいは欲しいなあ。)
・朝食の食事場所についてミスがあったこと

といったあたりでしょうか。

良かったことは、
・夕食のぶりのお刺身&ル・レクチェのアイスがとにかく美味
 (2007年のベストなぶり!!ル・レクチェのアイスも素晴らしい!)
・接客態度がいいこと
 (接客スタッフは若い女性が多かったのですが、
 とても対応がさわやかで、好感がもてました)
・タオル類の質がいいこと
・お部屋の居住性が良いこと
 (全体的に広くスペースがとられていて、旅館のお部屋に
 特有の閉塞感がありません)
・廊下やパブリックスペースであまり人に会わず、静かに
 すごせること

ゆめやの値段は、この地域にしては相当強気では?と
感じますが、10室という規模であの広々した館内を
完璧に清掃・維持していること、食事の量・質を選択式
して宿泊者へ個別対応をしていること、サービスレベルの
高さから考えると、妥当な金額かと感じました。

旅館について、私は普段はとにかくお風呂の景色重視で
「リピートしたい宿=景色がいい宿」なのですが、
ここだけは、ぶり&ル・レクチェを求めて、次回も冬に
リピートしたいです。
(旦那は、お風呂が普通なのでそこまででもないという
 印象らしいですが・・・)

お部屋については、次回こそは前々から予約を入れて
露天風呂付の離れにとまりたいですね。 
スポンサーサイト
著莪の里 ゆめや(岩室温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(11) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。