FC2ブログ

  • 山のホテル 夢想園 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2012年10月12日(金) 記事No.404
夕食・朝食はお部屋でいただけました。
食事処もあったようなので、お部屋によっては、お食事処なのかな。
子連れ旅行では部屋食を選べるというのがものすごく重要になりますね。

献立表は2人で1枚で、こんな感じ。
献立表

座卓に白いクロスをかけていただいての食事になるのですが、
うろちょろして、布を触りたがるっていうか引っ張りたがるしま子・・・
ドラマ「王様のレストラン」の松本幸四郎ばりにクロスを
引き抜こうとして、大・大惨事になるんじゃない~!?と、
ドキドキハラハラな時間でした。
何も考えずにのほほんとビールを飲んでいる旦那が
若干憎かった。という思い出があります・・・
セッティング

グラスに入っているのはすっぽんのにこごり。
(夫婦ともにすっぽんが好きではないので、残念ながら
微妙なお料理でした・・・・)
でも玉蜀黍のスープと、穴子の黒米寿司はおいしかった~
チーズの味噌漬けは「もっと良いチーズならなあ・・・・」という感想。
料理1-2

鱧と冬瓜のお椀。これも美味しい。
料理2

鯛の昆布じめと、鮪。
料理3

鮎の塩焼き。勿論美味しい~♪
骨は揚げてあって、そのままぽりぽり食べてください、
とのことで、おつまみによかったです~♪
鮎の塩焼きというのは旅館のメニューでよくありますが、
骨まで食べれるように仕上げてあるのは珍しいんじゃないかな。
些細なことですが、嬉しかったです。
料理5

茄子の鳥味噌。これも美味しくないわけがない。
料理6

鹿児島産黒豚のしゃぶしゃぶ。
たっぷりの薄切りのねぎと一緒に、出汁つゆでしゃぶしゃぶする
スタイル。これも美味しかった~♪
料理4
料理7

和牛ステーキのおろしソース。柔らかくて美味しい!
しかしそろそろお腹いっぱい~~。
料理8

冷やしうどん。コシがあって美味しい~♪
料理9

ご飯とデザートでおわり。
うどんで結構お腹一杯でしたので、ごはんナシでもいいくらいでした。
料理10
料理11
デザートは牛乳のアイスとコンポートでした。
これまたさっぱりで美味しかった~
料理12

客室が多い旅館ですので、お料理はどうなのかなあ・・・とか
不安に思いながらの宿泊でした。
これは明らかに業務用だろう、っていう先付とか出てくるんじゃない?
とかね。

が、全然そんなことはなく、全部きちんと作られた料理で、
食事も満足できました♪
味付けも我が家にとってはちょうどよいくらいでしたしね。

あえて不満に思ったことを言うなら、個人的にすっぽんが嫌いなので、
すっぽんは平気か、と先に聞いてもらえたらなあ、とか思いましたが、
まあメインで出てきた料理でもないので、それは私たちが要求しすぎ
でしょうねえ。
(どうしてもビジュアルが苦手で、出てしまったものを見ながら
 存在を思い出すだけでイヤって位なので・・・)
「苦手食材は?」とはあらかじめ聞かれましたが、事前通知すべき食材として、
わさびとかは思いついても、すっぽんは思いつかない~OTL

スポンサーサイト
山のホテル 夢想園 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年09月22日(土) 記事No.403
これは、1日限定40個だと聞いてあらかじめ予約しておいた
ホテルの本館にある喫茶「Ban Ban」の自家製プリン~~♪
プリン

温泉雑誌で「美味しいので是非予約を!」と掲載されているのを
読んだことがあったので、電話で予約して、
お部屋の冷蔵庫に入れておいていただきました。

固めで、スプーンを入れると重さを感じる、こっくりした食感のプリン。
卵の風味がきいてておいしい~!!
カラメルの苦味もうまいっ。

私は知らなかったのですが、プリン以外にもパンナコッタもあったのを
チェックアウト間際に知りました。
知っていたら両方予約したのだが・・・うーん惜しい。

奥のステンドグラスのお部屋が、喫茶「Ban Ban」です。
レトロな感じの喫茶室で、素敵そうでした。
喫茶
本当ならここでコーヒーと一緒にプリンをいただきたいところですが、
いかんせん、今回はおとなしくしないことが多いうえに声が大きい
しま子と一緒なので、喫茶室だとご迷惑かもしれない・・・と、
お部屋で食べることにしました。
大学時代は喫茶店(主に紅茶専門店)に行くのが趣味だったというのに、
赤ちゃんが居ると、静かな喫茶店なんて全く行く機会がなくなるなあ・・・。
今思うとものすごい贅沢な趣味だった。

さて、こちらは女性の露天風呂~。
「150畳あるらしい」と聞いていましたが、いや~~広い広い。広ーーい!
大浴場
大浴場2
由布岳が見えて景色は抜群だし、吹いてくる風もすごく気持ちいい!!
「あ~ここに来て良かった!!」と思える、素晴らしい開放感の
お風呂でした。

バスタオルは大浴場に備え付けてあるので常に新しいものを使えますし、
タオルの交換はまめにされていて、気持ちよく使えました。

シャンプー類や、脱衣所に置いてある化粧品は、まあ普通って印象で、
記憶がありません。
こちらに宿泊するなら化粧品類は自宅から持参を推奨します。

露天風呂や大浴場の他にも、敷地内には貸切のお風呂が複数あり、
しかもそれぞれの貸切の脱衣所にベビーベッドがあって、
赤ちゃん連れにはいいなあと思いました。
(小さい貸切風呂にまでベビーベッドがある宿って、あんまり見ないです)
ちなみに貸切風呂は予約制ではなく、空いていればいつでも使用できる方式。
これも時間を決めて行動しづらい小さい子ども連れには良いかも。
貸切
貸切風呂のわりにシャワーが多いのもGOODです。
貸切脱衣所

この宿は、広い敷地にロビー、お風呂、客室etcが点在する造りに
なっていて客室から大浴場などに行くまでの間に、階段や坂が結構
多いです。
通路
通路2

ところどころに、ちょっと腰掛けて休める場所があったりして、
本当にいい感じです。
通路3
散歩気分でゆったり歩けて、良い雰囲気でした。

ただし、こういった敷地内の通路に屋根はないので、
雨の日に宿泊していたら、大浴場に行くのも結構大変だったりして
印象が変わったかもしれませんねえ。
風呂あがりに傘をさして部屋まで行く間に、足元がじゃんじゃん
ぬれるのはちょっとがっくりかも・・・? なんて。

天候に居心地が左右されそうな宿ではあるのかな。

逆を返すと、天候に恵まれて散歩道や緑の香りを楽しめる幸せを、
しみじみと感じられる宿でもあります。

山のホテル 夢想園 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年04月24日(火) 記事No.402
2011年8月、湯布院・別府旅行に行ってきました。

以前は「湯布院旅行に行くなら絶対御三家に泊まるわ~!!」と
決めていたのですが、ゼロ歳児をつれての旅行である、というのを
考えると、はたしてそれでいいのか?とか色々悩んでしまい。

あと、育児の日々では、趣味だった半身浴が全くできなくなり、
「旅行先くらい、大きなお風呂で空をみあげてポカーンと入浴したい!」
っていう気分での旅行だったのですが、御三家のお風呂は、
そういう雰囲気のお風呂というわけではないんだよなあ~・・・
というのも、どうもひっかかる。
素敵なお庭に囲まれた上質な施設と客室で、本当に良い空間なんだろうけど。
ウーン。

こんなことを旦那にぐじぐじと言っていたら、
旦那からは「食事優先で決めたらいいじゃん!」という
いつもどおりの提案が参りましたが、
結局は私が「やっぱお風呂の大きさアンド景色を重視で!」と決断し、
湯布院では「山のホテル夢想園」に決定したのでした。

この宿に決めた理由は、前も書きました、とにかく大きな
部屋付露天風呂があるのを知っていたから!
温泉情報誌で、この宿の「摘草の間」には、家族で入っても
まだ余るようなものすごく広い露天があるのだ、と載っていたことがあり、
湯布院に行くなら、絶対その部屋には泊まるわ~!!
(そんで湖山荘とどっちが大きいか確認せねば!)と思っていたんです。

が、しかし、お宿のHPの写真を見ても、イマイチ湯船の広さが把握できない。
さらに「広いお風呂だ」みたいなことも、全くアピールされていない。
うーん、普通はHPでアピールするだろう。何故だ・・・

話だけなら湖山荘より大きい露天風呂のはずなのに、
全然アピールしないとか、ありえるんだろうか??
しかも、お部屋の和室の写真も、なんか特別良い雰囲気の部屋ってわけ
じゃあなさそうに見えるし・・
しかし、そういうアピールが苦手な宿もあるだろうし。
うーん。悩む悩む・・・

本当に情報誌どおり広いお風呂なのかなあ??なんて
不安もありつつ行ったのですが、
宿泊してみたらいい方向で裏切られました♪

さてそのお部屋。
和室を玄関に向かって。
和室1

和室をL字型にお庭が囲んでいて、離れのお部屋、というイメージ。
ゆったりした椅子があるスペースが和室を囲んでいます。
和室2
和室2

この椅子、座ってみるとかなりいい感じでした。
椅子

和室の隣はベッドルーム。かなり広め。
ベッドルーム1
ベッドルーム2
このベッドルーム専用のトイレ・洗面・冷蔵庫がありました。
(どれもベッドルーム以外にちゃんとあるのに~~)
娘はベッドから落ちるので、ベッドルームの端に布団を敷いて
いただきました。

このベッドルームと和室の間はちゃんとお部屋として完全に
仕切られているので、娘が寝た後も普通に行動できて助かりました。
(上が空いているような仕切り方だと、娘が寝た後にTVを見たり
 お風呂入ったりが大変なのですよね)
枕もとのライトの明度が自由に絞れるようになっていたのも
良かったです。
(なんかこの旅行の前後、枕もとのライトの明度を絞れない宿に
 あたることが多くて、就寝時に明るすぎたりしてイライラしていた)

洗面所。コーヒーメーカーがあるのが嬉しい。
洗面
アメニティ

ずっと楽しみにしていた部屋つき露天。
洗面所脇の出口から通路を通っていくことになります(少々予想外)
露天への通路

扉を開けると・・・
通路2

お庭に囲まれたお風呂が!
露天1

予想より広~~い!!湖山荘の露天より明らかに広い。
5人家族でもゆうゆう入浴できる位。
大体半分くらいは屋根がかかっているので、雨でも入浴できそう。
露天2

シャワーカランは2つあります。
これは部屋つき風呂では結構珍しいような。
露天2

脱衣所は、屋根はあるものの完全屋外なので、真冬は
結構寒そうかな~。
脱衣所

お部屋は広々していて過ごしやすく、お風呂も予想よりも大きくて、
大満足でした♪
山のホテル 夢想園 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。