FC2ブログ

  • 楽々荘(京都・亀岡) カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2008年02月10日(日) 記事No.129
私は帰宅してから気づきましたが、楽々荘の敷地内には
国の有形文化財に指定された洋館があり、
夕食は(3組限定ですが)この洋館でもいただけ、
1階はカフェとして使えたらしいです。
 (予約したサイトに書いてあったのになぜか読まずに
  行ってしまった!)
洋館・・・どこにあったんだろう。
事前の調査が足らないと後悔が残りますね。

ちなみに春~秋は、庭園でオープンカフェが営業するそうです。
季節がよければもっと楽しめたかも。

旅館としてのパブリック(大浴場・バー等)はありませんから
あまり写真がないのですが、ロビーなどを紹介します。
こちらがロビーです。
椅子がありますが、旅館の入口を入ってすぐのスペースなので
ここでゆったりするとかそういう場所ではないような。
チェックアウトの時くらいしか滞在しないのでは?
ロビー

ロビー2

お部屋の前の廊下。
廊下

ロビーやレストランからお部屋のある棟へ行くための外廊下。
外気にあたるので冬は寒いですね。
廊下2

朝食前に少しだけ庭を散歩しました。
庭1


次に朝食について。朝食の時間は到着時に決めるのですが、
「朝食は9時以降で何時がよろしいでしょうか・・・」
と言われていました。
Σ(゚Д゚;)おっ、オソ!!

普段の、旅館目当てで滞在している時なら
9時以降と言われてもなんでもないのですが
今回の旅行は観光がメイン。
朝は早く出て嵐山に行こうと思っていたのに~。
「観光に早めに出たいので8時、8時半あたりにできませんか?」
と聞いたのですが、「それはできない」、との返事。
 (※厨房に聞くとかどこかに確認するとかすらしてくれない・・・)

「私どもはチェックアウトが12時ですから」だそうですが、
それは知ってるけど早く食べたいって言ってるのですよ。
結局、一番早い時間の9時からでお願いしておきました。

同行した母は早起きな人なので大丈夫かな~と思っていたら
案の定、翌朝朝6時前に起きてお風呂にのんびりつかった後、
「・・・お腹すいたあ(涙)」と辛そうでした(ノД`)ゴメンー

さて時間になったので「やっと食事にいける~」と朝食へGO。
場所は夕食と同じレストランです。

行って早々、「アレ?」っと思ったのは、
隣の席に、既に朝食を終えた方の跡があったこと。

時間を決めたときの方は、いかにも朝食は9時以降に
決まっている、という話しぶりだったのに。
推察するに、オペレーションの都合で同じ時間に何組も
入れないようにしているだけなのかなあ?
だったら、早い時間は埋まってしまった、と言ってくれた方が
全然スッキリするのに~('A`)

・・・等と会話しつつ席で待っていたのですが、
なんかね、席について20分たっても料理がこないんですよ・・・。
ありえない・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン
何もないテーブルで20分放置って経験したことない(涙)
「もしかして、忘れられたんでは!?」「いやまさか・・・」と
朝から不安に・・・
(スタッフさんに確認しようにも、見えるところに人がいないし)
9時25分にお姉さんがお料理を持ってきたときは
「あ、用意してくれてたんだ」と思いっきり安堵しました。

こんなひと悶着があったものの、お料理自体はおいしかったです。
お魚や出し巻きはアツアツで、ちゃんと裏で作ってたのね、
と思いました。
朝食2

豆腐

出し巻き

朝食

ご飯は、各テーブル毎にお釜で出されます。
底におこげが少しだけあって美味しかったです。
ご飯

ごはん

朝食2

朝食・・・おいしかったです。アツアツだったし。
適当な瓶詰め料理とかが出されることもなくって
好感の持てる内容でした。
しかし、朝食については、予約した時間に用意できるように
しておくのは基本じゃないかなあ?と思います。
素直にほめられないのがつらい・・・。

チェックアウトはロビーで。
帰りはまた亀岡駅まで送っていただきました。

以上で、一人約39000円でした。
_____________
総評。

お部屋は綺麗で、ベッドの寝心地も良かったです。
室内はとても快適でした。
窓からの景色がないことで閉塞感があるのは残念です。

ジャグジーのお風呂は大きくて気持ちよかったです。
朝、天井の窓ガラスを開けて、紅葉と青い空を眺めながら
入浴したのはいい思い出です。
ただ、浴室もお部屋同様に綺麗な空間なのですが、
どうしても閉塞感が気になってしまう。
お風呂に坪庭があるのを売りにしているような印象ですが
あれで半露天と言えるのかどうか。

残念だった点としては、
・夕食、朝食のオペレーションが悪すぎる。
 片方だけだったら偶然ですませられるけど、
 ダブルパンチですから、偶然ではないでしょう。笑
 うーん、旅館の朝食で20分放置って、ありえないなあ、と。

 客室数が極めて少ない旅館なのですから、オペレーション
 をきちんとするのがそう難しいとは思えません。
 時間に関する考えが甘すぎるのでは?
 お客はお金を払って時間を買っているのですから、
 もっと心を配ってほしいですね。

・お風呂のお湯は、あらかじめいれておいてほしい。
 早く到着するゲストだったらまた話は別かもしれませんが、
 暗くなってから宿に到着して、すぐにでも入浴したいのに
 お湯がたまるまで20分以上待つって・・・さみしいです。

・浴室の暖房は、客の到着前につけておいてほしい。
 到着後すぐつけたのですが、なかなかきかなくて・・・
 寒くてつらかったです。

・アメニティが意外に貧弱。
 部屋に化粧水くらいはあってもいいと思うのですが。
 (電話すれば化粧水を貸して下さるそうですが、
  やはり面倒です)

全体的に、箱としてはいいんだけども、客の目線で
サービスするという点について配慮できていないの
ではないか、と思いました。
なんとも不運?だったのか心地のいい滞在ではなかったので、
私自身は旅館としての再訪はないかな、と思いました。

夕食は美味しかったので、近所にあったら食事だけに
利用するかもしれません。
スポンサーサイト
楽々荘(京都・亀岡) |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 

2008年01月20日(日) 記事No.127
今回の宿泊プランでは、夕食はレストラン「チンギアーレ」での
イタリアンか、和懐石を選択可能でした。
私はイタリアンをチョイス。

ちなみに、夕食は浴衣可かどうか電話で聞いたものの、
可・不可の明確な回答が返ってこなかったので
洋服で行きました。
(後から考えると、洋服がデフォなのでしょう。
 そう言ってくださればいいのに?)

レストランはグリーンを基調にしたカジュアルな空間です。
隣との間隔がはわりと狭く、満席だと気になるかもしれません。
(全体像は翌朝の写真です)
レストラン

テーブル

いただいたメニュー。苦手な食材は変えていただけるそうです。
メニュー

ワインメニューはなかなか良かったのではないかと。
デザートワイン、グラッパ・ブランデーもあり、
夕食でお酒を楽しむにはいい宿だな、と思います。
しかし、食前酒としてボトルでシャンパンをいれたところ
サーブまで相当待たされ、「注文を忘れられているのでは」と
不安になってしまいました。涙

パン。フォカッチャがおいしかったです。他は微妙。
パン

アミューズの生ハムと洋梨。
アミューズ


オマール海老とブロッコリーのサラダ仕立て。
サラダ仕立て


この時点で、夕食について非常に大きい減点要因が明らかに・・・
サービスの間隔があまりに悪すぎる!!OTL

上に書いた食前酒のサーブの遅さから始まり、
全体的にサービス間隔が遅めだな、と感じていたのですが、
時計を見ると、着席が7時で、上のサラダの提供が・・・8時。
うわ、残りのメニュー(デザート入れて5品)を終えるのに
一体何時間かかるのだろう、と不安になってしまいました。

鮮魚(鯛)のフリット、松茸のフリカッセ添え。
あれ次のメニューと重複?と思うものの、おいしかったと思います。
フリット

甘鯛と水菜のスパゲティ。
和風の味付けでした。鯛の皮のカリカリの部分がおいしかった♪
パスタ

自家製手打ち麺 イノシシとつくね芋のラグーソース
今回の食事で一番のヒット。
麺がもちもちで、ラグーソースと合っていておいしかったです♪
これは是非また食べたいです。
パスタ2

エゾ鹿の香草パン粉焼き。火の通し方がうまいな~と思いました。
これまで鹿はどちらかというと苦手食材だったのですが、
実はおいしいのかも?
エゾ鹿

デザートはバニラアイスクリームと梨の赤ワイン煮。
うーんこれはあまりに普通・・・惜しい。
デザート

コーヒーは一杯落としのもので良かったです。
ガラスの器が面白いですね(かなり持ちにくいけど)。
コーヒー


お料理自体は美味しかったと思います。
宿泊せずともレストランとして使えるそうで、
サイトで値段を見たところリーズナブルな印象でした。
近所にあったら(お食事だけで)再訪するかもしれません。
デザートはもう少し工夫してほしいところですけども。

しかし、「食事全体の感想を」と言われると、
サービスの悪印象が邪魔をしてしまい、
どうコメントすべきか相当迷います。
食前酒の提供、ワインの提供、料理の提供・・・
どうしてあんなに遅かったのでしょう。
(満席でキャパを超えている状態ならともかく、
 全くそうでもなかったですし。)

ちなみに、同行者に後日食事の感想を聞いたところ、
「ああ、あのサービスがものすごく遅いイタリアンね」
と言われてしまいました。うう、そこが一番の記憶ポイントか~

・・・サービスってやっぱり重要なのですね。
楽々荘(京都・亀岡) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年12月30日(日) 記事No.126
11月半ば、京都の亀岡にある「楽々荘」に宿泊してきました。

母から突然、「来月京都に紅葉を見に行きたいの。」という
京都旅行のお誘いの電話があったのは、旅行日の1か月前。
「京都に行くのはいいとして、なぜそれを今言う!?」と
クラっときつつ、
この計画性のないとこは同じDNAを感じる!!!
等と激しく思いつつ、紅葉はみたかったので二つ返事でOK。

早速京都の本を買い込み、以前から行きたいな~と
思っていた宿をあたりましたが、予約の時期が遅すぎる・・・
考えていた旅館&ホテルはのきなみ満室。

予約にかなり苦しんだ旅行でしたが、
「一○」のサイトで空室があり、「綺麗そうでお風呂が広い」、
トロッコ列車生みの親、田中源太郎翁旧邸、全6室・・・
というあたりにひかれ、「楽々荘」に決めました。

お部屋は「沢桔梗」、約100平米の広さと、ジャグジーの
半露天があるのがウリ、らしい。
※温泉旅館ではないので、普通のお風呂です。

当日は京都で散々観光してから、夕方、電車で楽々荘の
最寄駅の亀岡駅へ。
亀岡駅から楽々荘へは徒歩10分かからないそうですが、
希望の時間(何時でもOKだそう)に送迎をお願いできたので、
送迎車で向かいました。

こちらが部屋の入口です。
入口


玄関を開けると、内扉を開けて、すぐにリビングです。
明らかに2人用の部屋なのですが、机が広ーい。
テーブルの向こうにある障子の奥がお風呂です。
リビング

灯


リビングの右手奥がベッドルーム。
今回は3人で泊まったので、エクストラベッド(寝心地悪い・・・)が
ありますが、普通のベッドは気持ちよかったです。
ベッド


ベッドルーム側にあるオーディオセット。
ここで音楽をかけて、浴室のスピーカーで聴くことができます。
またDVDのメニューが置いてあり(客室数の割に数が多かったのが意外)
フロントに電話すると、DVDをお部屋に持ってきてもらえます。
TV

床は白木。すべすべして気持ちいいです。
写真を忘れてしまったのですが、室内用のスリッパは、
起毛素材であたたかいものでした。冷え性には嬉しい・・・

浴室はこんな感じ。
浴室用エアコンがあるので寒くありません。洗い場は広め。
浴槽は大人2名でゆうゆうと入れる大きさで、ジャグジーつきです。
ちなみに、大きな窓があるものの、お風呂の窓は完全に竹の囲いが
あり、横の景色はゼロと言っていいでしょう。
(この窓の外は「坪庭」と表現されていたけど・・・ウーン)
お風呂1

温泉でもなく、入浴剤も置いていないのを知っていたので、
あらかじめ京都駅のドラッグストアで入浴剤をがっつり購入して持参。
1回の入浴で3つ投入しましたとも・・・
お風呂2


天井のガラスは大きく開けることができるため、空と窓の上の
紅葉を眺めて入ることができるのは良かったのです。
しかし「半露天」との触れ込みですが、天井の窓が広いだけで
「半露天」というのは無理があるような?
お風呂3

青い空、紅葉を眺めての朝風呂がとても気持ちが良かったです。
窓

本当は夜窓を開けると星が綺麗に見えるらしいのですが、
今回は夜開けて入浴しませんでした。残念。

冷蔵庫コーナー。冷たい水のポットが2つおいてあります。
冷蔵庫は差し込み式ではありませんでした。
中にはモエのハーフがありました。(3500円位だった気が)
冷蔵庫の中身の他、お部屋でワイン等も注文できます。

冷蔵庫


こちらは洗面所。洗面所用ヒーターがあって暖かかったです。
洗面所

アメニティは、モルトンブラウン社製 SOMOの石鹸+
シャンプー+コンディショナー。
香りがキツイ!!!!き、きつすぎだよ・・・(涙)
化粧水位はあるかな~と思っていたのに一切なかったので
少々がっかり。
部屋のパンフレットには「電話すれば化粧水、乳液などを貸出可」
と書いてありましたが、いちいち化粧水のために電話するのは
あまりに面倒で、結局借りていません。
個包装のを置いてくれた方が嬉しいですね。
アメニティ


クロゼットに、バスローブ+バスタオル(1人1枚)。
クロゼット

チャイナ風の部屋着もありました。
部屋着

あとは浴衣も。
浴衣


お部屋について正直な感想・・・

室内は横の景色がゼロ!
広大な敷地内に6室だけ・・・という情報を見て、なんとなく
当然部屋からも綺麗な庭が見えるのでは、と思っていたのですが
見事に単なる妄想でした。

考えが甘かった自分に反省です。
お部屋にはまともな窓はないですし、お風呂も、あんな竹で
外が見えないように囲った窓ガラスで「半露天」というのかなあ・・・
という感じです。

お部屋の景色のなさや閉塞感は、これまで泊まった旅館の
中で最低ランクでしょう。
悪く言えば、すごく綺麗なラ○ホ?みたいな感じを受けてしまう
室内なのですよね。綺麗なんですけどね。

後は、サービススタッフさんの対応が微妙だったのが
強い印象に残っています。
お部屋に入った際、お風呂にお湯ははられていなかったので
すぐに係りの方にお湯を入れていただきました。
・・・が、「20分でイッパイになります」と言われたのに
いつまでもたまらない・・・底に10センチのまま・・・。
不審に思い浴槽を見たら、お風呂の栓がされてませんでした。涙

この他にもいくつか、久々に「ん?」と思う良くない印象が
残ったので、意外でした。
オープンしたてというわけでもないのになあ、と。

あ、でも白木の床はよかったです。とても。
楽々荘(京都・亀岡) |  トラックバック(1) |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。