FC2ブログ

  • 仙寿庵(谷川温泉) カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年04月11日(水) 記事No.15
朝食前にお風呂に入り、ロビーで新聞を読みながら牛乳を飲み、
お庭の散歩に行きました。お庭には散策路があって、
離れの読書室へと歩いていけます。
しかし中は意外に狭く、先客がいたので見てみただけ・・・
読書室


朝食です。
朝食2

野菜の煮物が美味しい。
冷たい料理が多いので、もっと温かい料理を増やしたらいいのにな~等と思いつつ。

11時アウト&お布団も敷いたままにしてくれるので、
朝食後も部屋のお風呂に入ったり本を読んだりしてすごせます。

チェックアウトはロビーで行いますが、ここで唯一のマイナスポイント発生。
お会計の明細が間違っていたのです。
・夕食時に注文したワインの銘柄(と、当然値段)が違います。
・さらに、「記念日なんですね、記念品かまたは乾杯用シャンパンをサービスします。」と
宿側が申し出てくれていたドリンクがしっかり会計についています。
※「シャンパン」って言っておられましたが、実際は
 スパークリングワインです。

旦那は明細を見てシャンパンに気づいたものの、
「まあいいか」ということで支払ってしまっていました。
さらに私もワインの銘柄間違いに気づきましたが、めんどくさいので放置。
(気づいて放置したくせに、こんなブログに書くのはヒドイかもしれませんが・・・・)
うーん。惜しいなあ、これが無ければ完璧だったのに。
どうして間違ってしまったんだろう?

しかし、総評すると、仙寿庵はとても良い宿でした。
スタッフは宿の規模に対して多めで、しかも意外に若い方が多いのですが、
みなさん態度がきちんとしていてとても感じが良いです。
(これは旦那も同じ意見。)

また、サンルームを取っている部屋の造りや、そこに置いてある
椅子等もとても気持ち良かった。ぜひ違う季節に再訪したい宿です。

6月~7月には、1週間くらい目の前の川でほたるが見えるらしいので、
そんな季節に行けたらいいなあ。
一人50000円ちょっとでしたが、ほぼ同じ価格の「月のうさぎ」、
もう1.7万高い「強羅花壇」より、個人的満足度は上でした。

比較すると、
・強羅花壇:食事は強羅花壇の方が上ですが、
 大浴場・お部屋の景観、すごしやすさ、ドリンクメニューの充実
 などは仙寿庵の方が良い。
 建築美や観光は強羅花壇が上。

・月のうさぎ:部屋付露天の景観は月のうさぎの方が良い。
 他はすべて仙寿庵の方が良い。
スポンサーサイト
仙寿庵(谷川温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2007年04月11日(水) 記事No.5
お食事は個室食事処でいただきます。10畳位ある完全な個室でした。
最近のデザイナーズ旅館は、食事どころが半個室なことが多いですが、やはり完全個室の方が落ち着きますね。
(半個室のお部屋もあるようでした。)

仙寿庵は、お酒のメニューが豊富なのがうれしいです。

前に行った強羅花壇ではお酒の選択肢が思ったより少なく、「焼酎の炭酸割り(チューハイ)はありません」と言われて、
「そんなものかな~」って思いながら、苦手なビールを飲んでいたんですが、仙寿庵ではベタなメニューで生レモンハイもあります。
スパークリングワインの次に好きなんです。うれしい♪
ワイン、焼酎、日本酒と、リーズナブルなものから立派なものまで色々ありました。
ワインは3000円~2万円位だったと思います。
スパークリングワインもお手ごろ値段(4000円位~)でありました!
本心ではボトルでシャンパンを飲みたいところなのですが、
旦那はスパークリングワインがそれほど好みではないのであきらめて、白ワインを注文。
ドイツワインでしたが、銘柄をいまいち覚えていません。
ワインクーラーが赤茶色の陶器製で、とても素敵でした。
(写真は乾杯用のミニスパークリングワインです。甘かった・・・)
ワイン


「春野菜沢煮仕立」
おだしでお野菜を煮ていただきます。薄いお出汁がおいしい!
春野菜

山女魚の塩焼きと、蓮蒸し。
蓮蒸しは、甘鯛が入っていて、べっこうあんがかかっています。
あんがおいしいです。
お魚

この後、増田牛のロースステーキや、酢の物、ちぎりっことごはん等をいただきました。
増田さんという方が作っているので「増田牛」だそうです。
これはすごく柔らかくて美味しかったのですが、写真を忘れました。
「ちぎりっこ」というのは、すいとんのちいさいものという感じ。
最後は酒粕のムースと、メロン、苺でした。
ムースがくさみがなくて美味しかったです。
酢の物

ごはん

デザート

お料理については満足でした。
今まで訪問した旅館の中では二番目かな?
給仕してくれるお姉さんが若いのですが(20代前半くらい?)、
きちんとしていて、印象が良いです。
仙寿庵(谷川温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年04月11日(水) 記事No.4
お部屋について、仲居さんから館内とお部屋の説明があり、ふかしたてのほかほかお饅頭とお茶、佃煮3種類が出されます。
お饅頭は厨房であたためているかと思いきや、お部屋のミニキッチンにあるホットプレート(?)のうえに蒸し器をおいて
ふかして出されていました。
お夜食の肉ちまきもここで好きな時間に温められます。
うれしいサービスです。
仙寿庵(部屋2)

冷蔵庫は勿論引き抜くタイプではなく、好きに使えます。
ドイツワインやチューハイ、ビール等色々と入っていてうれしかった。

仲居さんから夕食の時間の案内と朝食の時間くつろいだ後、
早速お風呂に向かいます。
お風呂は夜7時~8時頃(夕食の時間)に男女交代することになっており、
こちらは最初に女性用でした。
内湯は檜で、露天の下には谷川が見えます。
タオルは大・小ともに使い放題、ネイルセットもありました。
内湯(①)

露天①


下のお風呂は最初男性用で、夜から女性用でした。
内湯は石で、露天は川は見えませんが、雪化粧の山が見えます。
内湯②

露天②


露天には虫が少々入っていますが、山の旅館なので仕方がないですね。
不思議なのは、今回は土曜泊にもかかわらず、ほとんど他のお客さまと一緒にならなかったこと。
皆、お部屋の露天風呂にいるのかな。

部屋の露天も広々しています。
HPの写真では「このお風呂は小さいのかな?」という印象でしたが、
大人二人で入浴しても、余裕なお風呂です。
子供がいても、部屋のお風呂で十分楽しめるのでは。
部屋の露天

入浴すると、山と空しか見えません。
こんなに景色の良い部屋風呂は、岩手の「湖山荘」以来です。
仙寿庵(谷川温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年04月11日(水) 記事No.3
今回は以前から気になっていた、群馬県谷川温泉の「仙寿庵」へ一泊。
四月初旬で東京ではもう桜は終わってしまっていましたが、
谷川温泉の桜はまだ蕾でした。
東京から車で行きましたが、高速沿いの桜が最高!
お花見しながらのドライブって素敵ですねえ。
群馬には最近ちょくちょく行っていましたが、高速沿いにこんなに
桜があるとは!!
来年もこの季節に旅行しようと誓いました。

仙寿庵廊下

仙寿庵の有名な廊下です。
ガラスの窓が本当に大きくて広々としていて、目の前に広がるお庭と山の景観が最高でした。
まるで別世界のようでいて、とても落ち着いた印象を受けます。
強羅花壇の有名なガラスの回廊の建築が非日常の美しさだとするなら、
こちらは、日常の中にある綺麗さ、というか。
色味が落ち着いていて、土壁なのがいいのでしょうか。

旅館には13時過ぎに到着しました。
チェックインが早い&アウトが遅い(11時)のがこの宿の特徴で、
すごくゆったり時間を使えます。旅館好きにはたまらないサービスです。

到着時に出されるドリンクは、一口ビールやジュース等数種類から選べました。
ビール好きな旦那は、当然ビールを注文。
夜8時~11時はこのロビーでお酒の無料サービスがあるのですが、
残念ながら今回は利用しませんでした。
(発泡の日本酒だったそうなのですが。)
ちなみに、朝8時からは、野菜ジュースまたは牛乳のサービスがあります。

部屋は1階のお部屋「こでまり」です。
部屋のランクは「特別室A」です。
景色の良いサンルームがあるお部屋でした。
サンルーム


仙寿庵窓の景色

旅館のお部屋の椅子は、あまりすわり心地が良くないので長居はしないのですが
(座布団の座椅子に座ったほうが楽なので)
この椅子は座り心地・景色ともにすばらしい!360度回転する椅子なのです。
冷えたシャンパンを飲みながら、至福の時間を過ごしました。
ちなみにこのサンルームの机には、ハーブティーのセットもおいてありました。
仙寿庵(谷川温泉) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。