FC2ブログ

  • 2007年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年11月29日(木) 記事No.119
お風呂に入ってくつろいでいるうちに、
部屋から眺める空もだんだんと暗くなってきました。
空

夕食の時間は、6時~7時半位までの間で選べました。
夕食は、和食かフレンチ(電話では「洋食」と言われますが)で、
予約時に選択することになっています。
私は評判がいいと聞いていたので、フレンチを予約していました。
「浴衣でフレンチ」は今回が初めての体験です。

ネットでは「大正ロマンの薫り漂う和風フランス料理」と
紹介されていますが、一体どんな料理なのか、興味津々。
食事処「風月亭」入口です。確かに大正ロマンな感じ?
食事処


ついたて等は特に無く、「街の洋食やさん」っていう感じの雰囲気です。
奥には1室だけ個室があります。
食事処

メニューです。
メニュー

そば粉のクレープ。クリームチーズが入っていました。
クレープ

自家製スモークサーモン サラダ仕立て。
このスモークサーモン、一見地味ですが、塩加減が絶妙で
臭みも全く無く、とても美味しかったです!
サーモン

フランスパンは、中がふわふわしっとりなもの。
私はバリバリ系のバゲット(メゾンカイザーかVIRONあたり)が好物で、
この見た目を見て一瞬「う、やわらかそう」と思ったのですが、
実際食べてみたら、美味でした。
パン

松茸と舞茸のスープ。
中はコンソメスープですが、舞茸の風味たっぷりで、
舞茸が大好きな私にはたまらない味!!でした。
スープ

甘鯛のヴァプール 野菜添え
魚

酢橘のグラニテ。酢橘の味でさっぱり♪
グラニテ

和牛フィレ肉のグリエ 赤ワインソース
美味しかったと思いますが、おなか一杯で半分しか食べれなかったです。
肉料理

デザート盛り合わせ。
柿のジェラート、マロンのムース、梨のコンポートでした。
この柿のジェラートが、すごくねっとりしていて、とっても美味しい!!!
うーん、心底おかわりしたかったです。
(他の2品はいらないから、これをてんこ盛りにしてほしい程)
柿のジェラートって、どこで食べれるかな・・・。
デザート

最後に小さいマドレーヌとコーヒーをいただきました。
マドレーヌももちろん手作りで、美味しかったです。
マドレーヌ


さて、夕食の総評。
食事処の雰囲気は、なんだか思っていたより・・・等と少々がっかりしたものの、
料理は逆に想像したより美味しく(ごめんなさい)、満足できたと思います。
群馬、水上温泉、全体的に薄暗い廊下、廊下の絨毯の色の感じ
(いわゆる赤い絨毯・・・)を見ていて、
「うーんこれで晩御飯はフレンチか、正直微妙かも!?」
等と内心思っていたんですが(本当にごめんなさい)
実際食べてみたところ、美味しかったので良い方向に驚きました。
特に柿のジェラートは美味でした。

見てとおり、冒険のあるお料理ではないのですが、
家族でそろって食べるにはぴったりな感じなのではないかと。
以前、お部屋の値段によって、フレンチの料理の内容が異なるらしい、
という噂を聞いたのですが、特に私達は何も言われず同じ料理をいただきました。
本当はどうなのでしょう。

ちなみに、フレンチを選択すると、お部屋におにぎりが届けられます。
私は食べていませんが、シンプルなおにぎりだったようです。

お部屋に戻るとお布団がしいてありました。パジャマもあるのがうれしい。
「萩」の部屋には枕が2種類用意されておりましたが、
「きらぼし」の部屋は1種類だけ。料金の差でしょうね。
おふとん

枕元には生花が。
枕元


ああそれにしても、この夕食のモチベーションを朝食まで
継続してくれれば・・・大分印象が違うのですけどねえ。惜しい。
スポンサーサイト
水上山荘(水上温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年11月28日(水) 記事No.118
到着してしてすぐ大浴場へ。男女入替はありませんから女性用のみ紹介します。
脱衣所。タオル類は無いのでお部屋から持参する必要あり。
小物を入れる引き出しのついた、珍しい棚です。
脱衣所

洗面台は3つ。ブラシ位はあるといいのにな、と思うのですけど。
脱衣所2

端っこに休憩スペースもあり。
ここにおいてあるオムロンの足裏マッサージ機が何気にかなりイイ!!
(自宅用に買おうか悩み中です)
脱衣所3

洗い場は8つ?程ありました。
どのシャワーもお湯の出がショボイ・・・のでがっくりきたのですが、
理由は、なんとシャワーまで温泉だからだそう。すごい!
洗い場


こちらは内風呂。(手前が檜の内風呂、その奥が岩風呂)
窓ガラスの向こうは露天風呂があります。
写真では小さく見えますが、内風呂はわりと広めでしょうか。
お風呂はやっぱりかなりぬるめなので、ゆっくり入っていられます。
内湯+露天

ここのお風呂は源泉100%、湯口から出るお湯は完璧に新しいお湯で、
飲泉可能なのだそう。
湯船の湯口には、飲泉用のコップがいくつもおいてあります。
要は、「湯船に注がれるお湯を、直接コップですくって飲む!!」
という豪快な行為をしていいことになっています。
やっていいのかな~と最初腰が引けたのですが、飲んでみると、
やさしい味でおいしい~~♪胃にイイそうですから、飲酒前にいいかもwww
お風呂でのどがかわくことが多いのですが、水上山荘のお風呂では
渇きとは無縁でした。

奥の露天からの景色です。山に囲まれていて景色がいい♪
川が流れているのも見えます。
露天1

露天の左側の景色。少々遮蔽物がありますが、紅葉が始まっていて綺麗でした。
露天3

本当は男性用の露天の方が景色が抜群に良いらしいのですが・・・
見ていないのでなんとも。男女入れ替えにしてくれないかな~。

こちらは、もう一つある露天風呂です。
一段低い場所にあり、壁に囲まれているので、あまり景色はよくありあません。
上の露天の湯船にゆったり入れるのは4名程度でしょうから、
そちらが混んでいるときはいいかも、て感じかな。
露天2

露天風呂・内湯については、景色のすばらしさには大満足!
お湯にも満足!でした。

あえて気になったことを言うなら(写真を撮影していないのですが)
2つある露天風呂に入るには、どちらも石の階段を上り下りしなければ
ならない構造になっていること。
足腰の弱い方同伴だときついかな・・・。
水上山荘(水上温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年11月17日(土) 記事No.117
なんだか最近バタバタしていて、ネットから遠ざかっておりました。
コメントも遅れていて大変恐縮です(><)
ゆっくり目ですが更新していきますので、よろしくお願いします。

さて、11月頭に群馬の「水上山荘」に行ってきましたので、感想等。
入口

ここは、
・群馬県内
・新幹線からの訪問がラク
・源泉100%、
・景色のいい露天風呂
・夕食が美味しいというウワサ
というあたりに重点を置いて選んだ宿です。
露天風呂付の部屋を2部屋とりたかったのですが、
3ヶ月前の予約の時点で、露天風呂付の部屋の空室は1部屋のみ。

しかも「露天付の部屋は、階段が部屋の前にあるので、
足腰の弱い方は無理かもしれません」・・・とのこと。
どういう構造なんだだろう(エレベーターがあるのに・・・?)
と不思議に思いつつ色々聞いたのですが、イマイチ具体的にイメージできない。
とりあえず、その露天付の「萩」の部屋を予約して、
もう一部屋は広めの和洋室だという「きらぼし」にしました。

到着後は、すぐにお部屋に案内されました。

「萩」の部屋は、予約時に「足腰が弱い方には向きません」と言われた後、
人数変更や予約確認の際にも必ずこの点を念押しして確認されたので、
「そこまで言うとは、一体どんな階段?」と思っていたのですが・・・
↓この急な階段を降りたところに、「萩」の部屋がありました。
うう、確かにきつい。
階段

かなり急な階段ですし、ここを毎回上がって大浴場に行くのは私でも面倒です。
事前に念押しする理由がわかりました。

お茶菓子はこんな感じです。(手をつけていないので味は不明)
お茶菓子

「萩」の室内。入って手前が和室で、その奥が絨毯敷きで掘りごたつがあります。
山の景色はあまりないものの、窓が大きく、庭の紅葉がきれいでした。
hagi

萩2

和室2

写真にありませんが、萩の部屋のTVは薄型でした。(きらぼしの部屋はブラウン管)
広さだけでいえば「きらぼし」の方が部屋は広いですが、
やっぱりこちらの部屋の方がいいお部屋ですね。
萩3

こちらは洗面所です。バスローブがありました。
洗面所

アメニティは普通・・・コットン、麺棒、ヘアブラシなど。
個人用の化粧水や乳液類はありません。
アメニティ

浴衣は男女色違いで、1枚でした。
少々寒かったので、たびソックスがあったのがうれしかったです。

部屋付露天はこんな感じです。
露天

お庭に面している大きな窓があり、開けて入ると想像より気持ちがいい。
ただ、駐車場が近いのか?朝は車の音が聞こえました。

浴槽の中には、石の背もたれのある椅子が二つ造ってあります。
この椅子部分に腰掛けると、お湯の水位は腰くらいまで。
入る前は「半身浴ができる!」と思ったのですが、
半身浴するにはお湯の温度が低すぎ!!
あまりに寒かくガタガタしてしまったので、椅子には座らずに
首までお湯に浸かっていました。
露天2

洗い場です。
洗い場


こちらは4階の「きらぼし」の部屋の入口。
きらぼし入口

バス無しの和洋室のお部屋で、トイレはシャワートイレでした。
和室9畳(だったかな?)+洋室10畳くらい。
和室

洋室には掘りごたつではない普通のタイプのコタツと、
ソファ(夜はベッドになります)が2つ。
ロッジ風のお部屋で、予想より広々していました。
天井には天窓があるため、室内はかなり明るいです。
リビング

きらぼしリビング


暖炉、カウンターがあります。(カウンターの下には冷蔵庫があります)
冷蔵庫はいわゆる差込型のものですが、下の方に少しスペースがあり、
少々なら持ち込んだ飲み物が入ります。
暖炉

窓のとなりにある化粧台には、洗面がついていました。
化粧台

4階ですから、景色はなかなか綺麗なはず・・・なのですが、
残念なことに、窓ガラスは金属線が入ったもの。
さらに窓全体に独立した網戸がついており(↓の写真は網戸を開けて撮影)、
それらが邪魔で、すっきりと景色が見えません。
窓

(窓を全部開けてしまえば金網も網戸も関係なく外が綺麗に見えるかな~
と思いきや、あまり開きませんでした)
こちらは窓ガラスの隙間から撮影。曇っていて残念です。
晴れていれば、谷川岳が綺麗に見えるなのですが。
山


今回、2部屋とっての感想・・・「館内がかなり入り組んでいる!」という感じ。
EVを降りてからぐるぐる廊下を歩きますし、遠かった。笑
非常に間の抜けた私は「2部屋が近いかどうか」聞かなかったのですが、
部屋の位置によってはかなり歩くので、気を付けたほうがいいかも・・・
(って、こんなの当たり前ですね)
水上山荘(水上温泉) |  トラックバック(1) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年11月05日(月) 記事No.116
とりあえず朝起きて朝風呂に入り、また散歩です。
散歩1

朝の空もとても美しい!
空

回廊の途中の林をのぞむベンチ。ここでポーっと座るのもいいですね。
回廊

朝食は3パターン位から選べたので、私達は9時からにしました。
昨晩とは違う、回廊側の席に通されました。
メニューは一部ブッフェで提供。牛乳、トマトジュースやヨーグルト等。
友人いわく、「トマトジュースがとても美味」らしいです。
ブッフェ1

生野菜。ドレッシングは4種類ありました。
旅館の朝食でレタスばっかりの味の薄いサラダが出てくると、
もう心底がっかりするのですが、ここのサラダはおいしいです。
朝から大好物のきゅうりを暴れ食いしてしまいました。
ブッフェ2

席に戻るとセットされていました。鮭が焼きたてでおいしかったです。
朝食セット

できたて熱々の卵焼き。のりが入っています。
卵焼き

こちらも出来立てのお豆腐(2人分)。大豆の甘みがイイ!おいしいです。
豆腐


以上で、「のんびり小町」利用・JRグリーン席往復付で
一人約50000円。です

総評。
貸切風呂での森林浴で思う存分癒されて嬉しかったのと同時に、
「旅館で自然一杯な場所を散歩する」という楽しみを発見でき、
新しい時間の使い方を覚えることができた一泊でした。
冬の訪問時とは違った時間があることが驚きです。

土曜宿泊でしたが、スイスイと貸切風呂に入ることができ、
ストレスなくすごせました。
大浴場にこれといって特徴がないのは残念なのですが、
「自然豊かな貸切風呂めぐり」をするには、本当に良い旅館ですね。

お部屋も、ベッド、アメニティ等からきちんと考えてツボを
押さえてあり、快適に過ごすことができると思います。
無料でいただけるお茶がなくなった際もサービスで追加して
くれる等、こころえているなあ、と思いました。

お食事は、相変わらず新鮮な野菜中心のメニュー。
お野菜が主役だと言い切るだけあるメニューですね。
(この値段帯の旅館の中では相当異色ではないか、と思う
 材料・調理法かも?)
前回この独特な料理に驚きましたし、料理の評価が低かったのですが、
今回「ここはこういう料理」とあらかじめ踏まえていっていたので
満足できたと思います。
凝った料理目当てに行く行く宿でないことは間違いありません。
この料理のコンセプトに賛同できるかどうかが分かれ目でしょうか。
ただ、あえて言うなら、芋煮等のものすごく基本的な料理の味付けと
量には、改良の余地がある・・・と感じました。

その他、惜しいのは、往復の送迎の時間設定が少ないこと。
往路・復路ともに、送迎の設定が1本だけなのです。
この送迎に合わせると、のんびり小町でせっかくチェックイン・アウトの
時間をゆったりめに設定してあっても意味がなくなってしまう。
せめて2本に増やしていただけると嬉しいですね。

さて、総評としては、景色を楽しみ、お風呂を楽しみ、
ゆったりした時間をすごせるとても楽しい一泊だったと思っています。
お風呂三昧・散歩三昧、万歳!!!です。
お風呂派には本当にたまらない・・・何回でも行きたいです。

次回は是非紅葉の時期に訪問したいですね。次は誰と行こうかな?
だいこんの花再訪(宮城) |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2007年11月02日(金) 記事No.115
前回のだいこんの花訪問時は、「お風呂に入っていた」か
「部屋にいた」という記憶しかない・・・のですが、
今回の旅行では「とにかく外にいたなあ」という感じです。

旅館でお散歩&森林浴を楽しむ一泊でした。
お風呂上りに湯冷ましがてら歩く散歩道が、とにかく楽しい♪

夕方4時~5時まで、菜園の奥で焼き芋がふるまわれると聞き、
おやつ目当てで行ったのが最初の散歩です。
ダイニング「コの字」のそばから入っていくのですが、
散歩道は結構長いし(ちょっと歩く程度かと思っていたのに)、
菜園は思ったより広い!こんなとこあったのね~、と感心でした。
散歩1

てくてく歩いていく途中、こんなスペースもあります。
色々な野菜&ハーブが植えてありました。
友人と野菜あてをしてみたけど、軽めに敗退したような。
チェア

こんなハイキングぽいところもあったり。
散歩2

少しだけ紅葉していました。緑に囲まれて歩くのが気持ちいい!
普段こういうのとは無縁の生活をしているので、うれしいな~
散歩3

見上げると、夕焼けに近づいてきていました。
空

結構歩いて「道を間違えたんじゃないだろうか」と思ったあたりで
やっと小屋にたどり着き、焼き芋がもらえました♪
袋に入れていただけます。
ここには食べる場所はないので、母屋に持って行って食べることに。
焼き芋

お散歩道をぐるっとあるいていくと、ロビーに到着します。
到着時はすぐに部屋に行くし、ここでゆっくりするのは
チェックアウトの時位なのですが、静かで落ち着きます。
アウトの時は、いつも焼きたてのかきもち&お茶がいただけるようですね。
ロビー

ロビー2

ロビーの横には絵本の部屋があり、綺麗な絵本、写真集や詩集が
結構たくさんあります。
谷川俊太郎の本をめくりつつ夜が更ける、とかいいですね。(ベタですが)
DVDも貸し出しています。

こちらが小とりサロン。
ここでサービスでお水&コーヒーをいただけます。
(たしか、コーヒーは夜中はだめなのかな)
窓の外には林があり、りすがいるそうなのですが・・・
確かにいました!!!!りす!!☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
見つけた瞬間、意外に大きいのに感動して焼き芋を落としそうになりました。
しかし、恐ろしくすばしっこくて、写真撮影できず・・・。
翌朝も見れなかったので、本当にこのときだけでした。
ああ、写真がないのが残念です(ーー)
コの字

鳥用の餌場が造ってあり、色々な鳥が遊びにきています。
鳥の種類を紹介するファイルがおいてあり、鳥好きにはたまらないかも?

各自で淹れられる一杯落としのコーヒーを飲みつつ焼き芋。(゚∀゚)ラヴィ!!
コーヒーメーカーがあるっていいですね~♪
奥の本棚には雑誌がありました。(婦人画報が1年分くらいあったり)
焼き芋

これは、小とりサロンの通路側。一部高くなって畳敷きになっており、
碁盤がおいてありました。奥には可愛い棚があります。
小とりサロン

これは何でしょうね?謎ですが、可愛い。
棚1

こちらはフェルト生地の花瓶(のようなもの)
棚2

私にはこれがわからないけども・・・お花のオブジェ(?)
棚3

夕食後は、11時までこの小とりサロンで夜食がいただけます。
季節によって違うようですが、今回は玉こんにゃくとゆでたまごでした。
ゆで卵、おいしかったです。でもおなかイッパイでこんにゃくは食べれなかった~。
夜食

だいこんの花再訪(宮城) |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。