FC2ブログ

  • 赤倉観光ホテル カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年06月14日(火) 記事No.380
夕食は和食かフレンチで選べたので、フレンチに
しました。

レストランの雰囲気はこんな感じ。
朝撮影したもので、夕食のときはかなり薄暗く
落ち着いた雰囲気でした。
レストラン

19時頃、予約時間になったのでレストランにいったところ、
続々と(かつ、なんだか急いで?)席を立つ他の皆様。
二部制というわけでもないのに、なぜこんなに一斉に
席を立つのかな~と思ったら、この日は野尻湖の花火の日で、
打上予定時刻が19:30からだったんですよね。
ホテルから花火が見える場所まではバスが出ていたとか。
そういう楽しみもいいですね~
(ちなみに、花火が見えるお部屋もあるそうですが、
 露天のないタイプのお部屋だそうでした)
 
夕食にいただいたのはこちらのコース。
よく見たら9000円って書いてありますね。
メニュー

アミューズ。トマトのジュレとホタテだったかな?
料理1

アボカドとマグロ
料理2

ヴィシソワーズ
料理3

子牛のカツレツ
美味しいんだけど、かなり塩気が薄かった記憶が。
料理4

料理5

夏みかんのパイ
さっぱりしていて美味しかった~
しかし、アイスとか添えてあったらなお良かった
かもしれない。
料理6

なんというか、昔ながらのフランス料理やさんに
来たような印象のお料理、とでも言うのかな~
給仕が年配の男性だったというのも、そんな
雰囲気をかもしだしていたのかも。

きちんと作られているし、美味しいと思います。
が、食事目当てで訪問することはないかな、と。
9000円と単独の値段で考えると、少し高いなあ。とも思うw

また、私と友人は、「塩気をもう少しプラスした方が
美味しいのではないか」と感じました。
朝食の卵料理もかなりお塩控えめに感じましたので、
そういうお料理なんでしょうけどね。

給仕は、少しゆっくりめだったかな。

ワインリストにハーフが多かったのは好印象です。
1本飲みきるのはすこし無理かも、というときに
気兼ねなくワインをあけられのは良いですよね。
(禁酒中の私はノンアルコールビールでしたが)

昼間感動した素敵なテラスの奥にはバーがあるそうですが、
この日は禁酒中だったのもあり、お部屋に帰って
部屋付露天に入り、そのまま就寝しました。

翌朝の朝食。同じレストランでとりました。

ヘルシーブレックファストか、アメリカンブレックファスト
で選べます。私はアメリカンを選択。
メニュー

パンは給仕の方が持ってきてくださるバスケットから
好きなものを選べます。勿論おかわりも。
料理1

オムレツとベーコン。
ベーコンで隠れていますが、オムレツは大きく、
ふわふわで美味でした。
料理2

料理3

オレンジジュースとコーヒーもいただきました。

以上、1名40000円ちょい(土曜宿泊)。

良かった事は
・客室の設備は文句なく良し。クラランスの化粧品も気が利いているし、
 ソファのすわり心地、ベッドの寝心地も良かったです。
・客室露天のかけ流しの温泉、素晴らしい♪
 湯の花が舞う客室露天ってけっこう珍しいのでは。
・客室で受けるタイマッサージ、最高に上手でした。都内にあれば
 通うのに、心底惜しい、と思います。
・真夏でも風が涼しく、避暑気分を味わえました。
・駅からの往復送迎バスが便利。

残念だった事は
・お料理は美食めあてにいくとがっかりするかも・・・?
 美味しくないわけじゃないのですが。
・館内は浴衣で歩くのは禁止で、浴衣の上に簡易式の着物を
 着れば大丈夫、ということなのですが、
 この上下が分かれた簡易式着物、夏はちょっとめんどくさいかも。
 (いや、私が元々面倒くさがりなんですけどね)

湯浴みを楽しみつつゆったりくつろげた良い旅行で、
絶対にまたいつか来たい、と思えるホテルでした。
冬に訪れたら、全く見える景色が違うはずなので、
次回はできたら冬に来たいかなあ。秋でもいいかな。

今まで旅館ばかり気にしていて、ホテルはノーマーク?
なのですが、こういうホテルが実は色々あるなら、
もっと探してみなければ!と思いました。笑

いずれにせよ、次回はお酒が飲めるときに宿泊して、
素敵な景色をながめつつシャンパンを楽しんだりなど
したいものです。

2010.7月宿泊。
 


スポンサーサイト
赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年06月09日(木) 記事No.379
日に日に暑くなってきましたね~
このブログを見てくださる皆さんもお元気でしょうか。

私はというと、わが子がどんどん重くなり、かつ色々悪さを
出来るようになってきてしまったので、
どう彼女の機嫌を損ねずにいたずらをブロックするか?
検討する毎日です。

もうすぐ(私の苦手な)夏になってしまう~!と思うと、若干
憂鬱さがぬぐいきれないのではありますが、
今年の夏は、成長する赤子と付き合う、という初体験の仕事が
あると思えば、これまでになく楽しそうでもある・・・
と思えるようになりました。

さて、赤倉観光ホテルの感想の続きで、パブリックです。

新館「SPA&SUITE」のテラスです。
ゆったりしたソファは、外を向いて置かれているのですが
テラス1

そちらの方向は、非常に大きな水盤になっています。
このテラスは完全オープンエアで、晴れていれば
素晴らしい絶景が水盤の向こうに見ることができるはず。
テラス2
とはいえ、私が宿泊したときは曇っていたので、
こんな風に水盤の向こうは灰色の世界。
残念でした・・・

しかしそれでも、このテラスは素晴らしい空間でした。
このホテルに宿泊したことは本当にいい思い出ですが、
最も鮮明に覚えているのは、このテラスのソファで
風を感じながら、ぼーっと過ごした時間ですから。
テラス3

広い水盤ごしに見える景色が、吹いてくる風のさわやかさが、
もう、「とにかく素敵!!!」の一言でした。
俗な言い方しか出来ませんが、海外のリゾートに
来ているような気分。
テラス4

それぞれのソファがとてもゆったり配置されていて、
騒々しい感じがしないのもいいですね。
あ~、ここでシャンパンを飲めたらもっと感動が
深まるんだけどな~。
(この時は妊婦だったので無理)

ホテルのHPを見るに、もしかして雲海が見えるときも
あるのかな~?

大浴場もちょこっと。
内風呂には窓ガラスに目隠しがあり、
内風呂からは外の景色は見えませんでした。
内風呂

大浴場の露天風呂。
露天1
脱衣所のテラスから
露天1
大浴場のテラス

脱衣所は広々していたし、洗い場もスペースが仕切って
あり、使い勝手が良かったです。
脱衣所

露天から見る景色も◎ですし、お湯が良いので
入浴後お肌がつるつる!
また入りに行きたいお風呂ですね。

カフェ
こちらはcafe(開店前)。
今回は時間の都合上お茶できませんでしたが、
晴れた日にここでお茶したら楽しいだろうな~

ホテル内にはホテルメイドのパンやケーキ類を売っている
売店もあり、とても美味しそうでした。
赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年02月21日(月) 記事No.378
赤沢迎賓館の記事の途中なんですが、どうにも
朝食の写真がみつからない・・・OTLので
一時中断とさせていただき、他の宿の記憶が薄れない
うちに、更新を進めておこうかな?と思います。

その前に、嬉しいことがあったのでご報告。
ずいぶん前、「外付けHDDが壊れて、過去10年の写真が
吹っ飛んだ」とブログで書いたのですが、なんと!!
2つのデータ復旧会社に断られた後、ようやく
「復旧できると思う」と言って下さる会社さんを
みつけ、そこで無事ほとんどの写真が復旧できました!!!
(・・・20万円かかったけどね!!!おえええ)

ああ、たっかい勉強料でした。今後は、写真の保存は
二重三重にしておこうと思いました。
一番いいのは、気に入った写真はプリントし、
紙で保存してしまうことなんでしょうけどね~
_________

2010年7月、新潟の赤倉観光ホテルに宿泊してきました。

今回は、赤沢迎賓館をはじめ、色々な旅館・海外旅行に
常々一緒に行ってもらっていた友人との旅行でした。
私にとっては、この友人との、出産前最後の旅行・・・。

「まだまだ色んなところに一緒に旅行しようって考えて
たのに、出産しちゃったら、当分友人との旅行なんて
できなくなるんだよなあ~」
などと思うと、ものすっごく寂しいやら、
ストレス解消策が確実に一個減るのが不安だやら。

行く前はこんな風にやたらモヤモヤしていたのですが、
お宿は間違いなく「アタリ!!」で、良い旅行になり、
リフレッシュして気分よく帰ってくることが出来ました。

東京からは、東京駅→(新幹線)長野→(信越線)妙高高原駅。
温泉に向かう新幹線では飲酒するのが常だったですが、
勿論妊婦なのでジュースで。
あ~飲酒が出来ないのは寂しいものですね~。

妙高高原駅からは、ホテルの無料送迎バスで向かいました。
(送迎バスは事前予約要)

予約したお部屋は、温泉露天風呂付テラスルーム。

2009年12月に新オープンした部屋だそうで、
きっと綺麗に違いない、と思っていたのですが、
これが予想以上によかった!!

お部屋の入り口。
室内1
室内入ってすぐのリビングスペース。
ソファのすわり心地は二重丸で、ゆったり
できました。
窓の向こうは、テラスと客室露天風呂です。
客室1
室内2
室内3
ベッドルームにもTVがあるのはいいですね。
ベッドルーム


洗面所。左手奥がシャワースペースで、
そこから露天風呂に出られます。
室内4

女性にはクラランスの化粧品セットが
ついてきました。すっごくうれしい♪
室内5

テラス+露天風呂です。
テラス1
水盤に浮かぶようにして、浴槽とテラスがあります。
2人でゆったり入れるくらいの浴槽でした。
露天2

7月なのに風が涼しくて、とっても気持ちいい!
東京の暑さがうそのよう~♪
露天1

入浴目線はこんなかんじ。
広々した景色を見ていると、疲れや不安が飛んで
いくのを感じました。
湯船の向こうの水盤に雲がうつるのを眺めるのも
また楽しく、時間を忘れてしまいます。
入浴目線

露天からの景色が目当てでこの部屋にしたのですが、
予想外だったのが泉質。
源泉かけながしなのは知っていたんですが、
ほのかにいい香りがして湯の花が舞う、とっても
いいお湯なんです!入浴後は肌がすっべすべに。
普段は泉質なんて全然気にしていないのですが、
やっぱり良いお湯はいいわ・・・。

あっ、このテラスや露天から見える芝生部分には、
日中は芝の整備をする方が通ったりされてて・・・
うっかり浴槽内で立ったりすると、向こうから
ばっちり見えてしまいますので、注意が必要です。

お風呂でまったりした後は、
マッサージでも受けたいな~と思っていたら、
室内でタイ古式マッサージが受けられる、という
パンフレットがありました。
妊婦だし断られるかも、と思いましたが、
足中心で、とお願いしたところ、受けて下さいました。

このタイ古式マッサージ、すっごく大当たりでした~!
いらしたマッサージ師さんが、日焼けしたイケメンさん
だったのがかなり意外でしたが
(日焼けはスキー焼け?旅行焼け??)
この方、すごーーく上手だったんです。

「イタ気持ち良いくらいがいいと思います」との
言葉通り、つぼを押さえた、強めの完璧な手技。
終わった瞬間、足のこりやだるさが超スッキリ。
「上手なマッサージって最高~!!」と
声に出したくなる素晴らしさでした。

普段は東京におられるとかだったら通いたいくらい
なんですけど、いつも妙高あたりのホテルでマッサージ
をしているのだそう。
また行ったら指名したいとこですけど、お名前を伺うのを
忘れてしまった・・・あー残念。

余談ですが、妊娠中の場合、マッサージをそもそも
受けてくれない場合がほとんどで、受けてくれても、
『それは・・・皮膚をなでてるのですか??』
というくらい弱~いタッチなことがほとんどでしたね。
それだけに、このマッサージ師さんの圧が強めだったのは
感動モノでした。

客室は、リビングスペースは快適だし、露天の泉質も
景色もすばらしいし・・・大満足でした♪
行く前は「夏の温泉・・・大丈夫かな」と思ったりも
しましたが、気温も東京より大分低いし、何より
心地いい風が吹くので、快適に温泉三昧をできました!

テラスでのんびり読書するだけでも、大分癒されましたね。

ちなみに、夜の客室露天は、さすがに明りに寄ってくる
虫が出てきますね。
朝に追い払って(笑)入浴しました。
赤倉観光ホテル |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。