FC2ブログ

  • 2007年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年01月29日(月) 記事No.11
明神館への再訪です。
久しぶりにあの「雪月花」の立湯に入りたかったのと、
前回は露天なしの部屋&和食だったので、今度こそ露天付きの部屋&フレンチで!ということで、友人と再訪しました。
日・月で旅行したので、あずさはがら空き状態。
土日旅行だと結構混んでいるのに!

明神館は半露天付きの部屋を「癒し風呂」タイプのお部屋と呼んでいます。
旅館のサイトで、全てのお部屋の間取り・お風呂の写真があるのですごく便利!
本当は、必ずと言っていいほど雑誌に載っている「318」のお部屋に
泊まりたかったのですが、さすがに人気らしく空いていません・・・
仕方がないので、411のお部屋にしました。10畳+露天のお部屋。
うーん残念。また来ようかな。

当日は松本駅でお菓子を買って、旅館まで明神館のバスで行きました。
扉温泉の周りはすっかり雪景色でした。
しかし、相変わらずすごく狭い道路&道路の横は絶壁・・・。
見ない見ない、と思いつつ怖いものみたさに負けてみてしまいます。
そして恐怖を共有しようと思った友人らは、すっかり寝てるし!!
とか一人でガクブルしていたらしばらくして到着。
到着してすぐ、お部屋に通されます。
こちらでは着いてすぐにお部屋に通される場合、ロビーでまずお茶とお菓子を出すということはありません。
前回は結構待たされたので、コーヒーが出されましたけど。

お部屋のお風呂はこんな感じ。
部屋の露天

部屋の露天

景色は期待してなかったのに、よかったです!雪景色最高~。
お風呂は一人用ですが、木で出来ていて、窓が大きくとられているので、開放感があって気持ちがいいです。
写真には写っていませんが、バスローブを置いてある棚にはCDプレーヤーがあり、私たちの到着時からヒーリングミュージックをかけてありました。
音楽聞きながら入浴って自宅ではしないけど、なかなか良いなあ、と思ったり。
寝椅子があるので、秋・春はここでバスローブでくつろぐのもいいかもしれません。ただし、今回行ったのは1月ですから、このお風呂の部屋で着替えをするだけでもつらかったです(笑)

問題はこのお風呂の温度がかなりぬるく、調節が面倒だということ。
最初にお部屋の係の方に「お風呂の温度が低すぎるようでしたら、フロントに電話下さい。調節します」と言われていたので、てっきり電話すれば調節してくれるのかと思いきや・・・
『温度調節は、お湯の量でしてください。お風呂の栓をしばらく抜いてお湯を減らして、そのうえで栓をしてしばらくするとお湯がたまって温度があがりますので。』
・・・ですと。
要は、自動調節は不可能で、お湯を抜くしか方法がない!ようです。
(本当かな~?)
お湯を抜くと一言で言っても、お風呂場は極寒だし、おまけにたっぷりお湯が張ってあるお風呂の底にある栓を抜くのに、手が相当ぬれるし~~~
しかもすぐぬるくなるので、入るたびに毎回これをしないといけません。(うざい)
ということで、かなり調節が大変でした。
友人は一度も入ってなかったなー。やっぱり大変なのが嫌だったのかしら。

夕食は予約していたフレンチで。
好きな時間に行って良いので、おなかがすいた時間にいけます。
旅館では時間を何パターンかに指定されることが殆どなので、これは嬉しい。
お料理は普通に美味しかったです。(写真がないけど・・・)
子羊に少々臭みがあったのが唯一残念かな?
でも温泉に入った後、浴衣でフレンチをいただけるって良いですね。

お風呂は相変わらず、「雪月花」の立ち湯が素敵です。
目の前の山は木々が枯れているのですが、下に見える川が凍っているのが見えます。
結局立ち湯に3回入って、満喫して帰宅しました。

朝食のとき、すぐお隣に「もう今日で3泊している」と話しているご夫婦がいらっしゃいました。
今まで同じ旅館に連泊はしたことがないのですが、そういうリゾートもいいなあ・・。

また再訪したいなー(極寒の季節以外に!!!!!)
スポンサーサイト
明神館 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年01月14日(日) 記事No.6
05年11月末に訪問。
※この旅行の写真の管理が悪く見当たらないので、見つかったら掲載します。

こちらは源泉賭け流しのお風呂が12個あって、風呂好きな私が
「とにかくお風呂がたくさんある!」と興奮して予約した宿。
嵯峨沢館はこの時期しばしば温泉雑誌に掲載されていました。
(特にロビーの前のプール&椅子の写真。CREAトラベラーの表紙にもなっていたような?)
1.部屋
お部屋は客室露天付にしましたが、このお風呂がいわゆる「丸い小さいお風呂」で完全一人用ですし、景色もあまり良くないし。
正直不満。すだれがかかっていて外はあまり見えません。
一休のサイトの嵯峨沢館のページ「客室内露天風呂」ってことで
この風呂の写真が載っていますが、まさに写真のとおりです。
最近こういう「ベランダに坪を置きました」的な露天流行ってるよな~
と思いつつ、
1度だけ入りましたが、この風呂なら正直いらないな・・・。というのが正直な印象です。
ちなみに、お部屋は非常に普通な和室でした。
部屋にTV付きのお風呂がある部屋にしたらよかったな~とか思いつつ。

2.パブリック
狩野川に面した広い(というか、横に長い?)デッキテラスがあるのですが、
所々に椅子が置いてあり(赤と青でかわいい)、サービスで麦茶があります。
マッタリするのにとても良いです。
春秋は外に椅子があるとうれしいですね。ここでお酒もいただけると、まさに最高なんですけど。
そしてわりと大きいプールがテラスにあり、夏は入れるのだそうな。
本当かな~。

3.お風呂
この旅館の楽しみの80%はお風呂でできている。
という位、湯めぐりが楽しかったです。
お風呂は男女入れ替えになりますから、頑張れば制覇できます。
勿論私は気合で全制覇。ちなみに岩盤浴もあるのですが、そんな時間はなかったです。
だんなは2つしか入ってないようです。
庭の見える内風呂が意外に良かったです。お風呂の横の庭の紅葉がお風呂に映って、お風呂が真っ赤。素敵でした。
洗い場は、お隣との間に壁があるので使いやすかったです。
こういう所にお金をかけてくれるのはうれしい限り。
他にヒノキの内風呂とか、渓流が見える内風呂もあります。
家族風呂として貸切になるお風呂も見に行きましたが、
小さいし(3名定員くらい?)、露天でもないし、景色もないし・・・
全く食指が動かず。

4.食事
食事はお部屋ではなく、夕食、朝食ともに二階の個室(テーブル)です。
流行の個室居酒屋にあるような部屋です。(廊下からは見えないようになっているけど、扉や仕切りはないので音は聞こえます)
電話があるので何かあれば係りの方を呼べます。
風情はないけど、酒飲みには楽なシステムですね。
旅館で個室で食事していてお酒を追加したいときに、タイミングよく仲居さんがこないとさみしいのですよね。
夕食は伊勢海老のお刺身が出たりして、無難な印象です。
朝食は昨晩の伊勢海老を使ったお味噌汁に、豆乳のお鍋などでした。
朝食に豆乳鍋って楽なのかな?よく旅館で出されるような気がするんですけど。

総評:10点満点で7点。
感想:風呂は沢山あって風呂好きにはよし!
再訪希望:有。女友達とぜひ。
食事は特に素晴らしいわけではないけど、友人と来るには外れがない、楽しめる宿だと思います。次は女友達と来て、お風呂めぐりを楽しみたい。ただし、坪の部屋付露天は不要かな。
また紅葉の季節がいいなー。
旅館 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。