FC2ブログ

  • 時の宿 すみれ カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年10月10日(土) 記事No.353
朝食会場は、昨晩とは違う、座卓の食事場所でした。
席

ご飯のお供が沢山。牛肉の佃煮が美味しかったです。
食事1

豚汁かと思いきや、やわらかい牛肉のお味噌汁でした。
朝食まで牛肉尽くし~
このこってりしたお味噌汁、お腹がすいてないと
少々きついかもしれません・・・が、
朝からお風呂に入り倒して空腹だったので完食。
3
4
5

その後のコーヒーはテラスに移動してただきました。
桜がまだ咲いており、緑がとても気持ちよかったです。
お庭から、新幹線が通っていくのが見えますね。
庭

こってりした朝食ですが、美味しく頂きました。
朝食って似たような構成になることが多いのですが
こういう特色のある朝食もいいなーと思いました。

以上、1泊29000円。

米沢牛尽くしの夕食、大変美味しかったです!
旦那も「ここには食事だけ来てもいいくらいだね」と
喜んでいて、ここに決めてよかったなあ、と
しみじみ嬉しかったです。

私の好みの自然一杯な露天風呂はないのですが、
お湯は源泉100%掛け流しとのことですし、
この食事を食べていいお湯につかれると思えば、
十分納得。

スタッフの方はみなさんお若め&丁寧でした。

残念なのは、鍵が一個しかないことや、
時計を置かれていないことかな。
(時計については、ポリシーといえば聞こえは良いけど
実際のとこ、食事やチェックアウトの時間を気にしつつ
行動している客側にとっては不便なだけだよなー
っていうのが個人的な感想です)
TVは、1泊くらいならなくてもいいと思いますが。

しかし、こんな小さな不満がありつつも、美味しい食事に
静かなお風呂を満喫して1泊すごすことが出来て、
いい旅行だったと思っています。

また時間を置いて、ぜひ再訪したいと思いました。
こちらの宿であれば、旦那も同行を拒否らない
だろう、と確信を持てる宿に出会うことができました。
スポンサーサイト
時の宿 すみれ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2009年10月08日(木) 記事No.350
旅館で何より楽しいお風呂の時間~。
貸切風呂には体を洗う場所はないそうなので、
まずは大浴場へ。

こちらの宿の大浴場は、夕食前後くらいで男女の
入れ替えがありますが、1つは内風呂だけで、
露天風呂がありません。
先に大浴場へ行った旦那が「露天があったよ~」と
言っていたので、今日は女性は内風呂だけか、
でも夕食から翌日チェックアウトまでの方が長いから
丁度いいのかも?等と考えつつ・・・

大浴場「森と風の湯」の脱衣所です。
脱衣所1
洗面台はひとつしかないので、ここでゆっくり
身づくろいするって感じじゃないですね。
ビオレのメイク落としと業務用の化粧水がありました。
やはりあんまりアメニティには興味ないみたい?
脱衣所2
浴室

洗い場の背中側が浴槽なのですが、
壁を作ってシャワーの水が入らないようにして
ありました。ナイス配慮!
シャワーの背中側にお風呂があると、
絶対って言っていいくらい、シャンプーを流してる方の
シャワーの水が、背中を超えて、後ろにある浴槽に
入り込んじゃってて、オエエエっ~~てなるんですよね・・・
(気をつければそうはならないように角度を工夫
出来るはずだけど、意外と気づかないのかな)
ここは(基本的には)それがないので安心です。
浴室2

温泉は無色透明無臭でした。
窓の外は囲いがあったりして、あんまり魅力的な
雰囲気でもありません。
浴室3
やっぱ、このお風呂には露天がないのでつまらない~
2回はいりたいって感じにはならないですね。

体を流した後は、貸切風呂へ!
2つの貸切風呂へ続く通路です。
通路
ドアに「空いています」「使用中」の両面の札があり、
空いていたらいつでも入浴可。あー気楽。
丁度空いていました。
通路2

お風呂はこんな感じ~
狭そうに見えますが、2人で入って丁度いいくらいです。
丁度虫が多い時期だったのか、たびたび虫がまとわりついて
ちょっと邪魔でしたが、目の前の林(山かな?)を眺めつつ
気持ちよく入れました。
しかし、両側が壁なのでいわゆる露天て雰囲気ではないかな~
窓の大きい内風呂or半露天というか・・・
貸切風呂
一応お風呂の隣にはシャワーあり。
(ただし石鹸シャンプー類はここでは使えません)
洗い場

貸切風呂の脱衣所はこんな感じ。
2人1組の利用だと分かりきっているからこそ
このスペースにできるのね。という感じで、
3人立つのは無理かなって狭さ。
脱衣所

こちらのお風呂は・・・うん、左右対称なだけあって
もうひとつの方と印象は変わりませんね。
(お風呂のフチが石か木かという差はあるものの・・・)
貸切風呂2
外の景色はこんな感じ。
景色

貸切風呂は予約不要で空いていればいつでも
使えるのが気楽でいいですね。
私たちが宿泊したとき、客室は満室だったのですが
なぜかいつも貸切風呂が空いていました・・・
タイミングが良かったんでしょうね~~。

昔はとにかく広々した景観の良い大露天が
大好きだったのに、最近、1人で貸し切れる
小さめのお風呂も好きになってきました。

ちなみに、貸切風呂同士は完全に隣り合わせなので、
隣で入浴中の方の話し声は、かなりはっきり聞こえます。
湯回廊菊屋も似たような感じで隣の貸切風呂の
声が聞こえましたが、隣で大きな声で
話している方がおられると、ゆったり湯浴みって
雰囲気ではなくなっちゃうのが残念・・・

さて夕食後大浴場の男女入れ替えがあり、
こちら「時と光の湯」が女性用になりました。
こちらは翌朝の写真です。
うん、こっちの方が断然明るくて良いお風呂だ~!!
ガラスで仕切られた向こう側が露天です。
大浴場2

露天はこんな感じ。
ここの露天も壁があって開放感あふれる露天って
感じではないですが、構造上仕方がないのかな~
露天
洗い場

大浴場も貸しきり風呂も、タオルはお部屋から
持っていかないといけないのが少々面倒でした。
エコの観点とかあるかもしれませんが
タオルがあったら散歩帰りとかにさくっと行けて
便利なのにな~って。
こういうの、小規模宿だからこそ望んでしまうのかな?

正直、お風呂だけでいうならば、綺麗にしているけど
眺望も雰囲気もいまひとつ・・・かなあ。
コンクリートな感じの雰囲気で、
「このお風呂にぜひまた入りに行きたい!」って
印象ではないです。

が、ここの売りはなんといっても食事。
美味しいお肉料理を食べに行って、
ついでに温泉も入れると思えば、十分なお風呂だと
思います。
時の宿 すみれ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年09月08日(火) 記事No.352
今までの旅行の中で一番といっていい位、
すっごーく楽しみにしていた夕食の時間です。
米沢牛尽くし~♪

メインはすき焼きorしゃぶしゃぶorステーキからの選択。
やっぱりここはステーキかしら、と思っていたら
旦那は「しゃぶしゃぶがいいかなあ」とのこと。
2人ともしゃぶしゃぶをメインに指定したうえで、
あきらめきれないステーキは1人前別注しておきました。

鉄板焼きのカウンタ席が一番人気らしいのですが、
しゃぶしゃぶをメインを選んだ場合はテーブル席
になるみたいですね。
こんな感じの席。後ろにはカウンタがあります。
席

メニューです。
見ているだけでヨダレがでそうな位お肉尽くしの内容。
期待が膨らみます!
メニュー

ワインメニューも配られますが・・・
ここでハッと気づきました。
ロビーのそばにある酒蔵で夕食のワインを選べたのに、
夕食前に酒蔵に行くのをすっかり忘れてた!!

まー席で選んでもいいか、と思ったのですが、
席で見れるワインメニューには、酒蔵のものは
必ずしも載っていない、とのこと。
お行儀が悪いとは思いつつ、食前酒を注文してから
中座して酒蔵にワインを見に行き選びました。

ゼクトのピッコロサイズがあるので頼んでみました。
ゼクト

しきんぼとクリームチーズのスプリングロール、
グリーンアスパラのブルーテ コンソメジュレ添え。
1
アスパラの方は美味しい♪
が、しきんぼの方については・・・
かんだ瞬間、生肉とクリームチーズの両方が
「ぐにゃり」という食感になるのがウーンという感じなのと、
生肉らしい香りがちょっと強くって・・・
この組み合わせは個人的には苦手かなーと。
「チーズ無しでレモン塩かなんかで食べたい。」と
思ってしまいました。
お肉自体は美味しいんですよ。

「ランプのローストと彩り春野菜をバーニャカウダ
仕立てにして」
2
ウマーーーーー!
バーニャカウダの味付けと牛肉ってあいますね。
旦那もニコニコして食べているのを見て、
あー来てよかった・・・と思いました。

「まくらをサラダ仕立てにした春の香り」
3
サラダ仕立てっていうからもっとサラダっぽいもの
かと思っていたら、お肉中心!
さっぱりしたソースが美味しくって、幸せな味です。

「ほほ肉のポシェ入り新たまねぎのグラタンスープ」
4
肉のだしがきいたスープが絶妙でおいっしい!!
おかわりしたい~~

はちみつれもんのグラニテ。
5

「大とろの握りと内もも肉をみそ焼きにして」
6
大とろ、というのを見て、旦那は魚のトロ?と思った
らしいのですが、もちろん牛肉の握りです。
口に入れた瞬間じわーっとお肉の甘みがひろがって
すっごく美味しい~♪
あまりに気に入ったので追加したくなったのですが、
この後すでにステーキも別注しているので、
これ以上は危険。という判断のもと、やめました。

旦那もこの握りが気に入ったようで、ニコニコしながら
「こんなに美味しい肉尽くしの宿だったら人気が出るのも
わかるねー、わざわざ東京から泊まりに来たくなるね。」などと、
いつになく積極的に感想を教えてくれます。

「とも三角をすみれ漬けにして」
7
味噌漬けのお肉を軽くあぶってあるの・・・
お酒にあいます~

千本の軽い湯びきと春野菜の梅肉ジュレ
8
梅肉ジュレとあいます。こんな料理法もあるのねー

すみれの冷汁。(上側にあるのはしゃぶしゃぶのたれ)
9
しいたけの出汁の味の煮物。さっぱりしててうまーい。
きのこのだしが出て、美味しいんですよ!
新潟ののっぺい汁に少し似ているような。

サーロインのしゃぶしゃぶ。水菜等といっしょに。
10
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
脂がのっててお肉が甘くって、美味しい!!
幸せの味です。

ここで別注のステーキ到着(+5500円だったかな?)
11
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア
お、美味しいい~~
かんだ瞬間肉汁がじゅわわーっとあふれる、
やわらかーいお肉です。
おろしとポン酢、塩などで頂きました。

最後は薄いお餅とうどんでしめ。
が・・・めちゃくちゃお腹一杯で、うどんまで食べれず。
これだけお肉ぱくぱく食べてれば当然かww
13

12

その後、バーラウンジに移動してからデザート。
ピアノの生演奏もあり、なかなかいい雰囲気でした。
コーヒーは一杯ずついれてくれて、美味しかったです。
コーヒーをいれるところを眺めてるのって幸せな時間ですよねー
14

米沢牛尽くしのお料理、本当に美味しくいただきました。

食べた中で、これはちょっと、と思ったのは、
最初の方に出てきたクリームチーズまき位・・・・
その他はみんなおいしくて、顔がほころびっぱなしでした。

色んな部位が色んな料理方法で出てきて楽しめるし、
メインは、どれを選んでもたぶんど真ん中・納得の味。
土曜泊がすぐ埋まるのも納得だな、と
満腹・満足で部屋に帰りました。
時の宿 すみれ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2009年09月06日(日) 記事No.349
山形の湯の沢温泉にある「時の宿 すみれ」さんは、
2名でしか宿泊できない、お2人様専用の宿。

米沢牛尽くしの料理がすばらしい、とたいそう評判で、
様々な雑誌・ブログで、絶賛と言える感想とともに
ツヤツヤしたお肉料理の写真が掲載されているのを
見るたび、脳内で訪問した気持ちになっておりました。

そして今回実際に訪問してみてみて、
「これは確かに人気出るわ!」と、
しみじみ感じることができました。
再訪したいか?といわれたら、間違いなく
「イエス!お肉目的で!」と即答しちゃえる、
お肉好きには聖地みたいな宿ですね。

旅行当日、米沢駅からは、事前にお願いしていた
送迎車(小さめのバス)でお宿へ向かいました。
2人専用旅館だからでしょうが、この時はそろって
夫婦orカップルでした。
きのせいだろうか、なんだか不思議な感じ・・・

こんな感じで、大きな道路沿いに突然宿が
みえてきます。
1
建物までには、広々したお庭があります。
さてこちらが旅館の入り口。
2

到着後ロビーで記帳。
館内説明、夕食はカウンター席かテーブルか、
夕食の時間、嫌いな食材等のお話をしました。
ロビー
お菓子とお抹茶をいただきました。
このメレンゲのお菓子は・・・あれだ!
WESTの「ポロン」に似てる!!うん、美味しいです。
3

私たちの部屋は2階の「あおい」、和洋室です。
広めの部屋、というお願いをしたらこちらになりました。
室内の入口です。格子の向こうはベッドルーム。
入口
室内から入口方向を見たところ。
入口
リビングです。
リビング

ソファはわりと硬めですね。
室内
旦那はこの椅子にゆられつつ本を読むのが
気に入ったようです。
椅子
「TVと時計は置かない」ポリシーの宿とのことで
CDプレーヤーのみ。
ヒーリングCDを聴いて、持ってきた本を読んですごしました。
こういう時間のう使い方もありですね。
まあしかし、TV、あってもいいと思うけど・・・
見たくない人は見ないってだけでいいのでは。
リビング

時間を忘れてすごしてほしいから、
時計を置かない・・・というコンセプトだそうで、
室内には備え付けの時計がありません。

しかし、食事の時間やチェックアウトの時間は
普通の旅館と一緒で予め決まっていますから、
好きな時間に行動できるわけではありません。

ということは、食事の時間に近くなったら、
持参した腕時計や携帯を手にとって、
時間をチェックすることになるわけで・・・。

一見美しいコンセプトに思えるけど、実際のところ
客の視点か見たらどうなんだろうなあ、と感じました。
「食事は自由な時間にどうぞ、だから時計は置きません」、
というやり方なら、まだ分かるのですが。

ベッドルームとリビングの間は格子になっていて
音は完全に聞こえます。
光が入るので広々感じられます。
ベッドルーム方向
ベッド
m度
バスタオルは2枚。浴衣と作務衣がありました。
タオル
洗面台のボウルは2つ。
洗面台
アメニティ。基礎化粧品はなく結構あっさり。
なんだか意外~~。
アメニティ
お手洗い
冷蔵庫はビールが色々・・・ビール好きにはいいかも。
冷凍庫にはハーゲンダッツがあります(有料)。
冷蔵庫
TVボードの下にあったお茶セット。
湯沸し機ももちろんあります。
お茶

お部屋はすっきりとしていて、気持ちよく過ごせました。

室内の鍵が1個だけなのが残念でしたねえ・・・
2つにしてくれないかなー。
鍵が1つしかないと、基本的に2人一緒に行動しないと
いけなくなるでしょ?
(あるいはどちらかが部屋から出ないか)
時計をおかないとか考える前に、そういう基本事項を
検討しないってどうなのかな、なんて
思ってしまいました。
時の宿 すみれ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。