FC2ブログ

  • 沖縄宮古・石垣 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年07月30日(木) 記事No.345
もうすぐ夏休みです。

今回の旅行も、モルディブに行きたい私と、
海外に行きたくないどころか成田にすら行きたくない
旦那で平行線に近いハードな交渉をくりひろげた
(うそ、めんどくさいから交渉してない)結果、
沖縄離島への旅行に決まりました。

というわけで、この夏は
・宮古島:アラマンダ
・石垣島:軽井沢倶楽部
に泊まってきます。

しかし、沖縄離島のリゾートの値段に結構驚きです。
モルディブとたいして変わらないというか・・・
ま、同行者の希望を無視するわけにもいきませんので
しょうがないんですけどね。

さて、今回の旅行には絶対に生かさねばならない
教訓がありました。
それは、昨年の夏、サムイのコテージタイプのリゾート
「トンサイベイ」に泊まったところ、
予想以上にヤモリ(とかげ?)が多かった
ってことなんですよね。

トンサイベイの「トンサイグランドヴィラ」には、
ひろーいテラスに、デイベッド、冷蔵庫含む台所コーナーや
浴槽がある構造になっており、このテラスに、
毎晩、招いてないお客様が(3名様以上で!!!)
おいでになるのです。

お客様が苦手な私は、夜間になると、
シャンパンを冷蔵庫にとりにいくこともできず
(ああ、なぜテラスに冷蔵庫・・・OTL)
星を見に行くこともできず
(テラスを通らないと外に出れない・・・)、
湯船につかることすらも出来ない
(湯船のそばにお客様がいるから!!!)という、
超・ストレスフル&どうしょうもないリゾート生活を
送ったのであります・・・・。

安くはないお金を払って、夜湯船に入れない日々・・・
ああ思い出したくない・・・_ノフ○ グッタリ
(シャワーは室内にあったので、夜もシャワーを
使えたことだけが唯一の救い)

私はこの恐怖とストレスをすっかり忘れ、
今回、石垣でまたもやコテージタイプのリゾート
に泊まろうとしていました・・・
が、去年の夏はどんなだったかな~。などと
考えていたときに昨年の恐怖体験を鮮明に思い出し&
友人からの「ここはヤモリ沢山いるよ~」というありがたい
コメントでをもらい、ホテルに電話したところ・・・

「ヤモリは7月以降は沢山でますねえ。
室内に入ることですか・・・ありますよ。
お客様が網戸をあけられた時などに入ってしまうので」


(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル


「部屋に入れないようにする方法ですか?
・・・絶対って言うのはないですね。
前のお客様が入れてしまわれて、隠れていて
気づかないまま次のお客様が・・・ということも
ありますから。
室内にいなくとも、コテージの外壁には結構います」
「お客様が苦手ならつかまえに参ります。ただし、
やはり逃げますので絶対につかまえられるわけでは・・・」

(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル
あわてて、「超音波とかでヤモリを寄せ付けないような
画期的商品とか存在しないの!?」と
「ヤモリ 撃退 装置 超音波」等であせあせと
ググるわたし、笑っている旦那・・・
・・・・・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

不安をかかえつつ「リゾート名 ヤモリ」で検索してみたら、
出るわ出るわ、「ヤモリがいた」っていうクチコミが!!!
ぎゃあああーーーー!!!!
浴室とかベッドの上の天井にいたら、そりゃーもう
風呂も入れないわ眠れないわ恐怖の生活だよ~~
OTL

というわけで、ホテルタイプに絶対変更せねば、と、
あわてて軽井沢倶楽部さんに変更。ふう・・・
ばったばたな予約変更でした。

しかしまあ、やもりちゃんこそ現地住民なわけで、
恐怖心を克服できないでぶーぶー言うならば、
もう南の島へいってはいけないんだろうな~
なんて感じます。


スポンサーサイト
沖縄宮古・石垣 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。