FC2ブログ

  • ソネバギリ(モルディブ) カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年08月28日(火) 記事No.98
モルディブの後は、シンガポールに一泊して日本に帰ることになります。
モルディブのマーレ国際空港で、23時すぎのフライトまで時間つぶし。
空港自体は非常に小さいのですが(本当に国際空港?って感じです)

そこに唯一あるフードコート(?)に和食メニューが!!Σ(゚Д゚;)エエエエ
メニュー


Σ(・Д・ノ)ノ なんと、見本まで!
しかし、うどん・そばにナルトがのっかってるのは・・・
ラーメンとごちゃ混ぜになっているような?(υ´Д`)
メニュー


店内はこんな感じ。
店内

いかにも和食らしいカウンターがあります。
カウンター

旦那の注文したおそばです。
(確か、日本円で1200~1400円位だったかな。高級そば。)
そば


気になるお味は・・・
①体温よりぬるいスープ
②めんつゆに砂糖を大量投入したような味付け・・・を想像して
いただけるといいかと思います。
しかし旦那は久しぶりのしょうゆ+かつおの味がうれしかったらしく、
「どん○えの方が絶対ウマイ!!」とかいいつつ完食していました。

その後は、小さなデューティーフリーをぐるり。
見るものは特に無かった・・・のですが、発見。
■お酒コーナー■
そんなにナミナミだったらこぼしちゃうと思います。
ワイン


ロイヤルサルートってアルコール度数40%とかじゃないですか?
お酒3


ああ色々突っ込みたくて仕方がない・・・
お酒2

うーん、基本的にお酒禁止の国だからディスプレイも適当なのか、
または国民性なのか・・・興味深いわ~。

こんな感じで時間をつぶした後、飛行機で約4時間半でシンガポールへ。
シンガポールのチャンギ空港についたときは、現地時間で朝7時位でした。

日本語の上手な現地係員のマイク(仮名)と一緒に、今日のホテル
「リッツカールトンミレニア」へ向かいます。
大体30分位でホテルへ到着。ホテルの外観・・・うーん、普通。
(眠いのもあって、撮影してません。)

マイクがフロントでチェックインをしている間、私達夫婦は
フロントから大分離れたソファで待つように言われました。

その後、フロントからマイクが戻り、旦那に
「じゃあ、明日ここで7時半に待ち合わせデスから~!」と告げ、
ルームキーを渡して去って行ったのですが・・・
マイクの後ろ姿を眺めている旦那が(  ゚∀゚)バアァーハッハッハッハ!!
って感じで突然大爆笑。
「(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?どしたの?何か面白いもの見たの?」と聞いたところ、
「…さっき偶然マイクの後ろに行ったとき、マイクがフロントに勝手に
 『明日のモーニングコールお願いします!!6時に!!!
 って言ってたんだよ~!おまけに俺らに何も言わないで去ってったよ!」

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

ちょwww7時半に集合なのに「6時」って!朝食食べない派かもなのに!?
しかも勝手にモーニングコール入れて教えないってどういうことだ(怒)
あんにゃろお~ありえないイイ ワナワナ((((;゚Д゚))))ワナワナ

私はその場でモーニングコールを消してもらおうとしたのですが、
旦那が「まあ、いんじゃない?早めに起きてもさ。ハハ」とかいうので
結局そのままにすることになりました。
しかし、海外ツアーでどんな朝早いときでも、こんな扱い
されたことないけど・・・。
マイク、イノセントなオヤジ顔して絶対確信犯だと思います。

さて、その後はお部屋にGO!14階位だったかな?
廊下

入口あたり。奥に広めのクローゼットがあります。
玄関

室内はコンパクト。でも窓が広いのでなかなか開放感があります。
道路向きのお部屋でした。ツアーだし仕方がないでしょうね~
室内

セミダブルのベッドが2つ。寝心地は良いです。
室内2

洗面所はこんな感じ。右側にバスタブ。予想より広々で良かったです。
洗面所

バスタブは大きな窓つき。夜の夜景がなかなかです。
そして枕があるのがいい♪寝そべったときの快適さが大違いです。
バスタブ

バスソルトの入れ物がガラスです。
体をこするへちまのようなものがあったのがうれしい。
バスソルト

アメニティ。なんとなく入れ物がアジアンで可愛いのですが、
中身はきわめて普通でした。
アメニティ


今回本当に寝るだけのお部屋だったのですが、ベッドの寝心地は良かったです。
(この写真をとった後、2人で昼前まで爆睡してしまいました。)
スポンサーサイト
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年08月26日(日) 記事No.97
ソネバギリ最後の夕暮れです。
夕暮れ

空2

空3

夕焼け1

夕焼け2


雲が多いけど、やっぱり綺麗。
海と空を見ていると、「生きててよかった!ここに来れてよかった!」
という幸せでいっぱいになりますね。
夕焼け3


そして旦那、旅行嫌いなのにここまでつれてきてくれてありがとう♪
「もう10年分位楽しんだでしょー?」とか言ってましたが・・・
いえいえ、1年分位ですよ?

暗くなった後は、またお風呂に入ったりした後、
DVDを見ながら21時までのんびり。
(チェックアウトの延長を18時まで依頼していたところ、
 21時まで延長してくださいました。)

お部屋担当の方が最後にバギーで迎えに来てくださり、
レセプションで精算して、いよいよソネバ出発です。
部屋を出るとき、お部屋のお掃除担当の方が石鹸をプレゼントしてくれました。
レモングラスの石鹸、プーケットのエバソンで大量に買ったんだけど
そろそろ最後の一個だったので・・・まじめに嬉しい。笑

星空の中、また恐怖の高速スピードボートに乗って、
マーレへ帰りました。

_________________________

7日間のソネバギリ滞在の感想です。

■お部屋
実際に訪問する前は、あの究極のナチュラルデザインが(個人的には)
かなり微妙・・・というか、好きじゃない・・・と思っていたのですが、
モルディブの小さな島の雰囲気に合っていて、意外に素敵でした。

また2階があるのが良いですね。
毎日起きてすぐ2階で朝日を眺めたことや、デイベッドで風にふかれつつ
お昼寝をしていたのが、本当に良い思い出です。

今回○TBのアップグレード特典のおかげで「レジデンス」に泊まりましたが、
やっぱり広いし、何よりリビングにクーラーがあるのが(゚∀゚)イイ!
次回行くときがあるなら、またレジデンスで、かつ、
「夕焼けの見える部屋」に宿泊したいですね。
お部屋の冷蔵庫やワインセラーは品揃えがよく、本当に便利でした。

■自転車
自分の自転車でのサイクリングが何より最高!!
海の上の桟橋をサーっと駆け抜ける爽快さ・・・言葉で言い表せない。笑
次回行くときも、絶対サイクリングしたいです。これはマスト。

■食事
美味しい、と思いました。
特に美味しかったのは、
・野菜(菜園があるため、新鮮で種類豊富!)
・朝食のパン(とりわけクロワッサンアマンド)
  ※ただし昼・夜のパンは特に美味しくない・・・なぜでしょう
・アラカルトのお肉料理に添えてあるソース
・ソルベ・アイス(どれを食べても感動する美味しさ、毎日でも食べたい!)
・ハンバーガー(ラムバーガーをまた食べたい・・・)
デザートは、いくつか微妙なものがあったのが不思議です。
偶然ハズレをひいただけで、実はちゃんと美味しいものもあったのかも。

■スパ
立地は最高!!特にスパの後2階から見る景色は素晴らしい。
しかし、技術は褒められません。ああ残念だな~という印象。

スパにあるジムに毎日通おう、と日本にいるときは思っていたのに、
結局実行できずじまいでした。

■サービススタッフさん
皆さん丁寧で、親切でした。
何かと話しかけてくださるので、最初は驚いたのですが、
リゾートではこのコミュニケーションが楽しいのでしょうね。

■他のゲストの方々
日本人と韓国人の方の割合が非常に高かったと思います。
(日本人の割合は4割を超えていたと思います)
レストランでもスタッフの方が
「最近は日本人と韓国人が多くって、韓国人の多くはハネムーンです。
後はヨーロピアンが少しかな」とおっしゃっていました。

■アクティビティ等
シュノーケリングツアーのみ参加。
すごーく楽しかったです!
今回、のんびり時間を使うことを目的にしていたため、
アクティビティ等に全く参加しませんでしたが、次に行く機会があったら
是非夕日の中で釣りとかしてみたいですね。

■ネット環境
ライブラリにあるPCで出来ますが、日本語環境はなかったと思います。
ヴィラでは、どの部屋でもLAN(有線)を使えますが、お願いしておけば
無線LANを使えるようにしていただけます。
必要なら、モルに行く前にお願いしておいた方がベターです。
(必ずしも全員使えるわけではなさそうでした)

今回、これを申し込んでおいたので到着翌日からヴィラでネットが
使え、旦那は喜んでいました。
私も毎日見てましたから、ソネバのポリシー「NO NEWS」は
夫婦ともに実践できず・・・

■ソネバギリの欠点
うーん・・・あるのかな?正直、私にはあまり感じられませんでした。
バスソルトやジュースの補充が時々忘れられてたりするのは
ご愛嬌な範囲だと思うし。
あえて言うなら、とかげ君+ヤモリ君が色々なところにいること・・・?
私にとって、ソネバの陸地&白い壁は危険ゾーンでした・・・
(と思ったけど、これは「私の欠点」ですね。)

→この後は、シンガポールに一泊した感想でようやくおわりです。
 長かった~
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年08月25日(土) 記事No.96
7日目の朝。
この日がソネバギリ最終日。夜9時には出発しなければいけません。
朝起きたときは、「ああもう帰らないといけないのだなあ・・・」と
寂しい気持で一杯でした。

さて、起きたところ、雨で外廊下が濡れていました。
廊下

これまでは、夜中に雨が振ることがあっても、朝にはすっかり乾いていたのに。
最終日なのに大雨とかだったたイヤだな~等と思いつつ、
また冷蔵庫からコーヒーを出し、2階へ上がります。

雲が厚いですね、一雨きそう・・・
それにしても、厚い雲におおわれた空も、雲の濃い陰影や、
雲の隙間から差す光が楽しめるので、結構絵になる・・・と思います♪
(勿論晴れた空が一番美しいと思うのですけどね)
空

空2

空3


・・・その後リビングでネットを見ていたら、突然雨に!
すごい風&雨です~
雨1

はっきり見えるはずの隣のリゾートが、雨の向こうで霞んでいます。
雨2

雨が降っているところを見るのは初めて。「これが雨季!」と変に感動。
旦那も起きてきましたが、「この雨・風じゃ朝ごはんにはいけないね」
ということで、コーヒーを飲んだり、ネットでyahooニュースを見たりして待ちました。

その後、20分もたたないうちにこの天気に!
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ何て綺麗!!雨よ、ありがとう♪
晴れ


さて、晴れたところで最後の朝食を食べにレストランへ向かいます。
晴れるのを待っていたのでもう10時!
この日は砂浜が濡れているので、屋内で食べました。
ソネバギリでは、クロワッサンアマンドが半端じゃなく美味しい♪
朝食

卵はポーチドエッグ。うーん、固め。
そして、私が知っているのとは違う作り方をしているような。
つけあわせの「ハム」はまた違うものがきたwww
朝食2

旦那はあいかわらず目玉焼きをリピートしており、
つけあわせの「ポレンタコロッケ」はまた忘れられていた・・・笑
私も朝食でポレンタコロッケを何度か頼んだけど、
これだけは忘れられて、最後まで食せずじまいでした。
(他のメニューは忘れるなんてことなかったのに~)

朝食のときにテーブルにいつもついてくれる美少年スタッフさんと
最後の挨拶をしました。
ソネバギリのレストランスタッフの男性って、がっしりして
体格のいい人が多かった(と思う、少なくとも細くはない)のですが
このほっそりした美少年は、将来どんな大人になるやら・・・?
見に来てみたい気もします。

朝食後、腹ごなしにお散歩・・・ということで歩いていたところ、
海が荒いことに気付きました。
桟橋のあたりなもすごい、こんな荒いの初めて見た~
(今日は水泳はムリだな・・・)
桟橋

また曇ってきて、雨が降りそう。
海2

その後ヴィラに戻り、荷物のパッキング、シュノーケリングセットの
返却等、帰る準備開始。
日本から持ってきて読んだ本は、重いので一部ライブラリに寄付しました。
日本から来る時、本屋で読みたいものを好きなだけ購入して、
「それにしてもこんなに読めるだろうか」と思いながらモルディブに来たのですが、
全くの杞憂でした。次にくるときは、もっと持ってこようっと。

さて、お腹がすいた頃にはもう夕方でした。
このときは既に晴天だったので、また水上バーへ行って
綺麗な景色を眺めつつランチしよう、ということに。
水上バー

水上バーのテラス。
水上バー


最後の昼酒・・・
海

パン

旦那はペンネを注文。
ペン

私はまたラムバーガー&ポテトウエッジ。多いけど美味しい♪
「ラムバーガー」は日本では食べられないかもしれない・・・
(自分で作るしかない?)
バーガー

最後のランチも満足でした。
スタッフさんに「今日帰るの?次はいつくる?」等と聞かれますが
次の予定は決まって無いよ~(涙)
是非また来年来たい!
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年08月25日(土) 記事No.95
スパの後は、2階でスパークリングを飲んでまったり読書して過ごしました。
2階

さらにぬるめのお風呂につかりつつ読書&飲酒・・・至福の時間です。
ヽ(´ー`)ノ毎日こうだったら楽しいのにな~
お風呂


その後、リビングでDVDを見ていたところ、私達のお部屋担当の方が
出発予定表とこれまでの清算金額を持ってきてくださいました。

前にも書いたかもしれませんが、
ソネバギリでは、毎回の食事の際は部屋番号を伝えるだけで終わり。
お会計の確認はありません。

そのため、最終日に清算書で金額をチェックすればいいのかな?
と思っていたのですが・・・
この精算書、各回の飲食の「総額代金」が記載されているだけで、
それぞれの料理・ドリンクの明細がありません。Σ(゚Д゚;)ガーン
(「水上バー 80ドル」とか書いてあるのみ・・・)

うーん。私達は大雑把な者同士の夫婦ですから、
何をどれだけ頼んだかイマイチ覚えてません。笑

ランチなら、食事をそんなに注文してないからチェックも簡単かな~?
と思いつつ見てみたものの、ランチでもアルコールを色々と頼んでいるわけで・・・
何を何杯飲んだか覚えてないため、正確なチェックなんてできない。笑
ディナーに至っては、注文した料理が多いうえに、ボトルワイン注文時に
値段をきちんと覚えていないのがネックで、さらにチェック困難。
(アホですね・・・)

そんなに怪しいお会計もないかな~?という感じで
スルーで支払ってしまいましたが、きちんとチェックされたい方は
食事ごとに総額を計算しておかれることをお勧めします。
でも、みんなどうやってチェックしてるんだろ?
リゾートではチェックしないのかな?あるいは皆さんメモを取ってるのかな?

その後、夕食を食べにレストランへ向かいました。
レストランでは何かブッフェ台のようなものがセットされています。
カレー

挨拶してくれた日本人スタッフさんに確認したところ、
今日はブッフェではなくセットメニューの日で、チョイスできる
メインの一つが、カレーブッフェなのとのこと。
旦那がカレーが食べたい様子だったので、セットメニューにしました。

お料理はコース形式になっています。
前菜は揚げた餃子のようなもの。チリソースが甘酸っぱくて美味しい♪
1品目


次はbagiyaという現地の料理。
インド料理のサモサのような料理で、すっごくスパイシー。
好みの味です。お酒がすすむ~。
2品目


そしてメインのカレー♪(カレー以外ではお肉やお魚もありました)
カレーは4種類(魚、チキン、ビーフ、シーフード)から選べて、
どれもおいしかったです。
カレーにツナのフレークをかけるように言われるのが面白かったですね。
カレー

笑顔の可愛いシェフがその場でえんえんとカレーを作り続けていました。
(間違いなく余ると思うんだけど・・・?明日の朝用かな)

デザートは、クリームブリュレ、ライスプディングとチーズから
選べたのですが、クリームブリュレはこの間食べてアウトだったので
ライスプディングを選択。
デザート

見た目綺麗なのですが、受け入れがたい味でした。
(上にのっているマンゴーが美味しかったのが救いです)

この後はヴィラに帰ってさらにワインを飲み、ほろ酔いで就寝。
スタッフさんがベッドを可愛くしてくれるのがなんとなく嬉しい♪
ベッド

朴訥・はにかみやな感じの男性スタッフさんがごそごそやってくれている
と思うと、なんだか楽しいです。
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年08月19日(日) 記事No.94
ソネバギリでの生活ももう6日目。
この日も起床してすぐ2階へあがり、朝日をまったり眺めます。
綺麗~。天国のよう・・・
朝日

朝日2

潮風に吹かれてぼーっとするこの時間が贅沢。

しばらくしたら、旦那も起きて2階へ上がってきました。
「綺麗だね~♪」と話しかけたところ、
「うん。でも、飽きたからそろそろ日本に帰っても良いよね?
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ!? このタイミングでそのコメント!?
「いや!?出来るなら1ヶ月位いたいよ!!」と返してみたけど、
「フーン・・・」と反応が芳しくない。

よくよく聞くと、食事に飽きてしまったのだそう。
「これまでの朝食、ランチ、夕食で、是非注文したいというメニューは
大体食べてしまったので、食事をわくわくしながら待つ楽しみがない」
ということらしい・゚・(ノД`)・゚・
1島でゆったり時間を使えるのがいいと思ったんだけど・・・。
旦那のように食事重視の人と一緒だったら、2島滞在にした方が
良かったのかも?次回の参考にしよう・・・。

さて、朝日の中またサイクリングで朝食へ。今朝もまぶしいです。
朝日3

朝のプールの風景。
朝のプール

朝食の卵は、「カッテージチーズとターメリックのスクランブルエッグ」
付け合せはハム。
昨日と同じく生ハムがくると思ったのに違った・・・
ハムが何なのかは、日替わり(きまぐれ?)で変わるらしいですね。
卵

今日も朝シャン・・・♪幸せ。
 (しかしカプチーノはもっと遅く持ってきてほしいかな)
スパークリング

朝カレー。
日本なら絶対無いわ~って感じですが、海外だといけてしまう。
カレー

マンゴーも食べ放題♪
マンゴー


朝食の後は、カヌーに乗ってみることに。
(カヌーはダイビングセンターの横で、無料でレンタル可能です。)
2人でカヌーをこいで1本椰子の小島まで行き、島の周りを泳ぐという計画。
1


しかし、1本椰子の小島に行って初めて気付いたのですが、
島の周りがぐるりと荒い岩や珊瑚だらけ。
カヌーから島に上がるときや、海から島へ上がるとき、
信じられないほど足裏が痛い!!旦那は足裏を切ってしまったようだし。
2人で「履くものを何か持って来ればよかった('A`)」と大後悔でした。

ダイビングセンターで聞いたところ、
この1本椰子の小島から、3本椰子(昨日目指した場所)へ泳ぐのが
一番魚が綺麗に見えるルートなのだそうですが、
昨日沖へ流されて夫婦で死の恐怖を感じた記憶が新しいので、
島の周囲を泳ぐだけでやめました。笑
しかし、それでも、深いところと浅いところの間がお魚だらけで、
非常に綺麗でした♪

その後、部屋に帰ってシャワーを浴びて、しばらくお昼寝。
デイベッド

14時になり、さすがにおなかが空いたのでランチへ行こうとしたところ、
部屋の内線電話が鳴りました。出るとゲスト担当の方で、
「あの、スパからまだお見えにならないと連絡があったのですが・・・」
一瞬「・・・?」って感じでしたが・・・3秒後に
「Σ(゚Д゚;)えー!!予約、入ってたんですか!?」と言ってしまいました。

実は、日本からネットでスパを2回申し込んでいたのですが、
(この予約には、確認メール等は返信されない仕組)
ソネバギリに到着した日に頂いたスパの予約確認表では
1つしか予約が記載されていなかったので、
「ああ、混んでいて1つは予約できなかったんだなあ」と勝手に解釈して
確認していなかったのです。
しかし、その予約確認表の単なる記載ミスで、予約そのものは
きちんと入っていたらしい・・・。イテテ。

私が確認しなかったのが悪いのですが、正直に言うと
「お腹空いてるし、今行けと言われても困る」という状態。
旦那に一人でランチをとらせるのも寂しいかもしれないし・・・
 (※私の勝手な予想なので実際は一人でも幸せかもしれない?)
事情を話して時間を変えられないか聞いたところ、スパに確認してくれ、
1時間半後にリスケしてくれました。

さて、スパの時間が決まったので急いでお昼へ。
毎日ランチの時間限定で釜焼きピザが食べられるのです。
部屋でも良いのですが、昨日もインヴィラだったし、ということで
水上バーへランチに行くことにしました。

「昨日のバーガーのように大きいピザが来たらどうする!?」
と不安に思いつつ1人1枚注文したのですが、
ピザは薄い生地で、1人で1枚食べれる大きさでした。
私が注文したのは4種類のチーズのピザ。
ピザ

味は、「ちょ・・・ブルーチーズ入れすぎ・・・( TДT)」という味。
私はブルーチーズ結構好きですが、これはあまりにきっつい!
旦那に試しに食べさせたところ、「俺のを半分食べて、そっちは残せば?」と、
とても優しい発言が。
でもせっせとブルーチーズ部分を取ったところ、とても美味しく頂けました。
※ちなみに、ピザの生地は本当は3種類位から選択できたようです。
 私達は聞かれなかったので、そのままにしてしまったけど・・・
 多分私達に来たのはクリスピータイプかな。

旦那が食後に「アイスコーヒー」を頼んだところ、これが。
瓶のスターバックスのコーヒーに、さらに砂糖と牛乳を入れた味。
ブラックのコーヒーが飲みたかった旦那は、ショックを受けていました。
コーヒー

デザートにライチのソルベを注文。本当にソネバのソルベは美味しい!
アイス


部屋に戻ると、柱に蟹が遊びにきていました。
蟹


その後スパへ。
この日予約したコースは、2人の施術師さんが同時に下半身と上半身を
施術してくれるという贅沢なコース。大体400ドル位だったかな?
担当の技術者は、下半身は男性、上半身は女性でした。
エス

感想・・・
うーん、やっぱり、技術にはそれほど期待できない感じですね。
「繰り返しもみあげてるだけ」で、筋肉やリンパの流れを勉強している
印象がありません。
雰囲気は良いのですけどね、残念です・・・。

さて、スパの後2階でまたお茶をしていると、
「このコースにはデザートが含まれています。ここで食べます?
それともヴィラにしますか?運ぶ時間も指定できますよ」と聞かれました。
旦那と一緒に食べるといいかなあ、等と思い、夕食前にヴィラに
運んでいただけるようお願いしました。
すると、後でフルーツ盛り合わせ+フレッシュマンゴージュースが・・・
( ゚д゚)ポカーン
「とりあえず皿の色が見えない位一杯盛ってみました♪」
って感じで
すさまじくてんこもりです。
デザート

本当に一人分ですか?↑これが?
勿体無いけど食べきれない・・・('A`)・・・贅沢だなあ。
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2007年08月14日(火) 記事No.93
温泉旅館レポ優先ですっかり放置していましたが、次の温泉まで時間があるので、
引き続きソネバギリについて書こうかと思います。

ソネバギリ滞在5日目の午後は、スパを予約していました。
これはリゾートからのハネムーンプレゼントで、
夫婦ペアで約50分のスパが受けられるというもの。

当日スパへ行ったところ、ホリスティック、タイ、スウエディッシュから
選ぶよう言われました。
私は凝り性なので、がっつりもみほぐされるタイにしたかったのですが、
肩こりを経験したことがない旦那が「痛いのはイヤだ」というので、
「スウエディッシュ」に決定。

この日も1回目のスパと同じ部屋で、並んでスパを受けました。
旦那の担当は男性、私は女性。
そばかすの可愛い細身の白人女性で、1回目(お金を払って受けている方)
よりこの方が技術が上でした。
お尻の上の凝っているあたりから、背中の上の方まで、ググーっと
筋肉に沿って持ち上げられるのがすごーくうまい!
おまけにお姉さんがキュートだし(;゚∀゚)=3ハァハァ
しかし、普段圧が強めのエステに行っていると、どこに行っても
パワーが弱く感じてしまう。
旦那はというと、「初日とたいして技術は変わらなかった。
それにしても全裸になるのは勘弁してもらえないものか」という印象らしいです。

スパを終えた後は、またスパの2階にあがってお茶タイム。
この日は少々雲っていました。
スパ2階


スパの後は、部屋でランチをとるためにヴィラへ戻りました。
あれ?
鳥

ヴィラの上に、カッコいいお客さんが♪
時々ヴィラの上あたりで不思議な声がするのは、この鳥さんだったのね~
鳥2


その後はお部屋でランチ。
旦那は「ソネババーガー」、私は「ラムバーガー」を注文。
ラムのバーガーって気になりませんか?

こちらがソネババーガー。写真では分かりませんが・・・すごい。
半端じゃなく、巨大。
日本人の考える「大き目のバーガー」の二倍は軽いです。
下に敷いてあるパンもかなり大きいのに、パンが見えてませんわ・・・
トマトが小さく見えるもん。ヾ(゚Д゚ )ォィォィありえん!
ソネババーガー

タバコでも横において大きさ図ればよかったかな。

ポテトウエッジは美味しい・・・♪多いけど。
ポテトウエッジ


ラムバーガー。同じく巨大。
「クアアイナ」のバーガーが子供向けに見えてきます。
ラム肉100%(予想)って感じでラム好きにはたまらない。
しかしあまりにも多いので途中で飽きます。
ラム

フレンチフライ。これも量が(以下略)
フレンチフライ

まるで苦行のようでしたが、努力して食べきりました。
ソネバでバーガーを頼むなら、2人で1つで十分かも。

食後、お散歩に行ったときの天気。やっぱり雲ってますね。
雲


そしてこの後、「今日はちょっと遠くまでシュノーケリングする」という
蛮行に及んでしまったのです。
朝の時点で、デイベッドの海面がきわめて高く、波が激しいのを
見ていたのに、何考えてたんだろう?と思うのですが、
その時は「波が高いけど、ヴィラの周りなら平気」と楽観的だったような。
そんなわけないでしょ?よく考えろ!
と、自分に言ってあげたい・・・

いつもどおりにライフジャケットをつけ、
夫婦で「あの3本椰子まで泳ごう」と目標をかなり遠くに決めて(アホ)
シュノーケリングしつつ楽しく魚を眺めていたのですが、
はっと気がついたら、かなり沖(しかも妙な方向)に流されている!

いまさらながら、冷静に見てみると、風は強いわ、潮の流れも荒いわ・・
三本椰子の方向に行く分には背後からの潮なのでなんとかなるけど、
潮に逆方向になる帰りは、泳いで戻ってこれないかも・・・という印象。
諦めてヴィラに戻ろうとしたのですが、
一生懸命泳いでも泳いでも、疲弊するだけで全然ヴィラの方向に行けない
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


こうなると「足がつかない海で泳いでいること」自体が異常に怖くなってきます。
ゼエゼエ言いつつ夫婦で相談した結果、
「このままヴィラに向かって泳いでも体力の無駄だろう」
という結論になり、一番近い岸(何かを建設している途中の海岸でした)から
上がることに。
堤防のようになっていて、上がるのもまた一苦労でしたが、
2人とも陸地に上がれたときは、「助かった!」という安堵感で一杯。
・・・しかしこの砂浜、珊瑚だらけですごい痛かった~゚・(ノД`)・゚・
(裸足のゲストが歩くような場所じゃなかったですね。)
その後は部屋でシャワーを浴びて昼寝しました。

この日の夕方。やはり曇っていますね。
薄ピンク色は綺麗なのに残念~
夕日

夕日2


この日の夕食は、スパと同じくハネムーン特典でついてくる
「ハネムーンディナー」を予約していました。
場所はどこでもOK、と言われていたので、水上バーでお願いしていました。
行くと、テーブルの上に小さなお花が。(ハネムーンディナーの印らしい)

私達の名前入りのメニューを渡され、前菜、メイン、デザートを
2種類位からチョイス可能と言われました。
サラダ

スープ

私が頼んだお魚。焼き加減が絶妙で美味しかった~♪
前菜

旦那はお肉(鶏)ソースが美味しくてペロリと食べていました。
付け合せの野菜がまた美味しい。
ソネバギリの特徴って、「野菜が常に美味しい」ことでしょうね。
お肉

デザートはカシスのムースのケーキ。
これはかなり美味しくってびっくり!でした。
(クリームブリュレがダメだったのは偶然だったのかな~)
デザート

感想は・・・デザートはとっても美味しかったし、満足でした♪
水上バーには他にゲストが全くおらず、貸切のようでしたし。

ただ、正直に言うと、私達は夕食付のコースで来ていたので、
「このメニューだったら普通にアラカルトで注文した方が
(自分で好きなものを選べるし)良かったかもね」という印象。
ハネムーンディナーだからといって、食事する場所が特別という
わけでもないですしね。
(もし夕食のないプランで行ったなら、フルコースがプレゼントなのは
嬉しかっただろうとは思います)

この日は疲れていたので、部屋に帰って早々に寝てしまいました。
やっぱりあのシュノーケリングは余計だった・・・
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年07月27日(金) 記事No.80
5日目。
この日は、起きたら既に日が昇っていました。
目覚ましなしで生活するって、本当に気分爽快!
コーヒーをいれて、2階に上がってお天気チェック。今朝の空も本当に綺麗です。
朝の空


2階から見たサンデッキ。あんまり綺麗で、なんだか夢の中のよう・・・
デッキ


3本椰子が見えます。雲が少なめでいいわ♪
3本椰子

気分がいい&旦那がおきてこないので、ヴィラの前の桟橋を散歩しました。
桟橋のそばにも、魚が沢山います。
魚

足を冷やす水が入った甕。桟橋が熱いときは、水で足を冷やして歩きます。
水

桟橋

すごい速さで移動するヤドカリ発見!追いかけられてます。
つかまるととられちゃうのかな?笑
貝


さらにそのまま歩いて砂浜を散歩。透明だわ~
浜辺


陸地に面していない「クルーソーレジデンス」。
ボートで移動するお部屋です。プライベート感は最高でしょうね。
クルーソー

海

ただし、クルーソーレジデンスの全部が景観が良いわけではなさそうな印象。
やはりヴィラのNO.指定はマストだな・・・。

船!可愛い~これでフィッシングとか行くのでしょうか?
ソネバでは釣りに参加しようか、と言っていたのに、結局毎日まったり
過ごすばかりで行かなかったですが、こんな船に乗るのも楽しいかも。
船


水が透明で綺麗~!!
海2


その後、お部屋に帰り、まだ寝ている旦那を起こして朝食へ。
今朝も朝シャン。気が利くスタッフさんがまたもや笑顔で持ってきて
下さいます。
淡い金色、立ち昇る泡♪幸せの色。
ちなみに、今日は風が強そうなので屋内の席にしてみました。
シャンパン


ソネバギリでは毎朝サーモン+クリームチーズ+たまねぎをセットで
食べていました。
サーモンだけでは塩辛いんだけど、チーズ&たまねぎをあわせると
とっても美味しいんですよね~
朝食

ちなみにサーモンの海苔巻きもありました。

卵はスペイン風オムレツをオーダー。(美味しいけど半分でいいかも)
オムレツ

この日の旦那はまたもや目玉焼き。
しかし、付け合せに「ハム」と言ったところ、生ハムが出ているではないですか!
え~~Σ(゚Д゚;)!?生ハムなの?だったら私もハムがいい~('A`)
明日は「ハム」を注文しようと決心。

食後はまたカプチーノを飲んで、本を読んだりしてから部屋に戻りました。
しかし、いつも見ている風景と何かが違うことに気付きました。
デッキの床↓が、海水で濡れているのです。
驚き!こんなの初めて見た・・・。
デッキ

雨かと思いましたが、違いました。
デッキぎりぎりまで海面がきており、デッキにぶつかった海水で
床が濡れたものでした。

毎日夕方頃になると海面が上がるらしく、デッキの高さぎりぎりまで海水がきていました。
夕方デッキのベッドに寝ていると、「バッシャン!」という音&波がぶつかる感じが
するのでよく覚えているのですが、こんな早い時間から海面が高いなんて、珍しい。
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年07月26日(木) 記事No.79
この日は、予約していたシュノーケリングツアーに参加しました。

午前10時にダイビングセンターで待ち合わで、船で20分位移動。
船は大きいし、スタッフさんも沢山同乗しているので安心♪
残念ながら、この日はカメラを持参しなかったので写真がありませんが、
持っていけばよかった・・・と後から後悔。

船上では、外国のカップルさんが船上でお互いの撮影会をしておられ、
両手にフィン(足ヒレ)をはめて→▼(゚∀゚)ノ▼ !
「キャハ~★」と写真を撮っていたのをよく覚えています。
正直;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!バルタン星人かよ!!って感じでしたが、
感動しました。私もあの位サービス精神をもってチャレンジしないとなあ。

海に入る際、驚くほど細い体をしたインストラクターさんがしきりに
「今日は波が静かだから、ライフジャケットなしで泳いだ方が楽しいよ!
本当に、脱いだ方がいいよ、オススメだよ!!」と勧めてくるのです。
ですが、何度笑顔でススメられても、
チキン夫婦は危険なミッションには参加しません!
m9( ゚Д゚) ドーン!

いや、結論から言うと、オススメに従って脱がなくて本当に良かったです。
1時間とか、体力続きませんわ。

さて、今回が私のとっての初めての本格的シュノーケリングだったのですが、
もう、とーっても素晴らしかったですヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!!
驚きの美しさでした。お魚の大群を見るのって楽しいものなのですね。

大体12時半には全員があがり、スタッフさんから果物をいただきつつ
ソネバへ戻りました。

その後、お部屋でシャワーしてまったりした後、二時すぎになって
また水上バーへランチへ。
シュノーケルの後のシャンパン、う~~ま~~い~~~゚+.(・∀・)゚+.゚!!
スパークリング

いつもなみなみと注いでくれるのも嬉しい。

旦那はジントニックを注文。
ランチ水上バー

お天気も最高!!風が海から来るので、暑くありません。

遠くに一本椰子が見えます。
水上バーにいると、あの一本椰子を目指してカヌーに乗っていく人が見えます。
(一本椰子のあたりは、素敵なシュノーケリングスポットなので)
カヌーは上手下手が見えて面白いです。
うまい人は驚くほどスイスイ沖へ行きますし、そうでない人はあらぬ方向へ
こいでいたり。私達は後者だろうなあ・・・
水上バー


こちらは焼きうどん。アジア風な焼きうどんですね。コーンがウマイ!
野菜も一杯でおいしいけど、相変わらず、非常に量が多いです。
ランチ1

ペンネアラビアータ。トマトが美味しい~。
そしてペンネの量もすごい。
日本のイタリアンのランチでペンネを注文すると、男性には足らないことも
あるかと思うのに、ソネバでは旦那が途中からギブアップ気味でした。
ランチ2

この後、デザートでクリームブリュレも頼んであったのに、すっかり忘れて
ヴィラに帰ってしまいました。
ソネバギリでは食後にサインをしないので(部屋番号を教えるだけでOKなのです)
つい忘れがちに・・・。
って、頼んだもの忘れるのは私達だけでしょうか。

この後、ヴィラで読書→お昼寝をしていたところ、チリンチリン♪と
部屋のベルが鳴ります。
出てみると、今晩のカクテルパーティの招待状でした♪
今回は、ダイビングセンター脇の砂浜で開催だとのこと。

旦那「それって行かないといけないの~?義務じゃないんでしょ?」
「シャンパンもビールも部屋にあるし。砂浜にいかなくてもよくない?」
・・・等とえんえん渋っておりますが、
この遠いモルディブまで来て、いまさら何を面倒くさがるのか!!!と説得して連れ出しました。

着いたとき、既に日は暮れていました。
いくつか小さいテーブルがセットされていて、カクテル、スパークリングワイン、
ビール等の飲み物の他、カナッペ等軽いおつまみがありました。
民族音楽の演奏もあって、楽しかったです。
パーティ

パーティの様子。夕暮れの藍色の中、皆さんがそれぞれ談笑。
パーティ

明かりのない砂浜で飲むスパークリング(゚∀゚)ラヴィ!!
素晴らしく美味しく感じます。
砂浜には所々サンゴがあり、裸足で踏むので「ぎゃ!!」って位痛いのですが、
それがまた非日常でイイ!です。

私はもっとまったり飲んでいたかったのですが、旦那の好物の
ビールが、かなり早めに切れてしまったそうで・・・
旦那がヽ(`Д´)ノウワァァァンビール飲ませろ!!って感じになってきたので
早々に退散しました。

この日のレストランの夕食はブッフェだったようなのですが、
2人ともあまりお腹が空いておらず、ブッフェはちょっと、ということで、
またもやインヴィラダイニングで済ませることに。

カプレーゼです。
夕食1

本日のカレー。この日はチキンでした。
カレー
ステーキ。お肉より、お肉に添えてあるソースの方が美味しいっ

夕食3

クリームソースのフェットチーネ。すごい量。
フェットチーネ

この日の晩御飯も美味しかったです。
一番よかったのはお肉のソースでしょうか。ウマーヽ( ・∀・)ノ!
しかし、あんまり食べ過ぎないようにしようと思ったのに、
やはり注文しすぎて最後は苦しくなってしまいました。
日本と同じ感覚で注文したらいけないなあ。

ちなみに写真はありませんが、ランチで食べ忘れたクリームブリュレを注文していました。
期待していたのですが、砂糖の味がかなり強く、正直いけてない。
アイスやシャーベットはすっごく美味しいのに不思議。

その後、お風呂に入って就寝。
疲れていたのでぐっすり眠れました。
お天気に恵まれ、生まれて初めての深~い海に感動し、感激の多い一日でした。
ソネバギリ(モルディブ) |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。